Trader FAQ

1ロットっていくら?簡単な計算式を紹介【海外FX】

海外FXで取引するためには、通貨を注文する必要があります。その際、「ロット(Lot)」という単位を使うのですが、1ロットは一体いくらなのでしょうか。海外FXを始めたばかりの初心者なら覚えておきたい計算式もご紹介します。

ロットの概要

まずは、ロットの概要について説明します。

ロット(Lot)とは

ロット(Lot)とは、海外FXで取引する際に使う通貨の量のことです。基本的に海外FXは、通貨をまとめて購入する必要があり、「米ドル/円を1つ買う」といった注文はできません。このまとめて買った分を「ロット」で表します。

例えば、米ドル/円を5万通貨分購入する場合、投資の世界では「1万通貨で米ドル/円を5ロット買う」と言います。

海外FXならIS6FX

なぜロットが使われるのか

ロットが使われる理由は、「注文のミスを減らすため」です。例えば、米ドル/円を100万通貨分購入するとします。ロットの概念が存在しない場合、「米ドル/円を1,000,000通貨分購入する」という注文をしなければいけません。

1,000,000と入力しなければいけないのですが、100,00010,000,000と誤入力をしてしまうと一大事です。このように、桁がひとつ違うだけで、損益がかなり大きく変わってしまいます。投資の世界でこのようなミスは死活問題なので、絶対に避けなければいけません。

ここで役に立つのが「ロット」です。ロットがあれば「100万通貨で米ドル/円を1ロット買う」と入力すればいいだけなので、ロットの概念が存在しないときよりもミスが少なくなります。

海外FXのロットには下限と上限がある

海外FXは基本的に1,000通貨から取引する必要があります。そのため、ロットは必ず1,000通貨以上に設定する必要がありますが、海外FX会社によってそれぞれ定められています。例えば、1ロット=1万通貨と定めていたとします。

この場合、必ず0.1ロット以上で注文を出さなければいけません。これと同じように「ロットの上限」も決められています。取引所にもよりますが、大体1回の取引で100万通貨を上限にしているところが多いようです。

1ロットはいくらなのか

1ロットの値段は、取引する通貨ペアによって異なります。実際にいくらになるのか計算してみたので、参考にしてください。ちなみに1ロットの値段は、「通貨ペアのレート×1ロットの通貨単位」で求められます。

取引通貨ペア 1ロットあたりの値段
米ドル/円 116万円
NZドル/円 77万円
ユーロ/円 132万円
豪ドル/円 82万円
ポンド/円 157万円
トルコリラ/円 8万円

※2022年3月1日時点での価格

※1ロット=1万通貨と仮定して計算

レバレッジを使った場合の計算方法

先ほど1ロットあたりの値段を紹介しましたが、あまりの高さにびっくりした人もいるかと思います。レバレッジを掛けない場合、あのお金を用意しなければいけないのですが、レバレッジを掛ければグッと低くできるので安心してください。

レバレッジを使う場合は、「通貨ペアのレート×取引単位÷レバレッジ」という計算式を使います。例えば、以下の条件で取引するとしましょう。

・通貨ペアのレート:100円
・取引単位:1ロット(1万通貨)
・レバレッジ:100倍

この場合、「100円×1万通貨÷100」という計算式ができあがります。答えは1万です。つまり、上記の条件で取引する場合、1万円の投資資金があれば可能ということになります。

1ロットで取引した場合の損益

1ロットで取引した場合の損益は以下のようになります。

為替の変動 損益
1pips 100円
10pips 1,000円
100pips 1万円

※1ロット=1万通貨

0.1ロットで取引する場合は損益の数字に「÷10」、10ロットで取引する場合は「×10」してください。

ロットの数は取引所で異なる

今回は「1ロット=1万通貨」と仮定して説明してきましたが、この単位は取引所によって異なります。1ロット=1,000通貨のところもあるので、取引する前に必ず確認してください。

IS6FXの口座タイプについてはこちらをご覧ください。
>IS6FXの口座タイプ

1ロットで取引するメリット

海外FX初心者なら1ロットで取引することをおすすめします。それはいろいろなメリットがあるからです。1ロットで取引するメリットについてご紹介します。

リスクとリターンのバランスが丁度いい

1つ目は「リスクとリターンのバランスが丁度いい」ことです。必ずとは言い切れませんが、大体どの取引所も1ロット=1万通貨と定めています。通貨量別に見たリスクとリターンの大きさを以下の表にまとめたので、参考にしてください。

