Trader FAQ

成行注文・指値注文・逆指値注文とは?特徴や使い方のコツを徹底解説!

成行注文指値注文逆指値注文」をご存じでしょうか。FX取引では、当たり前のように使われている注文方法です。しかし、これらの注文方法を初めて聞くという方も多いかもしれません。

今回は、FX初心者の方に向けて「3つの注文方法の特徴と使い方」を解説していきます。これからFX取引を始める方なら必ず覚えておきたい注文方法だと思いますので、それぞれの注文方法をマスターしましょう。

成行注文の概要

ここでは、成行注文の概要を具体的に説明していきます。

注文方法について

成行注文とは

成行注文とは、そのときの価格で注文する方法です。「素早い注文」ということから、FX取引所によっては「クイックトレード」「プライスオーダー」とも呼ばれています。注文方法はとても簡単です。

FXの取引画面を開くと「買い○○円」「売り○○円」というボタンが表示されます。買い注文を出したい場合は買いの方を、売り注文を出したい場合は売りの方を押せば、注文完了です。

成行注文のメリット

成行注文のメリットは、取引が素早く成立することです。成行注文以外の注文方法の場合は、注文した価格に達さない限り取引が成立しません。

例えば、米ドル/円が100円のときに「105円になったら購入する」という注文を出したとしましょう。この場合、当然のことながら米ドル/円が105円にならなければ、取引が成立しません。

しかし、成行注文であれば、そのときの価格で注文を出すため、数秒後には取引が成立しています。そのため、「今すぐに通貨を購入したい」「今すぐに利益確定・損切りしたい」という場合は、成行注文を使いましょう。

成行注文のデメリット

成行注文のデメリットは、スリッページする場合があることです。スリッページとは、注文時の価格と約定時の価格にズレが生じることです。

例えば、米ドル/円が100円のときに注文を出したとします。本来であれば100円で取引が成立するのですが、スリッページが起こると、100円以外の価格で取引が成立してしまう場合があります。そのため、スリッページ幅を設定してから取引しましょう。設定幅以上にズレが生じる場合は、注文そのものがキャンセルされます。

成行注文を上手く使うコツ

ここでは、成行注文を上手く使うコツを具体的に説明していきます。

今すぐ決済したい場合に使う

成行注文は、今すぐ決済したいときに使うのがコツです。成行注文以外の方法で決済注文を出すと、決済注文が約定するまで時間がかかります。相場状況によっては、一分一秒を争う場合もあるでしょう。

決済まで時間がかかってしまうと、せっかくの利益が損失に変わってしまうこともあります。しかし、成行注文であれば注文を出した瞬間に約定するため、希望通りの価格で決済できます。そのため、経済指標発表時のように一分一秒を争う場面で取引を行う場合は、基本的に成行注文を活用しましょう。

短期トレードを行う場合に使う

成行注文は、短期トレードを行うときに使うのがコツです。理由は、先ほどと同じくスピーディーな取引ができるからです。特にスキャルピングであれば、注文から決済まで数秒で終わることも珍しくありません。

短時間の取引になるため、成行注文以外の注文方法だと、注文や決済が間に合わない場合があります。そのため、スキャルピングのような短期トレードを行う場合は、成行注文一択と言えるでしょう。

指値注文の概要

ここでは、指値注文の概要を具体的に説明していきます。

注文方法について2

指値注文とは

指値注文とは、自分に有利な価格で注文を出す方法です。一言で表すなら「予約注文」です。

例えば、米ドル/円の現在価格が100円だったとしましょう。しかし、100円ではなく、もう少し安くなったら購入したいという場合もあるかと思います。その場合に、指値注文を入れます。「米ドル/円が99円になったら1万通貨購入する」という感じです。

このように、指値注文は「現在は購入したくないが、○○円になったら購入したい」という場合に使います。

指値注文のメリット

指値注文のメリットは、相場を監視し続ける必要がないことです。なぜなら、予約した価格になった場合、自動的に通貨を購入・決済してくれるからです。

例えば、「米ドル/円の現在レートは100円だが、98円になったら購入したい」と考えているトレーダーがいたとしましょう。成行注文であれば、米ドル/円が98円になるまでチャートを見ながら待機しておかなければいけません。

しかし、指値注文で「98円になったら購入する」という予約を入れると、トレーダーがチャートを閉じていたとしても、98円になると自動的に米ドル/円を購入してくれます。そのため、「日中は仕事でチャートが見られない」という方に、おすすめしたい注文方法です。

指値注文のデメリット

指値注文のデメリットは、約定しにくいことです。例えば、米ドル/円の現在レートが100円だったとして、「97円になった購入する」という指値注文を入れたとしましょう。

成行注文であれば、注文した瞬間に約定するため、すぐに取引が開始されます。しかし、指値注文は、97円にならなければ約定しません。つまり、注文した価格にならない限り、一生取引が始まらないのです。また、大きな経済指標やニュースなどによってレートが一時的に飛ぶ場合があります。

