Trader FAQ

IFD注文とは?マスターすればローリスク・ハイリターンな取引が可能に!

FXには様々な注文方法があり、状況に合わせた注文方法を活用することで取引がもっと楽になります。そのためには、それぞれの注文方法についてやメリット・デメリットなどを把握しておく必要があります。

その中から今回は「IFD注文」について解説します。IFD注文は、「相場を長時間見ていられない」という方におすすめしたい注文方法なので、長い時間相場を見て分析できない方はぜひ覚えて取引を有利に進められるようにしましょう。

IFD注文とは

IFD注文とは、新規注文と決済を同時に発注できる注文方法です。IFDは、「If」「Done」を略した呼び名で、「もしも○○になった場合、△△を行う」という意味があります。例えば、「もしも米ドル/円が100円になった場合に通貨を購入し、110円になった場合に決済する」という注文を出すことができます

IFD注文のやり方について

ここでは、IFD注文のやり方を2つのパターン別に説明していきます。

指値注文する場合のやり方

指値注文とは、希望する価格以下で購入したい、または希望する価格以上で売りたい場合に使う注文方法です。例えば、1ドル=100円のときに米ドル/円をIFD注文で購入しようと考えているトレーダーがいたとします。この場合は、まず100円以下の価格で買い注文を入れます。「もしも、米ドル/円が99円になった場合、通貨を購入する」という感じです。

買い注文を入れた後は、決済注文を入れる必要があります。例えば、「米ドル/円が101円になった場合、決済する」という感じです。これで、「もしも、米ドル/円が99円になった場合、通貨を購入し、101円になった場合、決済する」というIFD注文の完成です。

逆指値注文する場合のやり方

逆指値注文とは、希望する価格以上で購入したい、または希望する価格以下で売りたい場合に使う注文方法です。例えば、先ほどと同様に1ドル=100円のときに米ドル/円をIFD注文で購入しようと考えているトレーダーがいたとします。トレーダーは、まず100円以上の価格で買い注文を入れました。「もしも、米ドル/円が101円になった場合、通貨を購入する」という感じです。

しかし、トレーダーは「通貨購入後、予想とは反対にチャートが動く可能性もある」と考えているため、逆指値を入れました。「米ドル/円が99円になった場合、決済する」という感じです。これで、「もしも、米ドル/円が101円になった場合、通貨を購入し、99円になった場合、決済する」というIFD注文の完成です。

fx_image

IFD注文をする場合におすすめの組み合わせ

IFD注文は、大きく8つの組み合わせがあります。中でもFX初心者の方には、「買い指値注文×売り逆指値注文」の組み合わせをおすすめします。

このやり方は損失の広がりを防ぐことができるため、FX初心者にはおすすめの注文方法です。

IFD注文のメリット

IFD注文のメリットを具体的に説明していきます。

相場に張り付く必要がなくなる

IFD注文の1つ目のメリットは、「相場に張り付く必要がなくなる」ことです。FXトレードを行う場合は、基本的にチャートを見て購入注文や決済注文を出します。しかし、チャートは、不規則に動くため常に監視しておかなければ、思わぬ損失を負ってしまう可能性があります。

IFD注文なら一度注文を出してしまえば、購入注文から決済注文まで自動的に行ってくれます。そのため、IFD注文は「忙しくて相場を頻繁に見ることができない」という方におすすめです。

機械的なトレードが可能になる

IFD注文の2つ目のメリットは、「機械的なトレードが可能になる」ことです。FX取引をしていると、どうしても個人的な感情が入ってきます。例えば、「本当はここで利益確定するつもりだったが、もう少しチャートが上がるのではないか」「想定外の下げだが、明日になればチャートが上がっているだろう」という感じです。

これに根拠があれば問題ないのですが、そうではない場合、もはや投資ではなくギャンブルになってしまいます。IFD注文なら、何があったとしても注文した価格で購入・決済します。そのため、「感情に左右されないトレードをしたい」という方は、IFD注文を活用してみましょう。

IFD注文のデメリット

IFD注文のデメリットは、「細かいチェックは目視で行う必要がある」ことです。IFD注文を入れる際、値動きの予測をして注文を入れるかと思います。しかし、相場は不規則に動くため、必ずしも予想通りに動くとは限りません。

相場の動きによっては、「もう少し安い価格で購入しよう」「やはりそろそろ決済したほうが良いな」という状況になることもあるかと思います。どのような相場になったとしてもIFD注文は注文通りに購入・決済するため、細かい微調整やチェックは目視で行う必要があります。

IFD注文の注意点

IFD注文の注意点を具体的に説明していきます。

決済注文は1つしか出せない

決済注文は1つしか出せないので注意しましょう。例えば、「米ドル/円が100円になった場合、通貨を購入し、110円になった場合、決済する」という注文は出せます。しかし、「米ドル/円が100円になった場合、通貨を購入し、110円、または90円になった場合は決済する」という注文は出せません。

