Trader FAQ

海外FXのロンドン時間とは?取引高世界第1位の市場を攻略しよう!

海外FXをするうえで、FX市場の取引時間を把握しておくことは必須です。FX市場は、ロンドン、ニューヨーク、東京、シドニーなど世界各地で開かれており、それぞれにFX取引が活発になるアクティブタイムがあります。今回は、その中から「ロンドン時間」について解説しますので、海外FX初心者の方はぜひ参考にしてみてください。

ロンドン時間とは

ロンドン時間とは、その名の通り、ロンドン市場が開いている時間帯です。しかし、ロンドン時間のオープン・クローズは、夏時間と冬時間で多少異なるので注意が必要です。

海外FXならIS6FX

・夏時間午後4時~翌午前0時
・冬時間午後5時~翌午前1時
※全て日本時間

また、FX市場での取引が活発になるアクティブタイムの中でも、特にロンドンタイムとニューヨークタイムの両方が動いている時間は、より多くの動きがあるため注意が必要です。

IS6FXの取引時間帯についてはこちらをご参考ください
>IS6FXの取引時間帯、ロンドンタイムについてはこちら

主要通貨はユーロ

ロンドン時間のメイン市場はロンドンなので、ポンドが主要通貨と考えがちですが、実は主要通貨はポンドではなくユーロです。もちろん、ロンドン時間になるとポンドも活発に取引されます。

しかし、それ以上にユーロとの通貨ペア、特にユーロ/ドルが活発に取引されています。そのため、ロンドン時間は取引通貨をユーロ/ドルに切り替えるトレーダーも少なくありません。

海外FX初心者は「ユーロ/ポンド」で取引してみよう

ロンドン時間に取引する場合、海外FX初心者ならユーロ/ポンドで取引してみるのも一つの手です。あまりなじみがない通貨ペアなので不安を感じてしまうかもしれませんが、ロンドン時間中はユーロ/ポンドの値動きが最も読みやすいと言われています。

なぜなら、値動きが非常に穏やかだからです。相場が急変動することはほとんどないため、海外FX初心者でも落ち着いて取引することができます。

ロンドン時間の特徴

ここでは、ロンドン時間の特徴を具体的に説明していきます。

値動きが激しくなる

東京時間やニューヨーク時間など、海外FXには様々な時間帯がありますが、その中でもロンドン時間は世界第1位の取引高を誇ります。

つまり、通貨の売買が非常に活発になるということです。大きな利益を狙えるチャンスですが、大きな損失を負うリスクもあるので、投資シナリオをしっかり立ててから取引することをおすすめします。

トレンドが発生しやすい

ロンドン時間が始まると取引が活発になるため、高確率でトレンドが誕生します。実際、ロンドン時間に形成されたトレンドを追う取引手法も確立されています。海外FXではトレンドを追った方が利益を得やすいため、逆張りしようとせず、素直に形成されているトレンドに乗っていく方法もおすすめです。

トレンドが転換する場合がある

ロンドン時間には、大量の資金を持ったFXトレーダーが参入してくるため、今まで形成されていたトレンドが崩れる場合があります。そのため、ロンドン時間が始まる前のトレンドにうまく乗れていたのであれば、欲張らずロンドン時間が始まる前に利益確定することをおすすめします。

ヨーロッパ関係の経済指標に左右されやすい

ユーロ圏の経済指標は、アメリカの経済指標の次に重要と言われているため、結果によっては相場に大きな影響を与えます。

発表される経済指標は、事前に告知されるため、「FX 経済指標」と検索して、どのような経済指標が発表されるのか必ず確認しておきましょう。重要度は星の数で表され、星3つの経済指標は相場に大きな影響を与える可能性が高いため、特に気を付ける必要があります。

注目しておきたい5つのポイント

ロンドン時間にFX取引する場合に注目しておくべき5つのポイントを解説します。

BOEの政策

BOEとは、英国中央銀行のイングランド銀行(Bank of England)のこと。BOEからは様々な政策が発表されるのですが、その中でも「金融政策委員会の発表」には注目しておきましょう。発表内容によっては、ポンドが絡む通貨ペアの為替相場に大きな影響を及ぼします。この金融政策委員会は、年に8回開かれ、政策金利や量的緩和などの内容・議事録・声明文などが発表されます。

ECBの政策

ECBとは、欧州中央銀行のヨーロッパ中央銀行(European Central Bank)のこと。ECBから発表される政策内容によっては、ユーロが絡む通貨ペアの為替相場に大きな影響を及ぼす恐れがあります。中央銀行が出す金融政策は、為替相場に大きな影響を長期間にわたって与える傾向があります。

そのため、スイングトレードや中長期トレードなどを行うFXトレーダーは、必ず確認しておきましょう。また、余裕があれば、市場は何を歓迎していて何を歓迎していないのかも見極めると良いかもしれません。

