Trader FAQ

スプレッドとは?計算方法や種類について徹底解説!

国内FX・海外FXともに、トレードする際には必ず発生する「スプレッド」。スプレッドを無視してトレードしてしまうと、思わぬ損失を負う可能性があります。そのため、取引する際には必ずスプレッドにも意識を向けましょう。

しかし、「そもそもスプレッドとは何なのか」「どのようなスプレッドがあるのか」という疑問を抱えている方も多いかと思います。この記事ではスプレッドの概要を始め、スプレッドの計算方法や種類、そしてスプレッドの注意点などを具体的にまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

抑えておきたいスプレッドの基礎知識

スプレッドとは?イメージ

ここでは、スプレッドの概要について具体的に説明していきます。

スプレッドとは買値と売値の差

スプレッドとは、買値と売値の差のことです。例えば、FXの取引画面には、「買値 100.000円」「売値 100.003円」というような為替レートが表示されているかと思います。しかし、買値と売値は同じ価格ではありません。先ほど提示したレートを参考にすると、買値と売値の間には0.3銭の差があります。この0.3銭のことをスプレッドと言います

2wayプライスとは

2wayプライスとは、買値と売値を同時に提示することです。スプレッドとセットで出てくることが多い用語なので、覚えておきましょう。

スプレッドで表示されている「銭」と「pips」とは

よく「スプレッドは0.2銭だ」「スプレッドが0.5pipsになっている」というような使われ方をしますが、「銭」と「pips」というのは、一言で言うと単位です。では、なぜ2種類の単位が使われるのでしょうか。

特に大きな理由はありませんが、一般的に米ドル/円のような日本円が絡んでいる通貨ペアでは「銭」が使われ、ユーロ/ドルというような日本円が絡んでいない通貨ペアでは「pips」が使われます。そのため、深く考え込まず「銭とpipsというのは通貨の単位のこと」ということだけ覚えておけば問題ありません。

スプレッドの「広い」と「狭い」の意味とは

スプレッドは、「スプレッドが広い」または「スプレッドが狭い」という使われ方をします。「スプレッドが広い」というのは、買値が100円で売値が150円というようにスプレッドの幅が大きいということです。反対に「スプレッドが狭い」というのは、買値が100円で売値が101円というように、スプレッドの幅が小さいということです。

取引手数料が無料でもスプレッドは発生する

国内FX・海外FXともに、「取引手数料が無料」という特徴を打ち出している取引所が数多く存在します。スプレッドは取引手数料に似ているところがあるため、「取引手数料が無料=スプレッドが発生しない」と認識してしまう方も多いかと思いますが、スプレッドが発生しないという訳ではないので注意しましょう。

スプレッドとは、トレードする際にかかるコストのことです。確かにこれだけ聞くとスプレッドは取引手数料のようなものなのですが、厳密には取引手数料ではありません。仕組みが複雑なのでここでは割愛しますが、「取引手数料が無料でもスプレッドは発生する」ということは覚えておきましょう。

FXだけではない!スプレッドは外貨預金でも発生する

スプレッドとは?イメージ2

スプレッドはFXだけではなく、外貨預金でも発生します。ここでは、外貨預金だとスプレッドはどのくらいなのか、外貨預金よりもFXで資産運用するメリットなどを具体的に説明していきます。

外貨預金のスプレッドは3円程度

外貨預金とは、日本円を金利の高い外貨に替え、満期になると元本に金利と為替差益が加わった日本円を受け取ることができる預金です。

日本円を外貨に換えるときは円を外貨に換えるレート「TTS」が提示され、外貨を日本円に換えるときは外貨を円に換えるレート「TTB」が提示されます。銀行や通貨によっても異なるのですが、 TTSとTTBのスプレッドは3円程度と言われています。

外貨預金よりもFXの方がスプレッドは低い

外貨預金のスプレッドは3円程度と比較的低いのですが、外貨預金よりもFXの方がスプレッドは低い傾向があります。実際、FXで米ドル/円の取引を行う場合、スプレッドは0.3銭程度です。0.3銭を円に換算にすると0.003円です。外貨預金のスプレッドは3円、FXの米ドル/円のスプレッドは0.003円なので、FXのスプレッドがいかに格安かということが分かります。

外貨預金よりもFXで資産運用するメリット

外貨預金よりもFXで資産運用するメリットとして、「スプレッドが低いから」という理由も、もちろんあるのですが、それ以上に FXは金利を毎日受け取ることができるというメリットがあります。外貨預金でも金利はつくのですが、満期にならなければ受け取ることができません。

しかし、FXは通貨を購入していれば「スワップポイント」と呼ばれる金利が、毎日自分の口座に振り込まれます。そのため、「満期まで縛られたくない」という場合は、FXで資産運用することをおすすめします。