  リスク リターン
1,000通貨(0.1ロット) 低い 低い
1万通貨(1ロット) 普通 普通
10万通(10ロット) 高い 高い

海外FXにふれたことがない完全初心者は0.1ロットから始めることをおすすめしますが、少し慣れてきたら1ロットに移行することをおすすめします。

短期トレードから長期トレードまで幅広い手法で取引できる

2つ目は、「短期トレードから長期トレードまで幅広い手法で取引できる」ことです。一般的に取引スタイル別のリスクとリターンは以下のように言われています。

・スキャルピング:ローリスク・ローリターン
・デイトレード:ミドルリスク・ミドルリターン
・スイングトレード:ハイリスク・ハイリターン

このとき、なるべく取引スタイルのリスク・リターンとは反対の通貨量を設定するのがセオリーとも言われています。例えば、ローリスク・ローリターンのスキャルピングで取引するのであれば、ハイリスク・ハイリターンの10万通貨を合わせます。

しかし、1ロット(1万通貨)はミドルリスク・ミドルリターンの通貨量です。そのため、どの取引スタイルにも合わせられます。

十分な副収入が現実的に狙える

3つ目は、「十分な副収入が現実的に狙える」ことです。例えば、1日10~30pipsの利益を得るとしましょう。土日は取引できないので、1ヶ月の取引回数は22回です。この場合、以下のような結果になります。

取引ロット数 1ヶ月の想定利益
0.1ロット(1,000通貨) 2,200円~6,600円
1ロット(1万通貨) 2万2,000円~6万6,000円

0.1ロットだと少し物足りないかと思います。しかし、1ロットで取引すれば副収入としては十分な利益を得られます。

今回は現実的な数字として10~30pipsの値幅を設定しましたが、慣れてきたらロット数と狙うpipsを上げても構いません。

1ロットで取引するデメリット

メリットがあればもちろんデメリットもあります。1ロットのデメリットも頭に入れて、安全に取引しましょう。

大きく稼げない

1つ目は、「大きくは稼げない」ことです。為替の世界には、年間数千万円~数億円の利益を得ている人も存在します。

もしもこの規模の利益を狙うのであれば、最低10ロット以上で取引する必要があります。1ロットで数千万円~数億円の利益を狙うのはリスクの方が高くなるので、おすすめしません。

油断すると大きな損失を負う

2つ目は、「油断すると大きな損失を負う」ことです。1ロットはミドルリスクの通貨量なので、普通にトレードしていれば基本的に大きな損失は負いません。しかし、少し油断すると数万円規模の損失を負う恐れがあります。

下手すれば10万円以上の損失を負うこともあります。リスクがそれほど高くないとはいえ、失敗する可能性がゼロではないので、リスク管理や資金管理は徹底してください。

海外FXならIS6FX

スワップポイントはあまり期待できない

3つ目は、「スワップポイントはあまり期待できない」ことです。例えば、米ドル/円を1ロット分保有し続けるとします。そうすると大体1日あたり5円のスワップポイントが付きます。これが30日続いても、150円の利益にしかなりません。

スワップポイントで十分な利益を得ていきたいのであれば、最低でも数百ロット必要です。そのため、1ロットで取引する場合は、売買差益を狙いましょう。

1ロットで取引する場合の注意点

1ロットで取引する場合の注意点を説明します。

2%ルールを徹底する

1つ目は、「2%ルールを徹底する」ことです。2%ルールとは、資産2%分の損失が出たら損切りするというルールです。

例えば、投資資金が10万円あるとします。この場合、2,000円の損失が出たら損切りします。このルールを徹底すれば、基本的に大きな損失は負わないという仕組みです。

荒れ相場は避けた方が無難

2つ目は、「荒れ相場は避ける」ことです。1ロットは小さい通貨量なので通常時のリスクはそれほど高くありません。しかし、荒れ相場に巻き込まれた場合、話は別です。

一瞬で数万円~数十万円の損失を負う場合があります。そのため、経済指標発表後や要人発言後など、相場が荒れていて読めない場合は、取引を控えましょう。

レンジ相場とは相性が悪い

3つ目は、「レンジ相場とは相性が悪い」ことです。1ロットは小さい通貨量なので、それなりに大きい利益を得るなら動きがある相場を選ぶ必要があります。

つまり、レンジ相場ではなくトレンド相場を選ぶ必要があるのです。そのため、トレンドが強く出やすいロンドン時間やニューヨーク時間に取引することをおすすめします。

ロットを上げる・下げるの判断基準

取引をしていると、ロットを上げようか下げようか悩む場合もあるかと思います。その場合は、以下の項目をチェックして判断してください。

・直近の成績
・直近のメンタル面
・直近の資金量

基本的によい方向に進んでいるのであればロットを上げても問題ありません。しかし、悪い方向に進んでいるのであれば、一旦ロットを下げましょう。

1ロットの値段は簡単な計算式で求められる

今回は海外FX初心者向けに「1ロットはいくらなのか」という疑問にお答えしました。結論、1ロットの値段は取引する通貨ペアによって異なります。

そのため、「通貨ペアのレート×1ロットの通貨量」で求めてください。レバレッジを掛ける場合は「通貨ペアのレート×1ロットの通貨量÷レバレッジの数」で求められます。