海外FXならIS6FX

イギリスの政治情勢

イギリスの政治情勢は、ポンドに大きな影響を及ぼします。直近では、イギリスのEU離脱がスムーズにいくか否かがポンドに大きな影響を及ぼしていました。

基本的に首相をはじめとする政治要人の発言に大きく左右されます。例えば、首相が移民抑制を優先し、欧州単一市場から離脱するハードブレグジットを想起させるような発言をすると、ポンドは売られる傾向にあります。反対に、欧州単一市場へのアクセスを残しながら、移民受け入れに制限をかけるような発言をすると、ポンドは買われる傾向にあります。

経済指標

以下の経済指標は、必ず確認しておきましょう。

【ポンドに影響を与える経済指標】
・四半期インフレレポート
・CPI
・失業率・失業保険申請件数
・CIPS製造業PMI
・GDP・国内総生産
・小売売上高

【ユーロに影響を与える経済指標】
・ECB政策金利発表
・四半期GDP
・消費者物価指数
・購買担当者指数

経済指標は、「FX 経済指標」で検索をかけたり、FX取引所のニュース欄をチェックしたりすることで確認できます。

ニューヨーク時間

ニューヨーク時間は、ロンドン時間が開始されてから数時間後に開始します。つまり、ロンドン時間とニューヨーク時間が一部重なる時間があるということです。

ニューヨーク時間には、様々な経済指標が発表されるため、相場が乱高下することも多々あります。そのため、ロンドン時間に取引する場合は、次のニューヨーク時間に発表される経済指標もチェックしておくと良いかもしれません。

ロンドン時間にFX取引する場合の勝率の上げ方

ロンドン時間にFX取引をする場合に勝率が上がると言われているやり方をご紹介します。

投資シナリオを描けない場合はエントリーしない

投資シナリオを描けずにエントリーすることは、ギャンブルに近い状態になってしまいます。FX投資は「買う」と「売る」だけが選択肢ではなく、「待つ」という選択肢もあります。とにかくエントリーし続ければ良いというわけではないため、相場が読めない場合は「待つ」という選択肢を取って、次のチャンスに備えましょう。

株価指数も参考にする

為替市場は株式市場と非常に強く連動しています。そのため、基本的には株価市場が強気であれば、為替相場も強気になります。しかし、どの株価指数を確認すればいいのか迷うかと思います。その場合は、最低限以下3つの株価指数を確認しておくと良いかもしれません。

・FTSE100指数
・DAX30指数
・ユーロストックス50指数

また、ニューヨーク時間と重なる時間帯に取引する場合は、NYダウもチェックしておくと良いでしょう。

ロンドン時間の注意点

ロンドン時間にFX取引する場合は、「ロンドンフィックス」に注意しましょう。ロンドンフィックスとは、銀行が顧客と外貨取引する場合の基準取引レートを決める時間帯です。夏時間だと24時、冬時間だと25時がロンドンフィックスの時間です。

この時間帯は、複雑な売買が行われるため、値動きが非常に激しくなります。ロンドンフィックスは避けるべきだと言うプロFXトレーダーもいるほどで、基本的には避けた方が良いかもしれません。

実践編!ロンドン時間の攻略方法

ここでは、実践で使えるロンドン時間の攻略方法を3つのステップとして解説します。

ステップ1:米ドルやヨーロッパ系の通貨で取引する

まず、取引通貨は米ドルやヨーロッパ系の通貨を選びましょう。なぜなら、取引量が多く、値動きが安定していて読みやすいからです。ただでさえ値動きが激しくなるロンドン時間に取引量が低い通貨ペアでトレードするのは、ギャンブル性が高くなります。投機をやりたい方であれば問題ありませんが、投資をやりたい方は取引量が多い通貨を選びましょう。

ステップ2:序盤はトレンドの波に乗る

序盤はトレンドの波に乗りましょう。しかし、ロンドン時間開始から30分経過するまでは、相場が乱高下しやすいので、30分後に形成されたトレンドに乗りましょう。

ステップ3:終盤はスキャルピングで利益を得る

ロンドン時間の終盤はスキャルピングで利益を得ましょう。ロンドン時間の終盤は、短期の値動きが激しくなります。そのため、1~10分足辺りをチェックし、スキャルピングでサクッと利益を取っていきましょう。しかし、ここで大負けする可能性もあるので、トレンドで利益を取るのをメインとして、スキャルピングはおまけ程度に留めておきましょう。

ロンドン時間は大きな利益を得られるチャンス

今回は、FXのロンドン時間について解説してきました。ロンドン時間は、大量の資金を持ったトレーダーが参入してくるため、値動きが激しくなります。しかし、上手くエントリーできれば、大きな利益を狙えます。しっかりとどのような値動きをしているのか分析し、根拠のあるエントリーを仕掛けていきましょう。