Trader FAQ

ロスカットとは?仕組みや計算方法、回避方法について

海外FXをするにあたり覚えておきたい用語に「ロスカット」があります。直訳すると「損失を切る」という意味ですが、どのようなシステムなのでしょうか。今回は、ロスカットについて解説していきます。

ロスカットの概要について!具体例やロスカット率についても解説

ここでは、ロスカットの概要を具体的に説明していきます。

ロスカットとは

ロスカットとは、FX取引所のロスカットルールに基づいて、強制的に保有しているポジションを決済されるシステムです。いきなり強制的に決済されるのではなく、各FX取引所が定めているロスカット率を下回るとロスカットが執行されます。

例えば、米ドル/円が100円のときに、通貨を購入したトレーダーAがいたとします。米ドル/円が95円まで下がるとロスカットが行われると仮定した場合、95.001円までであればロスカットされません。しかし、95円に達してしまうとロスカットされます。

つまり、95.001円までは含み損(確定していない損)でしたが、95円に達した瞬間、損失が強制的にロスカットが確定するという仕組みです。

ロスカットとは

ロスカット率は取引所によって異なる

ロスカット率は、FX取引所によって異なります。初めて取引を行う場合にはまず、そのFX取引所で定められたロスカット率を確認しましょう。

トレードを行うFX取引所で定められたロスカット率の割合を下回ると、自動的にロスカットが執行されます。このときのロスカット率は、厳密には証拠金維持率と言います。つまり、証拠金維持率が一定割合以下になるとロスカットが執行されるということになります。

IS6FXでは、お客様の証拠金維持率が50%を切った場合に、自動的にロスカットが行われます。
>>IS6FXのロスカットについて詳しくはこちら

証拠金維持率とは

証拠金維持率とは、時価評価総額に対する必要証拠金の割合のことです。証拠金維持率は、以下の計算式で求めることができます。

時価評価総額÷必要証拠金×100

実際に計算してみましょう。FX口座残高が10万円で米ドル/円が100円のときに1万通貨購入したとします。その場合、以下の計算式が成り立ちます。

10万円 ÷ 4万円(必要証拠金)× 100 = 250%

上記の条件で米ドル/円を購入すると、証拠金維持率は250%ということになります。次に、6万円の含み損を抱えているとします。その場合、以下の計算式が成り立ちます。

(10万円 ― 6万円)÷ 4万円 × 100 = 100

6万円の含み損を抱えると、証拠金維持率は100%になるということが分かります。仮に、FX取引所のロスカット率が100%以下だった場合、この時点でロスカットが執行されます。つまり、6万円の含み損が確定損になるのです。

ロスカットの2つのメリットとは

ロスカットのメリットについて説明します。

損失の広がりを未然に防ぐ

ロスカットのメリット1つ目は、「損失が広がるのを防いでくれる」ことです。ロスカットがない場合、損失が広がり続けるため、数十万円~数千万円の損失を負うこともあります。しかし、ロスカットがあることで損失は限定されます。

例えば、口座資金が10万円でロスカット率が50%だった場合、例外を除き、損失上限額は5万円です。このように、ロスカットは想定外の損失を未然に防いでくれます。

ロスカットの回避方法とは

大きな損失から資産を守る

ロスカットのメリット2つ目は、「トレーダーの資産を守ってくれる」ことです。先ほども説明したように、ロスカットがない場合、損失が広がり続けるため、資金以上の損失を負う場合もあります。

そのようになった場合、マイナス分を自らが取引所に返済しなければいけません。最悪の場合、借金を負わなければいけないこともあるでしょう。しかし、ロスカットがあると、基本的に資金以上の損失を負うことはありません。そのため、ロスカットがある場合、FXで借金を負う可能性は極めて低いと言えます。

