Trader FAQ

円高・円安はFXや株価に影響する?為替の覚え方のポイントとは

海外FXでよく耳にする言葉に「円高」や「円安」があります。円の価値が高くなったり安くなったりすることを言うのですが、どうして同じお金なのに価値が変わるのかと、疑問に思っている人もいるのではないでしょうか。

初心者のなかには、この違いでつまずいている人もいるかもしれません。円高・円安の基本の考え方や覚え方、またそのための為替の基本についても、合わせてご紹介していきます。

FXの円高・円安とは

まず、簡単に説明すると「円高」は、特定の通貨に対して日本円の価値が高くなることを言います。「円安」は、特定の通貨に対して日本円の価値が低くなることを表しています。

例えば、日本の「円」とアメリカの「ドル」で取引をしていたとします。ポジションを保有したときは1ドル100円だったのが、為替の変動によって1ドルが90円になりました。すると、今までは1ドルを手に入れるために100円が必要でしたが、10円安く90円で手に入るようになりました。つまり、少ないお金で取引ができるようになります。

これを円の価値が高くなった円高といいます。このとき、反対にドルの立場から見るとドルの価値が下がったドル安と表現されます。

今度は逆に、1ドル100円でポジション保有したのに、110円になってしまったらどうでしょうか。100円では1ドルを手に入れられなくなるので、日本円の価値が下がった円安ということになります。100円以上を用意しないと1ドルは購入できません。でもドルの立場から見てみると、ドルの価値が高くなったドル高となります。

一般的に円高・円安と言われるのは、アメリカのドルに対して円の価値を示したものになります。アメリカの米ドルはそれだけ信用度が高く、世界中のどこにいても使用できる「基軸通貨(きじくつうか)」になります。実際に海外では、現地の通貨よりも米ドルのほうが知名度が高いことがあります。円高や円安の基本は米ドルと覚えておくと、相場がわかりやすいのではないでしょうか。

FXの円安・円高について1

また、円高と円安の意味を反対に覚えてしまっている人もいます。よく勘違いされますが、覚え方としては、「円の価値が高いか低いか」で考えると覚えやすいのではないでしょうか。

両者が相関関係にあり片方の価値が上がれば片方の価値は下がる。これは、どんな通貨ペアでも言えます。ドルを基準に考えるとわかりづらいので、円を基準にすると「円高」・「円安」がわかりやすくなります。

FXの為替レートとは

そもそもどうして円高や円安などのように、為替には動きがあるのでしょうか。海外FXに限らず、世界では常に為替のトレードが行われています。そのため市場が開いているときは、常に為替が動いていることになります。

この為替の動きのことを「為替レート」と言い、別々の通貨ペア(円ドルや円ユーロなど)が売買されるときの比率に影響しています。日本円を売ってドルを手に入れたいと考える人もいれば、ドルを売って日本円を買いたいと考える人もいるため、その比率のバランスによって為替レートが変わってきます。

FXは大きく分けて「実需」と「資本筋(投機筋)」と呼ばれるグループによって分類されています。実需は商品などの代金の支払いや請求のために必要な取引になります。投機筋は、銀行や証券会社などを示し、資本筋は年金運用・保険などが該当します。これらは「利益を出す」だけを目的にしています。短期的な為替レートの動きは、ヘッジファンドと呼ばれる投機筋トレーダーが、売買を繰り返すことによって作り出しているとも言われています。

円高・円安は、FXの取引だけの問題ではなく、私達の日常生活にも大きな影響を与えます。例えば、海外旅行に行くときを想像してみてください。現地の通貨が必要になったとき、円高であれば多くの通貨と交換できるので有利だと感じるはずです。

FXの円安・円高について2

為替や株価のニュースなどで、「円安が進むと日経平均株価が上昇する」という言葉を耳にしたことがあるかもしれません。為替と株価はシーソーのような相関関係があり、どちらかが傾くと反対側が上がる仕組みになります。

例えば、1台1万ドルの自動車をアメリカに販売するとします。このときに1ドルいくらで売るのかによって、売上が大きく変わってきます。1ドル110円で売る場合と、1ドル90円で売る場合で考えてみると、売上には20万円もの違いが出ます。

1ドル110円の場合 → 1万ドル = 110万円
1ドル90円の場合 → 1万ドル = 90万円
110万円 ー 90万円 = 20万円の差額

このように、外貨は1万ドルと変化がないものの、円安のときに売ると利益が大きくなります。その反対に、アメリカから何かを輸入したときに、1ドル80円で仕入れるのと1ドル110円では、30万円の差が出てくるのがわかります。

日本は世界有数の貿易国なので、円高・円安などの為替レートの影響を強く受けています。国内総生産が伸び悩んでいることもあり、輸出の変化によって日経平均株価は大きな影響を受けることになります。ただし、すべてがこの考え方のもとで動いているわけではありません。国内投資家以外に海外の投資家も大勢参加しているため、必ずしも予測通りの動きをするとは言えないというわけです。

円高・円安になるのはどんな影響があるの?