そのときも指値注文なら約定しづらい傾向にあります。そのため、「指値注文を入れたとしても約定しない場合がある」ということは頭に入れておきましょう。

指値注文を上手く使うコツ

ここでは、指値注文を上手く使うコツを説明していきます。

値動きが穏やかな時間帯に使う

指値注文は、値動きが穏やかな時間帯に使うのがコツです。先ほど説明したように、大きな経済指標やニュースなどでレートが飛んでしまうと、約定しないことがあります。

これは、値動きが激しい時間帯でも起こりうることです。しかし、午前9時~午後15時のように、値動きが比較的穏やかな時間帯であれば、約定しないことはまずありません。

長期トレードを行う場合に使う

指値注文は、長期トレードを行う場合に使うのがコツです。短期トレードは、素早い判断が求められるため、指値注文よりも成行注文の方が相性は良いと言えます。しかし、長期トレードでは、素早い判断がさほど求められないため、成行注文よりも指値注文の方が相性は良いと言えます。

逆指値注文の概要

ここでは、逆指値注文の概要を具体的に説明していきます。

注文方法について3

逆指値注文とは

逆指値注文とは、自分に不利な価格で注文を出す方法です。例えば、買い注文を出す場合は、現在よりも高い価格で注文を出し、売り注文を出す場合は、現在よりも低い価格で注文を出します。

自分にとって不利な価格で注文を出すため、一見、FXでは使わなさそうな注文方法ですが、実は指値注文以上に逆指値注文の方が大事と言われています。

逆指値注文のメリット

逆指値注文のメリットは、損失が広がるのを防げることです。「指値注文よりも逆指値注文の方が大事」と言われている理由は、このメリットがあるからです。逆指値注文は、基本的に損切り(損失を確定させること)で使われます。

例えば、米ドル/円が100円のときに1万通貨購入したとして、99円のところに逆指値を入れるという感じです。仮に先ほどの条件で、米ドル円が90円まで下がったとしましょう。逆指値を入れていなければ、10万円の損失ですが、99円に逆指値を入れていた場合、1万円の損失です。

このように、逆指値を入れると損失が広がるのを防ぐことができます。そのため、自分の資産を守るためにも、逆指値は必ず入れることをおすすめします。

逆指値注文のデメリット

逆指値のデメリットは、指値注文と同じく約定しない場合があることです。逆指値を入れておくと、基本的にはその価格で決済されるため、損失が広がるのを防げます。しかし、100%約定するわけではありません。例えば、リーマンショックやオイルショックなどのようなものが発生し、相場が急減に変動すると、逆指値が機能せず、損失が広がり続けることがあります。

よく「逆指値を設定しておけば借金を負うことはない」と言っているトレーダーがいますが、相場が急激に動いた場合は、借金を負うほどの損失になってしまうこともあります。そのため、ロットを高くしたりレバレッジを高くしたりと、ハイリスクな取引は極力行わないようにしましょう。

逆指値注文を上手く使うコツ

ここでは、逆指値注文を上手く使うコツを説明していきます。

順張りで使う

逆指値注文は、順張りで使うのがコツです。順張りでエントリーすると、上手くいった場合、利益を大きく伸ばすことができます。しかし、「いつまでトレンドが続くのか」ということは誰にも分かりません。

そこで、逆指値を予め入れておくと、トレンドが終了して、チャートが逆行した場合でも、損失を最小限に抑えられます。つまり、「損小利大(損失は小さく、利益は大きく」のトレードが可能になるのです。

レンジブレイクで使う

逆指値注文は、「レンジブレイク(レンジ相場の上値、又は下値を突き抜けること)で使うのがコツです。レンジブレイクすると、基本的にはその方向にチャートが進んでいくのですが、必ずレンジブレイクするという保証はなく、上値・下値付近で反発する場合があります。

ブレイクすることを想定して注文を入れているわけですから、反発すると損失が増えていきます。これを防ぐために、逆指値を入れるのです。そのように対策すると、たとえブレイクせずに反発した場合でも、損失を最小限に抑えることができます。

3つの注文方法を使いこなしてトレードを有利に進めよう

今回は、成行注文・指値注文・逆指値注文と、3つの注文方法について解説してきました。最後に、簡単におさらいしてみましょう。

・成行注文:そのときの価格で注文する方法
・指値注文:自分にとって有利な価格で注文する方法
・逆指値注文:自分にとって不利な価格で注文する方法

成行注文は、短期トレードと相性が良く、指値注文・逆指値注文は長期トレードと相性が良いと言えます。逆指値注文に関しては、一見無駄な注文方法に見えますが、損失を抑えるために必要な注文方法です。

逆指値注文を入れなかったことで、「大きな損失を負った」「FX取引で借金を負った」という方も数多く存在します。そのような事態にならないためにも、3つの注文方法を使いこなしていきましょう。