Trader FAQ

初心者が選ぶべき通貨ペアとは?通貨ペアの特徴と選び方を徹底解説!

FX取引を行う際に決める必要がある通貨ペア。通貨ペアといっても、ドル円やユーロドル、ポンド円やポンドドルなど、様々な通貨ペアがあります。様々な通貨ペアがあるので、自分に合った通貨ペアを選び実際に取引してみましょう。

しかし、実際に取引してみようと言われても、「どの通貨ペアを選べば良いのか?」という疑問や「通貨ペアはどのように選べば良いのか?」という疑問を抱えている方も多いかと思います。

そのような疑問を抱えている方のために、この記事では通貨ペアの概要を初め、通貨ペアの選び方や初心者におすすめしたい通貨ペアの種類と特徴を具体的にまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

抑えておきたい通貨ペアの基礎知識

通貨ペアのイメージ1

ここでは、通貨ペアの概要や取引が行われるときの仕組みなど、抑えておきたい通貨ペアの基礎知識について説明していきます。

通貨ペアとは?

通貨ペアとは、その名の通り、2つの通貨をペアにしたものです。例えば、ドル円(USD/JPY)は、アメリカの「米ドル」と日本の「円」を組み合わせた通貨ペアです。左側の通貨(米ドルの方)は「基軸通貨」と言い、右側の通貨(円の方)は「決済通貨」と言います。

取引が行われるときの仕組み

FXの仕組み上、日本円のみや米ドルのみなど、単体通貨で取引することは出来ません。そもそも、FXは、2つの通貨の為替差益で利益や損失を得られるような仕組みになっています。

利益や損失を得られる仕組みを簡単に説明すると、1ドル100円の時にあなたがドルを日本円で購入し、1ドル110円の時に購入したドルを売ることで、あなたは日本円で10円分の利益を得ることが出来るという仕組みです。

反対に、1ドル90円の時に売ってしまうと、あなたは日本円で10円分の損失を負ってしまうという仕組みになっています。FXはこのような仕組みになっているため、取引を行う際は、必ず通貨ペアを選ぶ必要があるのです。

通貨ペアは2種類に分けられる

通貨ペアは、大きく分けると「メジャー通貨」と「マイナー通貨」に分けられます。メジャー通貨とは、ドルや円など取引量が多い通貨のことで、マイナー通貨とは、南アフリカランドやトルコリラなど取引量が少ない通貨のことです。

通貨ペアの選び方!4つのポイントを抑えよう

通貨ペアのイメージ2

ここでは、通貨ペアの選び方について具体的に説明していきます。

選び方1:取引量の多さで選ぶ

取引量が多い通貨ペアは、比較的予想しやすいというメリットがあります。なぜなら、取引量が多いということは、多くのトレーダーが同じような意思で取引することが多いからです。

反対に取引量が少ない通貨ペアは、突発的な要因で大きな価格変動が起きやすく、予想しづらいという注意点があります。そのため、初心者は基本的に取引量が多い通貨ペアを選ぶと良いでしょう。取引量が多い代表的な通貨ペアは、ドル円とユーロドルです。

選び方2:通貨の組み合わせで選ぶ

通貨の組み合わせで選ぶという選び方もおすすめです。例えば、「メジャー通貨×メジャー通貨」や「メジャー通貨×マイナー通貨」という組み合わせで選ぶということです。

これは取引する方の考え方やトレードスタイルにもよりますが、比較的安全に取引したいという場合は「メジャー通貨×メジャー通貨」を、リスクを取って大きく稼ぎたいという場合は「メジャー通貨×マイナー通貨」を選ぶと良いでしょう。

選び方3:トレードスタイルで選ぶ

トレードスタイルで通貨ペアを選ぶという選び方もおすすめです。トレードスタイルは大きく分けると3つあります。

・スキャルピング:通貨を購入後、数秒間で決済するトレードスタイル
・デイトレード:通貨を購入後、数時間で決済するトレードスタイル
・スイングトレード:通貨を購入後、数日から数週間で決済するトレードスタイル

もちろん、考え方や資金力にもよりますが、トレードスタイル別に見たおすすめの通貨ペアは以下の通りです。

・スキャルピング→「マイナー通貨×マイナー通貨」
・デイトレード→「メジャー通貨×マイナー通貨」
・スイングトレード→「メジャー通貨×メジャー通貨」

選び方4:スワップポイントの多さで選ぶ

スワップポイントとは、利息のことです。例えば、銀行にお金を預けておくと、定期的に利息を受け取ることが出来ます。FXでも同じように通貨を保有し続けていると、毎日利息を受け取ることが出来るのです。

しかし、スワップポイントは通貨ペアによっても異なります。もしも、スワップポイントを多く受け取りたいという場合は、「マイナー通貨×マイナー通貨」の組み合わせで通貨ペアを選んでみましょう。

初心者におすすめしたい通貨ペアの種類と特徴

通貨ペアのイメージ3

ここでは、初心者におすすめしたい通貨ペアの種類と特徴を具体的に説明していきます。

ドル/円(USD/JPY)

ドル円とは、取引量が世界第2位の通貨ペアです。米ドル円は、取引量が多いため、値動きが比較的緩やかという特徴があります。

また、リスクオン(利益を取りやすい相場状況のこと)になると円安になる傾向があり、リスクオフ(利益が取りにくい相場状況のこと)になると円高になる傾向があります。このように、ある程度のパターンがあるため、比較的予想しやすい通貨ペアです。そのため、ドル円は、スイングトレードで取引をして行きたいという方におすすめです。

