Trader FAQ

FXで専業トレーダーになるには?プロには向いていない人の5つの特徴も紹介

FXの世界には、数千万円~数億円を稼ぐ専業トレーダーが存在します。今回は、専業トレーダーを目指すために意識すべきことから、プロのトレーダーになるには向いていないとされる人の特徴などを解説していきます。専業トレーダーになれるか否かは、非常にシンプルです。専業トレーダーになりたいと思っているFX初心者の方はぜひ参考にしてみてください。

FXで専業トレーダーになれない人の5つの特徴

まずはじめに、FXで専業トレーダーになれない人の特徴からご紹介します。プロのトレーダーになるにはどのようにすれば良いか知りたい方は、まずは自分が向いているかどうか、向いていないとされる人の特徴がないかを知っておくのも重要です。

海外FXならIS6FX

FXをギャンブルとして遊んでいる

プロのトレーダーには向いていないとされる1つ目の特徴は、「FXをギャンブルとして遊んでいる」人です。ギャンブルとして遊んでいる場合、短期的には大きく勝てるかもしれませんが、ギャンブルのようなトレードで長期間に稼ぎ続けるのはほぼ不可能です。

なぜなら、FXの世界にはすでにFXで生活できるほど稼いでいる専業トレーダーがいるからです。素人がメジャーリーグで野球をしても太刀打ちできないのと同じように、ギャンブルでトレードしている素人が、戦略的にFXを行っている専業トレーダーに勝てるわけがありません。

勉強や分析をしない

2つ目の特徴は、「勉強や分析をしない」人です。例えば、学校のテストで30点を取った人が、勉強しないで同じテストに臨んでも、おそらく30点以下しか取れません。なぜなら、失敗を改善しようとしなければ、同じミスを繰り返すからです。

それと同じように、勉強や分析をしないFXトレーダーは、いつまでも同じミスを繰り返すため、一向に得られる利益が増えません。勉強や分析をせずに勝てるほど甘い投資ではないことを認識しておきましょう。

資金管理を怠っている

3つ目の特徴は、「資金管理を怠っている」人です。FXで重要になるのはテクニックよりも「資金管理」です。なぜなら、資金がないと取引ができないからです。資金管理が曖昧だと、チャンスが来てもものにできません。

実際、資金管理を徹底したことで、50万円を5億円に増やしたFXトレーダーもいるようです。そのFXトレーダーは、難しい戦略を立てていたわけではないため、いかに資金管理が大切かが分かるかと思います。

海外FXならIS6FX

楽に大金を稼ぎたいと思っている

4つ目の特徴は、「楽に大金を稼ぎたいと思っている」人です。FXは非常に参入障壁が低い投資です。そのため、簡単に稼げると思っている人も多いですが、簡単に始められるのと簡単に稼げるのは全く異なります。

むしろ、簡単に始められるものほど、ライバルが多くて稼ぐのは難しくなります。また、FXで稼ぎ続けることは想像している以上に難しく、勉強をしないと勝てません。FXは楽に稼げるものではないため、楽に稼ぎたいのであれば他の方法を探しましょう。

常にだれかを頼っている

5つ目の特徴は、「常にだれかを頼っている」人です。アナリストやインフルエンサーなどの意見や戦略を取り入れるのは、自分のレベルアップに繋がるので非常に大切です。しかし、自分の思考は停止して、アナリストやインフルエンサーの意見・考えを取り入れるのは、非常に危険なので注意しましょう。

誰かに依存していると、その人がいなくなった瞬間、あなたは稼げなくなります。また、自分で考えようとしないので、レベルアップもしません。常にだれかを頼るのは、長期的に見てデメリットの方が大きいため、なるべく自分で考える癖をつけましょう。

FXで専業トレーダーになるなら意識しておくべきこと

ここでは、専業トレーダーを目指す上で意識しておくべきことをご紹介します。

長期トレードをマスターする

1つ目は、「長期トレードをマスターする」ことです。専業トレーダーの取引スタイルを見てみると、多くはデイトレードやスイングトレードなどの長期トレードです。スキャルピングで専業トレーダーをしている人はほぼいません。

なぜなら、短期トレードは運要素が強くなるため、利益が安定しないからです。チャートは、長期になるほど比較的素直に動きます。そのため、安定して利益を得ていきたいのであれば、長期トレードにも挑戦してみましょう。

トレードルールを作る

2つ目は、「トレードルールを作る」ことです。専業トレーダーは、必ずトレードルールを決めています。なぜなら、トレードルールを決めないと、大負けする恐れがあるのを知っているからです。

FX初心者は感覚でトレードしがちなので、多くの人が負けてしまう傾向にあります。いきなり多くのトレードルールを作る必要はないですが、まずは損切りのタイミングを決めるといった自分のルールを立ててみましょう。

ファンダメンタルズ分析をマスターする

3つ目は、「ファンダメンタルズ分析をマスターする」ことです。FXには、テクニカル分析とファンダメンタルズ分析の2つがありますが、チャートは世の中の情勢や景気などの影響を強く受けて動いていく傾向にあります。

長期間勝ち続けるためには、ファンダメンタルズ分析をマスターして、世の中の情勢や景気などを把握する必要があります。相場の大きな流れはファンダメンタルズ分析で読み、具体的なエントリーポイントはテクニカル分析で読むという使い方がおすすめです。

