Trader FAQ

海外FXの順張りとは?メリット・デメリットや上手く使うコツなどを徹底解説!

海外FX初心者であれば、まず押さえておきたいのが「順張り」という手法です。これを知らずに海外FXで戦っていくのは、ドリブルを知らずにプロサッカー選手を目指しているようなものです。

非常に簡単な手法なので、必ず順張りを覚えてからFX取引を行いましょう。今回は順張りの概要やメリット・デメリット、そして順張りを使ったトレード手法などを具体的に説明していきます。

順張りの基礎知識

まずは、押さえておきたい順張りの基礎知識について解説します。

順張りとは

順張りとはトレンドと同じ方向にエントリーする取引手法のことです。例えば、現在の相場が上昇トレンドだった場合に、買いでエントリーしていきます。これが順張りです。順張りを使う場合は、相場の流れを見極める必要がありますが、非常にシンプルな取引手法なので海外FX初心者におすすめです。

逆張りとの違いとは

順張りと逆張りの違いは、「エントリーする方向」です。順張りは現在のトレンドと同じ方向にエントリーしていきますが、逆張りは現在のトレンドと反対方向にエントリーしていく取引手法です。例えば、上昇トレンドが発生している場合、順張りであれば「買い」でエントリーしていきますが、逆張りであれば「売り」でエントリーしていきます。

順張りのメリット

順張りには、3つのメリットがあります。

失敗する確率が低い

1つ目のメリットは、「失敗する確率が低い」ことです。逆張りはトレンドの転換を見極めて、ピンポイントでエントリーしていく必要があるため、これができないと基本的には失敗します。

海外FXならIS6FX

しかし、順張りに関してはピンポイントでエントリーする必要がありません。相場の流れに乗ることができれば、多少エントリーが遅れても高い確率で利益を得られます。そのため、逆張りよりも順張りの方が失敗しにくいと言えます。

落ち着いた取引ができる

2つ目のメリットは、「落ち着いた取引ができる」ことです。逆張りは常に神経を張り巡らさなければいけません。なぜなら、一瞬の判断で大きな損失に繋がる場合があるからです。しかし、順張りは大きなトレンドに乗ってしまえば、そのトレンドが終了するまで特別な分析をする必要がなくなるので、落ち着いて取引することができます。

損切りの目安が分かりやすい

3つ目のメリットは、「損切の目安が分かりやすい」ことです。損切りの目安は、チャートが直近の安値をブレイクしたらです。これが逆張りだと、トレンドの力やダマシなども考慮する必要があるので、少々複雑になります。順張りは損切りの目安が非常にシンプルなので、「損切りが苦手」という海外FX初心者でも安心して使えます。

順張りのデメリット

順張りには、2つのデメリットがあります。

エントリーポイントが少ない

順張りのデメリット1つ目は、「エントリーポイントが少ない」ことです。逆張りはトレンド相場だけではなく、レンジ相場でも使える手法です。しかし、順張りはトレンド相場でしか使えません。

また、FXの相場は7割がレンジ相場と言われています。そうなると、エントリーポイントは3割の中の一部となるので、かなり少なくなることが分かります。順張りで取引していく場合、「待つ」という能力も求められるので、「常に売買していたい」という方は注意が必要です。

利益確定のタイミングが分かりづらい

順張りのデメリット2つ目は、「利益確定のタイミングが分かりづらい」ことです。結局のところ、そのトレンドがどこまで伸びていくのかは誰にも分かりません。

トレンド転換の目安はあるものの、その目安が訪れてもさらに伸びていく場合もあります。プロのトレーダーでも見極めるのは難しいと言われているため、海外FX初心者はここであまり悩まないようにしましょう。

順張りで上手く利益確定していくコツ

順張りで上手く利益確定していくための4つのコツをご紹介します。

価格の節目で利益確定する

1つ目のコツは、「価格の節目で利益確定する」ことです。価格の節目とは、100円や110円などのキリが良い数字のことです。これらの数字は多くの投資家が注目しているポイントなので、価格の節目では買い勢力と売り勢力の攻防が激しくなる傾向があります。

さらに伸びていくのか、反発するのかは読めないので、価格の節目で利益確定するというのも一つの手です。

pipsで利益確定する

2つ目のコツは、「pipsで利益確定する」ことです。例えば、10pips取れたら利益確定するというイメージです。この方法を使う場合、過去のトレンドを分析して「どのくらいのpipsであれば無理なく取れるのか」把握しましょう。最大でも100pipsしか取れないのに対して、150pipsの目標を立てると失敗する可能性が高くなります。