ユーロ/ドル(EUR/USD)

ユーロドルとは、取引量が世界第1位の通貨ペアです。ユーロドルは、欧州市場(日本時間で15時から始まる市場のこと)が開くと、値動きが激しくなるという特徴があります。

また、トレンド(相場の流れのこと)が決まると、基本的にはトレンドの方向に動くという特徴もあります。

トレンドに乗ると数時間で大きな利益を得ることも出来るので、ユーロドルはデイトレードをしたい方におすすめの通貨ペアです。

ユーロ/円(EUR/JPY)

ユーロ円とは、市場にFXトレーダーが多い通貨ペアです。ユーロ円は、ドル円とユーロドルのレートに左右されやすいという特徴があります。なぜなら、ユーロ円は、ドル円とユーロドルのレートを掛け合わせたレートになっているからです。

つまり、ユーロ円で取引する場合は、ユーロドルと米ドル円の動向もチェックする必要があります。このように、少し複雑な通貨ペアであるため、いきなりユーロ円で取引を始めるというのはおすすめしません。

ポンド/ドル(GBP/USD)

ポンドドルとは、取引量が世界第3位の通貨ペアです。ポンドドルは、非常に値動きが激しいという特徴があります。ドル円やユーロドルとは比較にならないほど、値動きが激しいので一瞬で資金を失ってしまうということも珍しくありません。

しかし、値動きが激しいということは、大きな利益を狙うことも出来るということです。そのため、ある程度資金があり、レバレッジを低くして取引できる方やスキャルピングで小さな利益を積み上げていきたいという方にはおすすめの通貨ペアです。

ポンド/円(GBP/JPY)

ポンド円とは、ポンドドルと同様に値動きが非常に激しい通貨ペアです。また、ユーロ円と同じく、ポンド円はポンドドルとドル円を掛け合わせたレートになっています。

そのため、ポンド円で取引する場合は、ポンドドルとドル円の動向も細かくチェックしておきましょう。ちなみに、ポンド円もレバレッジを低くして取引できる方やスキャルピングをメインに取引していきたいという方におすすめの通貨ペアです。

豪ドル/米ドル(AUD/USD)

豪ドル米ドルとは、取引量が世界第4位の通貨ペアです。豪ドル米ドルは、高金利通貨としても有名であるため、スワップポイントが高いという特徴があります。

また、レートは、オーストラリアの金融政策や景気の他に、原油価格や中国の景気にも左右されやすいという特徴もあります。比較的値動きは緩やかですが、スワップポイントが高いため、スイングトレードをメインに取引していきたいという方におすすめの通貨ペアです。

ニュージーランドドル/米ドル(NZD/USD)

ニュージーランドドル米ドルとは、豪ドル米ドルと同様に高金利通貨として有名な通貨ペアです。豪ドルの影響を受けやすいという特徴があるため、豪ドル米ドルと同じような値動きをします。

しかし、豪ドル米ドルほど取引量は多くないので、突発的な要因で急激にレートが動く場合もあります。

ニュージーランドドル米ドルは、テクニカル分析(チャートを見て値動きを予測する分析方法)よりもファンダメンタル分析(国の政策や国の成長率などから値動きを予測する分析方法)をメインに取引していきたいという方におすすめの通貨ペアです。

南アフリカランド/円(ZAR/JPY)

南アフリカランド円は、通称「ランド円」と呼ばれている通貨ペアです。南アフリカランド円も高金利通貨として有名なので、スワップポイントが高いという特徴があります。

また、価格が安いため、少ない資金で多くの南アフリカランドを購入することが出来るという特徴もあります。しかし、かなり不安定な値動きをする通貨ペアなので、ある程度余裕を持った取引が求められます。

そのため、FXで大きく稼ぎたいというよりはゆっくり資産を増やしていきたいという方におすすめの通貨ペアです。

通貨ペアに関するQ&A

ここでは、初心者が抱きやすい通貨ペアに関する質問に対して、回答していきます。

初心者はどの通貨ペアを選ぶべき?

トレードスタイルや考え方などによって異なりますが、基本的には「ドル円」か「ユーロドル」がおすすめです。理由としては、流通量が多い通貨ペアだからです。流通量が多いと、比較的素直な値動きをします。

突発的な要因から突然価格が大きく変動するということが少ないので、比較的安心して取引に臨むことが出来ます。

長期投資・短期投資に最適な通貨ペアはどれ?

長期投資を行う場合は「値動きが緩やかな通貨ペア(ドル円やユーロドルなど)」を、短期投資を行う場合は「値動きが激しい通貨ペア(ポンドドルやポンド円など)」をおすすめします。

これを反対にしてしまうと長期投資では大きな損失を負うことがありますし、短期投資では全く利益が出ないということになる場合もあるため、注意しましょう。

自分に合った通貨ペアを見つけてみよう

この記事では、通貨ペアの概要を初め、通貨ペアの選び方や初心者におすすめしたい通貨ペアの種類と特徴を具体的に説明してきました。FX初心者であれば、まずは「ドル円」か「ユーロドル」で取引してみることをおすすめします。

しかし、トレードスタイルや資金量、そして考え方などによって、適切な通貨ペアは変わってきます。今回紹介した通貨ペアの選び方を参考にし、自分に合った通貨ペアを見つけてみましょう。