失敗した場合のシナリオも立てておく

4つ目は、「失敗した場合のシナリオも立てておく」ことです。FXは長期で勝ちを目指していく投資なので、取引を繰り返す中で負ける場合もあります。FXで大事なのは、「負けない」ではなく、「負けたときのダメージを最小限に抑える」こととも言われています。

そのためには、エントリーする前に、失敗した場合のシナリオも立てておくのが大切です。失敗の対処方法をあらかじめ決めておけば、失敗しても冷静に対処できます。

海外FXならIS6FX

利益をコツコツ積み上げていく

5つ目は、「利益をコツコツ積み上げていく」ことです。FX初心者は、1回の取引で大きな利益を狙おうとしてしまいがちです。そのような取引方法も悪くはないのですが、その分リスクも大きくなるので注意しましょう。

実際、専業トレーダーはそれを知っているので、小さな利益をコツコツ積み上げる人が多い傾向にあります。先ほども説明したように、FXは長期で勝ちを目指す投資なので、短期の利益には捉われないようにしましょう。

勝率よりも利益の額を意識する

6つ目は、「勝率よりも利益の額を意識する」ことです。FXにおける「勝率」は、あまり意味がありません。例えば、1,000円の損失が出たら損切り、1万円の利益が出たら利益確定という取引ルールでトレードするとします。

この場合、勝率10%でも勝てます。なぜなら、9回負けても損失は9,000円ですが、1回勝てば利益は1万円なので、結果1,000円勝っているからです。これが逆であれば、勝率90%でも1,000円の負けです。そのため、勝率ばかりに捉われず、なるべく利益額を重視しましょう。

メンタルを鍛える

7つ目は、「メンタルを鍛える」ことです。一見根性論のような話ですが、FXではテクニックよりもメンタルの方が大切とも言われています。例えば、凄いテクニックがあったとしても、精神状態が冷静な人とイライラしている人とでは、結果が異なると予想されます。

なぜなら、イライラしている状態では、適切な判断が下せないと考えられるからです。間違った判断が多くなれば、せっかくのテクニックも生かせません。そのため、テクニックだけではなく、メンタル強化の練習も行いましょう。

日頃から情報には敏感になる

8つ目は、「日頃から情報には敏感になる」ことです。FXの相場は、世の中の情勢や景気など、ファンダメンタルの影響を受けて動く傾向があると説明しました。そのため、ニュースや新聞、そしてSNSやウェブサイトなどから、日々多くの情報を仕入れましょう。

そのような行動をしていると情報に敏感になるので、少しの変化に気づけます。そうなれば、FXの相場に柔軟に対応していけるので、情報収集を怠っているFXトレーダーよりも多くの利益を得られます。

専業トレーダーを目指す上での注意点

ここでは、専業トレーダーになるには知っておきたい注意点について解説します。

高額の塾や情報商材に注意

高額の塾や情報商材には注意しましょう。専業トレーダーを目指すのであれば、FXに関するあらゆる勉強は必須です。しかし、勉強するために闇雲に高額の塾や高額の情報商材を購入するのはおすすめしません。なぜなら、詐欺まがいのものも多いからです。

海外FXならIS6FX

もちろん、真っ当で高額な塾や信頼できる高額な情報商材もありますが、いきなりそれに手を出すのはリスクが高すぎます。最近は、SNSやウェブサイトなどから無料でFXの情報を得られます。それらだけでも、初心者を抜け出せるほどの情報を得られるので、まずは無料の情報からFXを学んでいくことをおすすめします。

高額な塾や情報商材が気になる場合は、まず無料の情報で稼いでから検討してみても良いかもしれません。

専業トレーダーが使っている投資手法

ここでは、専業トレーダーの機関投資家が使っている投資手法を簡単に説明します。

グローバルマクロ

グローバルマクロとは、世界中の経済ファンダメンタルズや金利などの「マクロ指標」の予想にもとづいて、取引する手法です。さまざまな金融商品に分散する取引手法なので、リスクは比較的低めです。

マネージド・フューチャーズ

マネージド・フューチャーズとは、さまざまな金融商品にレバレッジを掛けて投資する取引手法です。トレンドフォロー型の投資戦略です。

アービトラージ

アービトラージとは、両建てし、割高な方を売り、割安な方を買う取引手法です。価格差が縮小したときの利ザヤを狙います。

マルチストラテジー

マルチストラテジーとは、これまで紹介した3つの投資戦略に他の戦略をプラスαした取引手法です。「資金効率を高められる」、「リスクを小さくできる」、「相場の変動に左右されにくい」などのメリットがあります。

努力を継続して専業トレーダーを目指そう

今回は、専業トレーダーを目指すために意識すべきことから、プロのトレーダーには向いていないとされる人の特徴などを解説してきました。さまざまなことを説明してきましたが、専業トレーダーになれない人となれる人の大きな違いは「努力したか否か」です。

FXに限らず、勉強やスポーツでもそうですが、やはり努力した人はその分野で頭一つ抜けた実力を身につけます。現在は、テクニックや資金管理方法など、FXに必要な知識が無料で見れる世の中なので、そのような情報を活用して、毎日少しずつでも努力していきましょう。