海外FXならIS6FX

リスクとリターンの割合を合わせて利益確定する

3つ目のコツは、「リスクとリターンの割合を合わせて利益確定する」ことです。例えば、「1万円の損失が出たら損切りする」と決めていた場合、1万円の利益が出たら利益確定するというイメージです。

このとき、必ずリスクよりもリターンの方を大きく設定しましょう。リスクの方を大きくしてしまうと、いつまで経っても利益が出ないという状態になりかねないので注意が必要です。

時間を目安にして利益確定する

4つ目のコツは、「時間を目安にして利益確定する」ことです。相場は時間によって値動きの特徴が変わります。そこで、東京時間が終了したら利益確定するという決め方をするのも一つの手です。東京時間ならではの手法やロンドン時間ならではの手法というように、時間単位の手法を持っている方は、この方法がおすすめです。

FXで順張りを上手く使っていくコツ

海外FXで順張りを上手く使っていくための2つコツをご紹介します。

トレンドを見極める

1つ目のコツは、「トレンドを見極める」ことです。トレンドを見極められないことには、順張りしていけないので、ここはかなり重要なポイントです。トレンドの見極めは「トレンドライン」で行いましょう。トレンドラインを使って安値同士を結んでみてください。そのラインが右肩上がりであれば「上昇トレンド」、右肩下がりであれば「下降トレンド」です。

エントリータイミングを見極める

2つ目のコツは、「エントリータイミングを見極める」ことです。具体的には押し目・戻り目を狙いましょう。押し目とは、上昇トレンド中に一旦チャートが下降するポイントです。戻り目はその逆です。上昇している途中で通貨を購入してしまうと、高値で掴まされてしまう恐れがあります。それを防ぐためにも、押し目・戻り目でエントリーしていきましょう。

順張りを使ったトレード手法

順張りを使った3つのトレード手法を解説していきます。

押し目と戻り目を狙ってエントリー

1つ目は、「押し目と戻り目を狙ったエントリー手法」です。前述でもご説明しましたが、この方法は最もスタンダードな手法なので、海外FX初心者は押し目と戻り目を狙ったエントリー手法から試してみましょう。

ブレイクアウトを狙ってエントリー

2つ目は、「ブレイクアウトを狙ったエントリー手法」です。この手法のメリットは、トレンドの初動を捉えられることです。例えば、100円と110円の間でチャートが行き来していた場合のチャートは、このどちらかの価格をいつかブレイクしていきます。

海外FXならIS6FX

ブレイクすると一気にチャートが伸びていく傾向があります。そこを狙ってエントリーしていくのが、この手法です。「大きな利益を狙いたい」という方は、ブレイクアウトを狙ったエントリー手法を試してみましょう。

トレンド転換を狙ってエントリー

3つ目は、「トレンド転換を狙ったエントリー手法」です。この方法は、若干逆張りの要素も含まれているため、高難易度です。基本的にチャートは、一方向に進んでいくことはなく、上昇と下降を繰り返しながら進んでいきます。

この上昇から下降に、下降から上昇に変わるポイントを見極めることができれば、大きな利益が得られます。テクニカル分析の能力も求められるため、FXに少し慣れてきたら使ってみましょう。

順張りの注意点

最後に、順張りの注意点を解説していきます。

トレンドの転換に注意

順張りは、トレンドの転換に注意しましょう。先ほども説明したように、トレンドはいずれ変わるため、参入するスピードが遅いとトレンド転換時に通貨を購入してしまう恐れがあります。

そうなると、大きな損失を負うことになるので注意しましょう。基本的にトレンド中の押し目・戻り目は3~5回作られると言われています。そのため、難しいところではありますが、押し目・戻り目が3回作られる前にエントリーしていきましょう。

トレンドの見方に注意

順張りを使う場合、トレンドの見方に注意しましょう。基本的に長い時間足のトレンドほど、力が強いと言われています。例えば、4時間足のトレンドは上昇で、5分足のトレンドは下降だった場合、上昇する力の方が強くなります。短時間足だけのトレンドを見てトレードすると失敗する可能性が高まるため、必ず大きなトレンドも確認するようにしましょう。

相場のトレンドを見極めて上手く順張りしていこう

今回は、FXの順張りについて解説してきました。順張りとは、現在のトレンドと同じ方向にエントリーする取引手法です。逆張りとセットで出てくることが多い単語ですが、順張りと逆張りの違いは「エントリーする方向」です。順張りはトレンドの方向にエントリーするだけと非常にシンプルなので、FX初心者には逆張りではなく順張りをおすすめします。

しかし、トレンドを見極められないと大きく失敗する恐れがあります。トレンドラインを使ったり長い時間足を確認したりと、今回紹介した方法を使って、上手くトレンドを見極めていきましょう。