そのため、指値注文でIFD注文を出すのであれば、損切は手動で行わなければいけませんし、逆指値注文でIFD注文出すのであれば、利益確定は手動で行わなければいけません。

IFO注文と比べると使い勝手が悪い

IFD注文はIFO注文と比べると使い勝手が悪いので注意しましょう。IFO注文とは、決済注文を2つ出すことができる注文方法です。

IFO注文ならIFD注文では出すことができない、「米ドル/円が100円になった場合、通貨を購入し、110円になった場合は利益確定する、しかし90円になったら損切する」というような注文が出せます。そのため、相場を頻繁に確認することができない場合は、IFD注文ではなく、IFO注文を活用することをおすすめします。

IFO注文について詳しくはこちらもご参考ください
>>IFO注文とは?その特徴と実践に活かせる使い方について解説します

IFD注文の賢い使い方

IFD注文の賢い使い方を具体的に説明していきます。

機械的に損切りを行いたいときに使う

IFD注文は、機械的に損切りを行いたいときに使いましょう。FX初心者は、どうしても感情に左右されたトレードをしてしまう傾向があります。例えば、損失が出ている場合、「いつか相場が反転して、プラスになるはずだ」「今ここで損切りをしてしまったら、損失が確定してしまう」という感情が湧き出てきて、損切りが遅れてしまうことがあります。

この考えに根拠があれば良いのですが、根拠がない場合、基本的にそのまま損失が広がっていくことが多い傾向にあります。プロのFXトレーダーは「損小利大(損失は小さく、利益は大きく)」を徹底している人が多くいます。FX初心者のうちは、感情に支配されて適切な損切りができない場合が多いため、IFD注文を活用して機械的に損切りを行う方が良いかもしれません。

機械的に利益確定を行いたいときに使う

IFD注文は、機械的に利益確定を行いたいときに使いましょう。先ほどと似たような内容になりますが、FX初心者である場合、利益が出ていると「もう少し利益を増やせるのではないか」という感情が湧き出てくる場合があります。

利益を増やすことができれば良いのですが、そこから相場が転換し、結果として損失を負ってしまう場合も多々あります。欲を出し過ぎたことで損失を負ったというのは、FX初心者あるあるとして取り上げられる場合が多いため、初めはIFD注文を活用して機械的に利益確定を行う方が良いかもしれません。

IFD注文を活用して勝率を上げる方法

IFD注文を活用して勝率を上げたい場合は、逆指値をIFD注文で入れ、利益確定は手動で行う注文方法がおすすめです。このような活用をすることで、損失は限定的になります。例えば、米ドル/円が100円のとき、「99円になった場合、1万通貨購入し、98円になった場合は決済する」というIFD注文を入れたとします。

fx_image

この場合、損失の上限額は1万円です。しかし、利益確定に関しては注文を入れていないため、手動で決済しない限り、利益を1万円、10万円と伸ばしていけます。つまり、損失は限定的ですが、利益は青天井というローリスク・ハイリターンなトレードが可能になります。これがFX初心者に、「逆指値をIFD注文で入れ、利益確定は手動で行う」というトレード方法がおすすめな理由です。

IFD注文とセットで出てくることが多いトラリピとは

IFD注文とセットで出てくることが多いトラリピについて説明していきます。

トラリピとは

トラリピとは、レンジ相場をターゲットとし、そのレンジ内で通貨の売買を自動的に行ってくれる取引ツールのことです。

トラリピのメリット

トラリピのメリットは、以下の4つです。

・チャートを読む必要がない
・365日24時間取引してくれる
・運用試算表というような便利なツールがある
・スマホのみで運用が可能

FX初心者が売買価格の予想をするのは、中々難しいものです。しかし、その予想をツールが行ってくれるため、「チャートを読む必要がない」というのは、最大のメリットと言えます。

トラリピのデメリット

トラリピのデメリットは以下2つです。

・手数料が高い
・逸失リスクや損失リスクがある

最近は、手数料が無料のトラリピが多く存在しています。そのため、デメリットは、実質「逸失リスク(利益を伸ばせないリスクのこと)と損失リスク」のみと言えるかと思います。

IFD注文を活用して実際にFX取引をやってみよう

今回は、IFD注文について説明してきました。IFD注文は、「相場に張り付く必要がない」「機械的なトレードが可能になる」というメリットがあります。しかし、相場の状況が変わったとしても、柔軟に対応してくれないため、細かい微調整やチェックは目視で行う必要があります。

基本的には、損失を限定して利益を伸ばしていく「買い指値注文×売り逆指値注文」の組み合わせがおすすめです。IFD注文を活用して、実際に損小利大を徹底しながらFX取引をやってみてはいかがでしょうか。