Trader FAQ

海外FXの三角持ち合いとは?具体的な手法や上手く使うコツなどを徹底解説!

トレード中によく現れることが多い三角持ち合い。このチャートが現れた後は、大きな利益を得られるチャンスです。しかし、このチャンスも三角持ち合いを理解していなければ手にすることができません。

そこで今回は、三角持ち合いの解説を始め、三角持ち合いを使ったトレード手法や上手く使うコツなどをご紹介していきます。ただし、三角持ち合いには「罠」が潜んでいますので、その罠を避ける方法についても解説していきます。

三角持ち合いとは

三角持ち合いとは、高値同士を結んだラインと安値同士を結んだラインによって形成される三角形の相場のことです。三角持ち合いはレンジ相場でよく現れ、買い勢力と売り勢力の攻防が起こっていることを意味するチャートパターンです。チャートの上下幅が初めは大きく、終わりにかけて狭くなっていきます。

海外FXならIS6FX

三角持ち合いのチャートパターン3選

三角持ち合いには3つのチャートパターンがあります。

均衡型

1つ目は、「均衡型」と呼ばれるチャートパターンです。このチャートパターンは、上昇トレンドと下降トレンドによって形成されており、いずれどちらかにブレイクするという特徴があります。均衡型の三角持ち合いは、買い勢力と売り勢力の比率が同じくらいのときによく現れるため、今後の展開が非常に読みづらいチャートパターンです。

そのため、均衡型の三角持ち合いのみで値動きを予想するのではなく、他のテクニカル指標やファンダメンタル分析などを併用して上昇するのか、下降するのか読む必要があります。

上昇型

2つ目は、「上昇型」と呼ばれるチャートパターンです。このチャートパターンは、上昇トレンドとレジスタンスラインによって形成されています。買い勢力が強い場合によく現れるチャートパターンで、三角持ち合い後は高確率で上昇するという特徴があります。

もちろん、必ず上昇するという保証はないので上昇目線で待ちつつ、しっかり下降した場合の対策も考えておきましょう。

下降型

3つ目は、「下降型」と呼ばれるチャートパターンです。このチャートパターンは、下降トレンドとサポートラインによって形成されています。売り勢力が強い場合によく現れるため、三角持ち合い後は高い確率で下降するという特徴があります。

上昇型に比べて早い段階で下降する場合があるので、下降型の三角持ち合いが発生したらなるべく早めにエントリー準備をしておきましょう。

三角持ち合いのトレード手法

三角持ち合いを使ったトレード手法について解説します。

ブレイクを狙った順張り

1つ目は、「ブレイクを狙った順張り」です。三角持ち合い中は、その三角の中でチャートが上下しますが、いずれその三角形の中から飛び出てどちらかにチャートが大きく動きます。ブレイクを狙った順張りは、その飛び出た瞬間を狙ってエントリーしていく手法です。この手法のメリットは、波に乗れれば大きな利益を得られることです。

基本的にチャートは、ブレイクした方向に進んでいくので、その初動を取れればかなり大きな利益を得られます。「ブレイクした方向にエントリーする」と比較的シンプルなので、海外FX初心者でも取り入れやすいトレード手法です。

海外FXならIS6FX

押し目を狙った順張り

2つ目は、「押し目を狙った順張り」です。これは、一度ブレイクを見逃し、戻ってきたところを狙ってエントリーしていく手法です。先ほどの手法だと大きな利益は得られるものの、ブレイク後にすぐチャートが戻ってくるリスクがあるので、失敗する可能性が高くなります。

しかし、押し目を狙った順張り手法は、ブレイクしたのをしっかり確認してからエントリーしていくため、ブレイクした後にすぐチャートが戻ってくるリスクを避けることができます。そのため、こちらの手法は、大きな利益よりも高い勝率を重視したいという方におすすめです。

三角持ち合いを上手く活用するコツ

三角持ち合いを上手く活用するコツをご紹介していきます。

綺麗な三角形になっているチャートのみを選ぶ

1つ目のコツは、「綺麗な三角形になっているチャートのみを選ぶ」ことです。このようなチャートは、多くのトレーダーが「三角持ち合い」と判断するため、綺麗にチャートが動き、大きなブレイクになりやすい傾向があります。つまり、非常に読みやすいチャートになるということです。

しかし、三角形の形が崩れていると、それを三角持ち合いと判断しないトレーダーも出てきます。そうなると、チャートの動きが不規則になり、ブレイクの威力も弱くなるので、失敗する確率が高まります。そのため、基本的には綺麗な形をしている三角形のみを狙うようにしましょう。

長い時間足の三角持ち合いを優先する

2つ目のコツは、「長い時間足の三角持ち合いを優先する」ことです。一般的に、短時間足よりも長時間足の方が精度は高くなります。例えば、5分足と4時間足で三角持ち合いが発生していたします。

この場合、勝率が高くなるのは4時間足の方です。トレードスタイルによって適切な時間足は異なりますが、基本的には自分が確認している最も長い時間足の三角持ち合いを優先するようにしましょう。