今すぐできる!ロスカットの計算方法

では、ロスカットの計算方法とはどのようになるのでしょうか。

ロスカット基準額の計算方法

ロスカット基準額とは、純資産額がこの金額を下回るとロスカットが執行されるという金額のことです。ロスカット基準額は、以下の計算式で求めることができます。

建玉必要証拠金 × ロスカット率

例えば、建玉必要証拠金が5万円で、ロスカット率が50%だった場合、以下の計算式が成り立ちます。

5万円 × 0.5(50%)= 2万5000円

上記の条件だと、ロスカット基準額は2万5000円ということが分かります。

ロスカット値幅の計算方法

ロスカット値幅とは、どのくらいレートが動くとロスカットされるのかを表す値幅のことです。ロスカット値幅は、以下の計算式で求めることができます。

(有効証拠金 - ロスカット値)÷ 保有通貨数

例えば、以下の条件で計算してみましょう。

・ロスカット値:取引証拠金の50%
・有効証拠金:7万円
・取引証拠金:4万円
・購入通貨数:1万通貨

この場合、以下の計算式が成り立ちます。

(7万円-2万円)÷ 1万通貨 = 5円

つまり、ロスカット値幅は5円ということが分かります。

ロスカットを回避する7つの方法

ロスカットを回避する方法がいくつかあります。

レバレッジとは?イメージ3

口座残高は高めに保っておく

ロスカットを回避したい場合、口座残高は高めに保っておきましょう。証拠金維持率は口座残高によっても変動します。例えば、含み損が1万円といっても、口座残高が10万円と口座残高が100万では、証拠金維持率が異なります。

基本的には口座残高が多い方が証拠金維持率は高くなり、ロスカットされにくくなります。そのため、保有ポジションに対して口座残高が異常に低い場合は、入金することで口座残高を増やしましょう。

保有しているポジションを決済する

ロスカットを回避したい場合、保有しているポジションを決済しましょう。必要証拠金が少なくなるため、証拠金維持率が高くなります。「ポジションを完全に決済したくない」という場合は、ポジションを一部だけ決済しましょう。例えば、「2ロット中、1ロットだけ決済する」という感じです。

実行レバレッジは低くする

ロスカットを回避したい場合、実行レバレッジは低くしておきましょう。実行レバレッジを高くすると、資金の余裕がなくなるため、ロスカットされる可能性が高まります。

しかし、「何倍のレバレッジが適切なのか分からない」という方も多いかと思います。資金やトレードスタイルにもよりますが、なるべく実行レバレッジは3倍以下に抑えておくと良いでしょう。

損切りの注文を入れておく

ロスカットを回避したい場合、損切りの注文を予め入れておきましょう。ロスカットされる前に強制決済されるため、大きな損失を負わずに済みます。セーフティーネットを2重にしている感じですので、「大きな損失は負いたくない」という方は、必ず損切り注文を入れておきましょう。

独自の損切りルールを決める

ロスカットを回避したい場合、独自の損切りルールを決めておきましょう。例えば、「損失が〇万円になったら損切りする」「〇pips以上逆に動いた場合は損切りする」という感じです。

ロスカット率が低いFX取引所を選ぶ

ロスカットを回避したい場合、ロスカット率が低いFX取引所を選びましょう。ロスカットは証拠金維持率がロスカット率を下回らない限り、執行されません。つまり、ロスカット率が低ければ低いほど、ロスカットされにくくなるのです。

国内FXよりも海外FXの方がロスカット率は低い傾向があります。そのため、ロスカット率が低いFX取引所でトレードしたい場合は、国内FXよりも海外FXをおすすめします。

購入通貨数を低くする

ロスカットを回避したい場合、購入通貨数を低くしましょう。基本的に購入通貨数が多ければ多いほど、多額の必要証拠金が必要になります。

そうなると、もちろん証拠金維持率も低くなります。証拠金維持率が低い場合はギリギリの取引をしている証拠なので、余裕を持った取引をするためにも、購入通貨数はいつもより低くしてみましょう。

ロスカットが執行されない取引を目指していこう

今回は、ロスカットについて解説してきました。ロスカットに良い印象を抱いていない方も多いかと思いますが、ロスカットはトレーダーの損失や資産を守ってくれる良いシステムです。

しかし、ロスカットに頼りすぎてしまうと、大きな損失を負ってしまいます。トレードは、損小利大が良いと言われているため、ロスカットされてばかりですと、FXで利益を上げていくことはできません。そのため、今回紹介したロスカットの回避方法を参考にし、なるべくロスカットが執行されないような取引を心がけてみてはいかがでしょう。