通貨と株価は連動して、上昇もしくは下落すると考えられています。他の国と比べて経済力が強い国ほど、自国通貨の価値が高まります。それは国の株価にも繋がると言われており、実際にアメリカでは自国通貨であるドルの値動きと一緒に株価も動いています。

日本の株式市場は5年ほど前まで低迷し続けており、1ドルが80円にまで達する勢いでした。なかにはこの状況を異常だと話す人もいましたが、通貨が上がると株価が下がるのは珍しいことではありません。

FXの円高・円安は、そのときの世情や要人の発言などにより、為替レートが大きく動きます。特に影響力が強いのは、世界的な政治経済や中央銀行の金融政策などの影響です。取引に参加しているトレーダーは、自分なりに為替レートの予測を立てて行動するしかありません。

例えば、アメリカの経済指標の基準である「雇用統計」が、予想以上に高水準になれば景気がいいと判断されるので、米ドル買いのトレーダーが増え、円安が進みます。他にも金利の高い通貨の方が買われやすく供給が高くなります。

アメリカの通貨当局がドル高を支持しているのか、ドル安を容認しているのかによっても円高・円安の影響が変わってきます。さらに、企業の外貨決済や機関投資家などの影響によって受給バランスに変化が生じると考えられています。

FXの円安・円高について3

一つの要因だけでなく、さまざまな問題が絡みながら為替レートが動いていきます。主に通貨政策や金利、その国の景気などが中長期的なトレンドを形成します。短期的な動きに影響するのは需給バランスなど、それぞれ影響の仕方にも違いがあります。

円高・円安は世情に影響されやすく、常に一定ではありません。いきなり大きく動くこともあり、その動きに乗れないとあっという間にトレードができなくなってしまうこともあります。海外FXではゼロカットシステムがありますが、長期的にトレードしたい人にとっては、為替の動きはとても大きなポイントになります。

国内外の為替レートの動きを常に意識しておかないと、動きについていけなくなってしまいます。FXは変動相場制になるので、円が欲しいと考える人が増えれば需給バランスから円の価値が上がります。どんなときに円の価値が高まるのか理解しておくことは、FXで安定的なトレードを行う上でも重要なことになります。

FXのポジションで円高・円安はどう影響するの?

FXでは円高や円安がどのように影響してくるのか、気になっている方もいると思います。まず、円ドルのトレードで、1ドル110円で日本円売り・米ドル買いを想定します。そのあと円安になり、1ドル111円になったときに決済をします。

すると、1ドルあたり1円の差益が出ます。逆に、110円で買って109円のときに決済をすると、1ドル辺り1円の為替差損が発生することになります。ポジションをエントリーしたときよりも円安になったタイミングで決済すれば、利益が得られる可能性があります。

もともと持っていたポジションによっても、利益になるのか損益になるのかは違います。為替レートは常に変動し続けていますので、一概に「売りの方がいい」「買いの方がいい」などの基準はありません。

どのぐらいの証拠金を持っているのか、レバレッジはどのぐらいかけるのかによっても、FXでの収益幅は変わってきます。日本人にとって、海外FXでは海外通貨と日本円の通貨ペアでのトレードを基本にする方が多くいるように感じますが、利益を出すのはどちらにもチャンスがあります。

ただし、今までの大きな価格変動によると、円安よりも円高の状態から動向を探るほうが比較的リスクは少ないと考えられます。レートの変動は常に起きているものですが、経済に大きな影響を与えるような事件が起きた時に、FXの相場も大きく変わります。

金融問題を予測するのは簡単なことではないですが、ある程度は経済の流れを理解してから判断することも必要です。長期的に資産運用したときのリスクを考えると、海外の経済の流れについても、必ず把握しておくようにしてください。

まとめ

FXの円高・円安についてわかりにくいと言う人は、難しく考えすぎているのかもしれません。基軸通貨になる米ドルに対して、日本円の価値が高くなれば円高になりますし、日本円の価値が下がれば円安になります。覚え方のキーワードは「価値」が高くなったのか低くなったのかです。

通貨は必ず相関関係がありますので、片方だけが影響するとは言えません。為替レートの考え方について理解しておくと、相場の動きに合わせたトレードができるようになります。さまざまな要因によって為替レートが動きますので、国内外のニュースに耳を傾け、トレードすることをおすすめします。