Trader FAQ

海外FX初心者におすすめのライントレードとは?すぐに使える2つのやり方を紹介

海外FX初心者はテクニカル分析をはじめとして分析や取引手法などが難しいと感じる方も多いかと思います。そんな初心者におすすめなのが、「ライントレード」です。非常にシンプルで基本的な手法とも言われています。ライントレードの基礎から実践でどのように使っていくのかまでを解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

ライントレードの基本となる3つの線と引き方

ここでは、ライントレードの基本となる3つの線と引き方を解説していきます。

水平ライン

1つ目の線は、「水平ライン」です。水平ラインとは、その名の通り1本の線を横に引いたラインのことです。非常にシンプルな線ですが、多くのトレーダーが使っている線なので、比較的機能しやすいラインです。

水平ラインは、基本的に「同じエリアで何度も反発しているポイント」に引いていきます。例えば、米ドル/円のチャートが100円付近で何度も反発している場合は、その部分に水平ラインを引きます。シンプルで読みやすく、なおかつ引きやすいので海外FX初心者は水平ラインから試してみてはいかがでしょうか。

海外FXならIS6FX

トレンドライン

2つ目の線は、「トレンドライン」です。トレンドラインとは、トレンドが発生したときに高値もしくは安値同士を1本の線で結ぶラインのことです。高値・安値同士を結び、その線が右肩上がりであれば「上昇トレンド」、右肩下がりであれば「下降トレンド」と判断していきます。

また、線の角度が急であれば「強いトレンド」、なだらかであれば「弱いトレンド」と判断していくこともできます。相場の方向性を把握したい場合は、トレンドラインを使いましょう。

チャネルライン

3つ目の線は、「チャネルライン」です。チャネルラインとは、高値に1本、安値に1本トレンドラインを引いたラインのことです。チャネルラインは、トレンドがどこまで伸びるのか把握したいときに役立ちます。

また、高値と安値のトレンドライン、どちらかをチャートが割った場合、トレンドの転換を意味するので「流れの変わり目」を把握したいときにも使えます。利益確定や損切りなど、明確な決済ポイントを把握したいときはチャネルラインを使いましょう。

ライントレードのメリット

ここでは、ライントレードのメリットを解説していきます。

相場の動きを読めるようになる

1つ目のメリットは、「相場の動きを読めるようになる」ことです。例えば、トレンドラインを使えば、相場はどの方向に進んでいるのか分かります。海外FXで勝っていくためには、相場の動きを読まなければいけません。

「なんとなく上がっているから買い、なんとなく下がっているから売る」という曖昧な根拠でエントリーしていると、いつか大きな損失を負ってしまいます。しかし、ライントレードを使えば、「ラインが右肩上がりだから上昇トレンドだ、買いでエントリーしよう」と根拠のあるトレードができるようになります。

海外FX初心者でも使いやすいほどシンプル

2つ目のメリットは、「海外FX初心者でも使いやすいほどシンプル」なことです。ライントレードで使う線は、水平ライン・トレンドライン・チャネルラインの3つと説明してきましたが、どれもシンプルで使いやすいかと思います。

たしかに、複雑なテクニカル指標の方が信ぴょう性は高いですが、そもそも使いこなせなければ意味がありません。ライントレードはシンプルでありながら、比較的信ぴょう性が高いテクニカル指標なので、まずはライントレードを極めてみましょう。これを極めてから複雑なテクニカル指標に挑戦することをおすすめします。

ライン付近で発生するチャートの動き方

ここでは、ライン付近で発生するチャートの動き方を解説していきます。

反発する

1つ目は「反発する」です。特にレンジ相場では、よくこの動き方をします。反発するポイントにも特徴があり、基本的に過去と同じような場所で反発します。例えば、過去にチャートが100円と120円付近で何度も反発している場合、今回もその価格帯で反発する可能性が高いと言えます。

突き抜けていく

2つ目は、「突き抜けていく」です。先ほど、チャートは同じ価格帯で反発すると説明しました。しかし、チャートはその価格帯をいずれ突き抜けていきます。反発しているポイントをチャートが突き抜けると、相場が大きく動く傾向があります。

そのため、大きな利益を得たい方は、この突き抜けていく瞬間を狙ってエントリーしていきましょう。明確な材料が出るまでトレンドは終わらないので、上手く乗れれば一撃数十万円の利益も夢ではありません。

海外FXならIS6FX

ダマシが起きる

3つ目は、「ダマシが起きる」です。ダマシとは、チャートが突き抜けたと見せかけて、実は突き抜けていないという動きのことです。先ほど、反発するポイントを突き抜けると相場は大きく動くと説明しました。これは多くのトレーダーが知っていることです。