OCO注文を活用する

3つ目のコツは、「OCO注文を活用する」ことです。OCO注文とは、予め2つの注文を出しておき、どちらかの注文が成立した場合、自動的にもう一つの注文はキャンセルされる注文方法です。

この注文方法を使うと、損失を限定しながらトレードしていくことが可能になります。「相場の値動きが読めない」という状況と相性が良い注文方法のため、「リスクを抑えながら三角持ち合いトレードをしていきたい」という方は、OCO注文を活用してみましょう。

海外FXならIS6FX

トレードスタイルに合った三角持ち合いを探す

4つ目のコツは、「トレードスタイルに合った三角持ち合いを探す」ことです。一概に三角持ち合いと言っても、小さいものから大きいものまで、さまざまな三角持ち合いがあります。

そのため、スキャルピングなら小さい三角持ち合いを、スイングトレードなら大きい三角持ち合いをというように「トレードスタイルに合った三角持ち合い」を探すことが重要です。間違った三角持ち合いを選ぶと失敗する可能性の方が高くなるので、注意しましょう。

スキャルピングで三角持ち合いを活用する

5つ目のコツは、「スキャルピングで三角持ち合いを活用する」ことです。多くのトレーダーは、三角持ち合いの「ダマシ」に悩まされています。ダマシとは、一瞬ブレイクする動きを見せた後、すぐにチャートが元に戻ってくる現象のことです。「ブレイクの動きを見せたのにブレイクしなかった、騙された」という意味から、ダマシと呼ばれています。

このダマシはデイトレードで遭遇しやすい現象です。反対にスキャルピングでは、遭遇することがほぼありません。そのため、スキャルピングを活用してダマシを避けようとするトレーダーが多くなりました。スキャルピングであれば、数秒間の取引になるので、たとえダマシに会っても利益を得られる可能性が高くなります。

三角持ち合いの注意点

三角持ち合いの注意点についても解説します。

相場が荒れているときは注意

1つ目の注意点は、「相場が荒れているとき」です。相場が荒れていると、三角持ち合いが機能しないことがあります。上にブレイクしたのに下降トレンドが始まったり、三角形の中から飛び出す機会が多かったりと非常に読みづらくなります。

ボラティリティが高くなるので上手く利用すれば大きな利益を狙えるのですが、その分、大きな損失を負う可能性があります。そのため、基本的に相場が荒れているときのトレードは控えるようにしましょう。

ダマシに注意する

2つ目の注意点は、「ダマシ」です。基本的にダマシを予測するのは不可能です。そのため、ダマシの対策をしていく必要があります。具体的には以下のような対策が有効です。

・ダマシかどうかを確認してからエントリーする
・ダマシにあったと判断したらすぐに損切りする

ダマシかどうかを確認してからエントリーするのは、少し慣れが必要なので、海外FX初心者は後者の「素早く損切りをする」という対策をおすすめします。

三角持ち合いとボリンジャーバンドを組み合わせた取引手法

三角持ち合いとボリンジャーバンドは非常に相性が良いと言われています。そのため、ここでは、その2つを組み合わせた具体的な取引手法を紹介していきます。

手順1.三角持ち合いを探す

まずはチャートを確認して三角持ち合いを探しましょう。基本的には綺麗な形をしている三角持ち合いを探してください。そして、長い時間足の三角持ち合いを優先しましょう。

手順2.スクイーズが発生したらエントリー準備

次は、ボリンジャーバンドのスクイーズを探しましょう。スクイーズとは、持ち合いが狭まっている場所を指します。スクイーズが発生しているということは、三角持ち合いの終盤を意味するため、近いうちに上か下、どちらかにブレイクしていきます。そのため、スクイーズを見つけたらエントリーの準備をしましょう。

手順3.三角持ち合いをブレイクしたらエントリー

エントリーの準備をしたら、後はブレイクするのを待ちます。そして、ブレイクした方向にエントリーしていきましょう。ここで、ダマシを避けたいのであればブレイクを一度見送って、戻ってきたところでエントリーしていきましょう。

手順4.+3σまたは-3σのラインに近づいたら決済

最後は、決済の準備です。ボリンジャーバンドの理論によると、チャートは99.7%の確率で±3σの範囲に収まります。そのため、買いでエントリーしたら+3σのラインで決済、売りでエントリーしたら-3σのラインで決済しましょう。これでエントリーから決済まで完了です。

ボリンジャーバンドについてはこちらもご参考ください
>海外FXのボリンジャーバンドとは?おすすめ分析手法や設定値などについて解説します

三角持ち合い後のブレイクを狙って大きな利益を得よう

今回解説した三角持ち合いとは、高値同士を結んだラインと安値同士を結んだラインによって形成される三角形の相場のことです。基本的に持ち合いのまま相場が流れていくのではなく、いずれブレイクしていきます。

このブレイクの波にうまく乗ることができれば、大きな利益を得られます。ボリンジャーバンドを使うとさらに精度が高いエントリーが可能になるので、海外FX初心者はぜひ自身のトレードに取り入れてみてください。