種類別に解説!スプレッドの計算方法

スプレッドとは?イメージ3

ここでは、スプレッドの計算方法を種類別に説明していきます。

クロス円通貨ペアの計算方法

クロス円通貨ペアとは、米ドル/円やユーロ/円など、「日本円×外貨」の通貨ペアのことです。クロス円通貨ペアの計算方法は、以下の通りです。

(売値-買値)× 取引通貨数 = スプレッド

実際に計算してみます。米ドル/円を1万通貨分購入するとしましょう。買値は100.000円で売値は100.005円でした。その場合、以下のような計算式が成り立ちます。

(100.005-100.000)× 1万通貨 = 50円

この場合、上記の条件でトレードすると50円のスプレッドが発生するということが分かります。

外貨ペアの計算方法

外貨ペアとは、ユーロ/米ドルやポンド/米ドルなど、「外貨×外貨」の通貨ペアのことです。外貨ペアの計算方法は以下の通りです。

(売値-買値)× 取引通貨数 = A
A × 取引レート = スプレッド

実際に計算してみます。ユーロ/米ドルを1万通貨分購入するとしましょう。買値は1.10000ドルで売値は1.10005ドル、そして1ドル100円でした。その場合、以下のような計算式が成り立ちます。

(1.10000-1.10005)×1万通貨=0.5ドル
0.5ドル×100円(ドルの価格)=50円

上記の条件でトレードすると50円のスプレッドが発生するということが分かります。外貨ペアのスプレッドを計算する場合、最後に日本円換算する必要があるので、忘れずに日本円換算しましょう。

スプレッドは大きく3種類に分けられる

スプレッドとは?イメージ4

ここでは、スプレッドの種類を具体的に説明していきます。

完全固定スプレッド

完全固定スプレッドとは、何があったとしても変動することがないスプレッドのことです。完全固定なので、相場の急激な変化や取引量の流動性などに影響されることはありません。しかし、完全固定スプレッドはトレーダーに有利な条件なので、現在、完全固定スプレッドを提供しているFX会社は、国内FX・海外FXともに少なくなっています。

原則固定スプレッド

原則固定スプレッドとは、原則、FX会社が提示しているスプレッドで取引することができますが、場合によっては変動することがあるスプレッドのことです。完全に固定されているわけではないため、相場の急激な変化や取引量の流動性などに影響されることがあります。国内FX・海外FXともに、現在は原則固定スプレッドを提供しているFX会社がほとんどです。

変動スプレッド

変動スプレッドとは、その名の通り、常に変動するスプレッドのことです。変動スプレッドは、午前や午後など取引量が多い時間帯はスプレッドの幅が狭くなりますが、早朝のように取引量が低い時間帯はスプレッドの幅が広くなるという特徴があります。

気を付けよう!スプレッドの注意点

スプレッドとは?イメージ5

ここでは、スプレッドの注意点を説明していきます。

スプレッドは会社によって異なる

スプレッドは「米ドル/円=0.3銭」というように固定されているわけではなく、FX会社によって異なります。国内FXと海外FXでは、大きな差はないものの、どちらかというと海外FXの方がスプレッドは広い傾向にあります。しかし、その分サポートが手厚かったり最大レバレッジ数が高かったりと、国内FXにはないメリットが海外FXにはあります。

スプレッドは通貨によって異なる

スプレッドは通貨によって異なります。以下の表には海外FXの平均スプレッドをまとめましたので、ご覧ください。

通貨ペア 平均スプレッド
米ドル/円 0.2銭
ユーロ/円 0.3銭
ポンド/円 0.8銭
豪ドル/円 0.6銭
NZドル/円 1.2銭
ランド/円 1銭

取引する際は、「取引する通貨のスプレッドはどのくらいなのか」ということを確認しましょう。

スプレッドの幅が広くなりやすい3つのタイミング

スプレッドとは?イメージ6

スプレッドの幅が広くなりやすいタイミングというのは、国内FXでも海外FXでもある程度決まっています。基本的には、以下3つのタイミングが訪れるとスプレッドの幅が広くなります。

・大きな経済指標が発表される時間帯の前後
・突発的なイベントが起こったとき
・市場の流動性が低くなったとき

特に、雇用統計やFOMCなど、大きな経済指標が発表される時間帯の前後はスプレッドの幅がかなり広くなるという特徴があります。経済指標が発表されると為替レートが大きく動くため、大きな利益を狙うことができるチャンスです。

しかし、スプレッドの幅もかなり広くなるため、大きい値幅を取ったとしても広いスプレッドが原因で損失になってしまうことがあります。そのため、大きな経済指標が発表される時間帯に取引する際は、スプレッドの広さに十分注意しましょう。

取引する際はスプレッドにも意識を向けてみよう

海外FX初心者でもスプレッドの計算方法や種類を覚えれば、少しでも利益に繋げられます。スプレッドにも意識を向けて、自分に合った取引スタイルを見つけましょう。

IS6FXのスプレッドは変動制です。>>詳しい詳細やスプレッド表はこちら