そのため、たくさんのトレーダーが大きな利益を得ようと突き抜ける瞬間を待っています。しかし、FXの世界には、その心理を逆手にとって利益を得ようとしているトレーダーも存在します。そのようなトレーダーが起こすのが、この「ダマシ」です。ダマシを事前に見極めるのは不可能なので、ダマシに遭遇したらすぐに損切りすることを心がけましょう。

ロールリバーサルが起きる

4つ目は、「ロールリバーサルが起きる」です。ロールリバーサルとは、今までのラインの役割が変わる現象のことです。例えば、今までレジスタンスラインだった線はサポートラインに、今までサポートラインだった線はレジスタンスラインに変わります。

ロールリバーサルは、反発しているポイントをチャートが突き抜けたときに起こります。役割が変わったラインをチャートが中々突き抜けない場合、そのラインは強く意識されていることになるので、当分、そのラインが割られることはないでしょう。

ライントレードを使った基本的な手法

ここでは、ライントレードを使った基本的な手法を解説していきます。

反発を狙ってエントリーする

1つ目は、「反発を狙ってエントリーする」手法です。例えば、米ドル/円のチャートが90円と95円で反発しているとしましょう。この場合、チャートが90円に近づいたら買いエントリー、95円に近づいたら売りエントリーしていきます。

損切りのタイミングは、どちらかの価格をチャートが突き抜けたときです。レンジ相場を使ってFX取引していく方は、この手法をおすすめします。

ブレイクアウトを狙ってエントリーする

2つ目は、「ブレイクアウトを狙ってエントリーする」手法です。これは、反発しているラインをチャートが突き抜けた瞬間にエントリーしていく手法なのですが、1つポイントがあります。

それは、一度突き抜けたのを見逃してから、次の押し目・戻り目でエントリーしていくことです。なぜなら、これにより簡単なダマシを避けられるからです。ブレイクアウトの最大の敵は「ダマシ」なので、これを避けられるか否かで勝率が大きく変わってきます。

得られる利益は少し減ってしまいますが、その分、勝率を上げられるので海外FX初心者は、「押し目・戻り目でのエントリー」を心がけてみてはいかがでしょうか。

ライントレードの勝率を上げる方法

ここでは、ライントレードの勝率を上げる方法を解説していきます。

重要なラインを見つける

1つ目は、「重要なラインを見つける」ことです。重要なラインとは、過去に何度も反発しているラインのことです。複数回反発しているということは、多くのトレーダーが注目しているラインなので、その分、機能しやすくなります。そのため、ラインの数よりも質を重視して機能する確率が高い線を探してみましょう。

エントリーのタイミングはテクニカル指標を参考にする

2つ目は、「エントリーのタイミングはテクニカル指標を参考にする」ことです。具体的なエントリーポイントを探りたい場合は、MACDや一目均衡表など、他のテクニカル指標を使った方が良い場合もあります。ライントレードと他のテクニカル指標を使うことで、エントリーの根拠が2つになるので、勝率も高くなります。

海外FXならIS6FX

ラインの綺麗さに固執しない

3つ目は、「ラインの綺麗さに固執しない」ことです。基本的に、トレーダーによって意識するポイントは異なるので、ラインを綺麗に引くのは不可能です。そのため、「大体この辺りが意識されているな」というポイントにラインを引きましょう。ラインの引き方にこだわるよりも、ラインを引いた後の戦略にこだわることをおすすめします。

ダマシを想定しておく

4つ目は、「ダマシを想定しておく」ことです。基本的にダマシは避けられません。FX取引を続けていれば、必ずダマシに遭遇します。そのため、ダマシを避ける戦略を立てるよりもダマシに遭ったときの戦略を考えるようにしましょう。例えば、ダマシに遭遇したら即損切りしたりダマシに遭うことを前提に少ないロットで投資したりすることをおすすめします。

ラインは定期的に引き直す

5つ目は、「定期的にラインを引き直す」ことです。FXは時間と共に新しいチャートが形成されていくので、数時間前とは相場状況が異なる場合があります。特に、1~5分足で取引しているのであれば、数十分単位で相場がガラッと変わることも珍しくありません。そのため、定期的にラインを見直し、常に新しい線に更新していきましょう。

シンプルかつ強力なライントレードはFX初心者におすすめ

今回は、kaigai
FXのライントレードについて解説しました。ライントレードは、水平ラインやトレンドラインなどを活用して取引していく手法です。シンプルかつ機能しやすい手法なので、「やり方が確立していない、海外FXを始めて間もない」という方々におすすめです。

実際、数万円の利益であればライントレード1本で得ることができます。そのため、いきなり複雑な手法を確立しようとせず、まずはシンプルなライントレードから取得していきましょう。