Trader FAQ

海外FXの本や参考書の選び方!勉強のために読んでおきたいジャンルや注意点とは

海外FXの知識を勉強するにあたって、学習本や参考書を読もうと考えている人は多いかと思います。今回は、良い本タメになる本の選び方や読んでおきたいジャンル、参考書を読む際の注意点などについて解説します。これから海外FXの勉強のために入門書を読もうと考えている海外FX初心者の方は、ぜひ参考にしてみてください。

海外FX本の選び方

海外FXを勉強するための本の選び方について紹介します。

自分の学びたいことに合わせて選ぶ

海外FXの本は、大きく以下5つの種類に分けられます。まずは、自分の学びたいことに合わせて選ぶようにしましょう。

・入門書
・テクニカル分析系の本
・ファンダメンタルズ分析系の本
・取引テクニックやノウハウなどの本
・メンタルや心理に関する本

自分のレベルに合わせて選ぶ

海外FXの本は、自分のレベルに合わせて選ぶようにしましょう。海外FX初心者が上級者向けの本を読んでも、専門用語や難しい表現が多く理解できないかと思います。そうなってしまうと、上達する速度が遅くなるので注意が必要です。最近は漫画で学べる本もあります。活字が苦手な人は、漫画で知識を学ぶのも良いでしょう。

海外FXの本を読むときの注意点

これからたくさんの海外FXに関する本を読んで勉強しようと思っている海外FX初心者の方もいるかと思います。しかし、それほどたくさん読む必要はありません。なぜなら、たくさんの本を読むと何を参考にして良いのか分からなくなる、といったことが起こる可能性があるからです。

海外FXならIS6FX

海外FXは、勝ち方が確立されている訳ではありません。人によって攻略方法や考え方が異なります。そのため、手法Aを推奨するFXトレーダーがいれば、手法Aを否定するFXトレーダーもいます。それは手法Aが悪いのではなく、各FXトレーダーの考え方が違うだけです。参考にする本は5冊以内にするといったように、本の数を絞ってみるのも良いかもしれません。

海外FX初心者におすすめ!読んでおきたい本のジャンル

海外FX初心者におすすめの読んでおきたい本のジャンルをご紹介します。

基礎知識が学べる本

1つ目は、「基礎知識が学べる本」です。海外FXとは何なのか、どうすれば取引できるのか、などを学びましょう。ある程度基礎的な部分が分かるのであれば、「Lotとは」や「レバレッジとは」などのFX関連の基礎用語を学んでいくことをおすすめします。

基本的な知識を疎かにすると、海外FXで勝っていくのが難しくなります。なぜなら、海外FXの機能を全て把握しないまま取引することになるからです。例えば、サッカーについて良く分かっていない人がプロサッカー選手を目指したいと言っても、よっぽどの才能がない限りほぼ不可能でしょう。海外FXも同じです。退屈かもしれませんが、まずは基礎をしっかり固める勉強をしていきましょう。

テクニカル分析に関する本

2つ目は、「テクニカル分析に関する本」です。テクニカル分析とは、チャートから未来の値動きを予想する相場の分析方法です。

スキャルピングやデイトレードなどの短期トレードをする人は、必須で覚えておきたい項目です。ファンダメンタルズ分析をメインにする人も、基本となるテクニカル分析は頭に入れておきましょう。

ファンダメンタルズ分析に関する本

3つ目は、「ファンダメンタルズ分析に関する本」です。ファンダメンタルズ分析とは、世の中の情勢や経済状況などから将来の値動きを予想する相場分析方法です。スイングトレードやポジショントレードなどの長期トレードをする人は、必ず覚えましょう。

テクニカル分析をメインにする人も、経済指標や要人発言など、基礎的な部分は覚えておいた方が良いと思います。

メンタルや考え方が学べる本

4つ目は、「メンタルや考え方が学べる本」です。どうしても「手法」に目を向けられがちですが、海外FXで勝っていきたいのであれば「メンタルや考え方」も大事になります。

例えば、「短期の利益は無視して長期の利益を取りにいく」という考え方があります。これは、「短期の結果に一喜一憂せず、1年トータルで勝っていればOK」という意味です。この考えがあるかないかで戦略やトレードに臨む姿勢は異なるでしょう。

海外FXならIS6FX

トレードスタイル別の戦略が書かれた本

5つ目は、「トレードスタイル別の戦略が書かれた本」です。海外FXでは、大きく「短期トレード」と「長期トレード」というトレード手法があります。さらに細かく分けると、スキャルピング・デイトレード・スイングトレード・ポジショントレードの4つに分けられます。

当然、どのトレードスタイルを採用するかで有効な戦略は変わってきます。そのため、トレードスタイルが決まっていない人は、まずはどのトレードスタイルで戦っていくのか決めましょう。

取引手法が書かれている本

6つ目は、「取引手法が書かれている本」です。取引手法は海外FXの「戦略」の部分に位置するので非常に大切です。手法なくして勝っていくことはできません。そのため、さまざまな本を読んでどのような手法があるのか学びましょう。

取引手法を学んだら、まずは自分に合いそうな「1つ」に絞ることをおすすめします。そうすればその手法を極められるからです。50点の手法を100個持つよりも、100点の手法を1つ持った方が勝率は高くなる傾向にあります。

失敗が書かれている本

7つ目は、「失敗が書かれている本」です。多くの人は「成功者の成功した部分」のみ取り入れようとします。

もちろんそれも大事です。しかし、「成功者の失敗した部分」も取り入れましょう。そうすれば、自分の失敗を減らせるからです。失敗する数が減れば、当然成功する確率の方が高くなります。

本を読んで海外FXを始める場合の注意点

本を読んで海外FXを始める場合の注意点を説明します。

本を読んだだけでは勝てるようにならない

まず、本を読んだだけでは勝てるようにならないので注意しましょう。本を読んで知識を蓄え、その知識を元に投資することで勝てるようになります。本を読むだけでは、ノウハウコレクターと変わりません。そのため、本を読んだらなるべく早く実践に移しましょう。

本を読めば簡単に稼げるわけではない

次に、本を読めば簡単に稼げるわけではないので注意しましょう。なぜなら、著者とあなたは全く同じではないからです。著者と同じ資産を持って同じ考えの元、投資すれば稼げるかもしれませんが、人間なのでどうしても異なる部分が出てきます。

そのため、本を読んで真似できる部分が無いか探しましょう。真似できる部分を見つけたら、自分なりに解釈して自分の中に取り込んでください。それを繰り返していくと、自分なりの成功法則が見つかるはずです。

FX情報を書籍から集める

一冊の本だけを信じ込まない

最後の注意点は、一冊の本だけを信じ込まないことです。多くの本を読むのも良くありませんが、参考にする本が少なすぎるのも良くありません。なぜなら、その情報はそのトレーダーだからこそ、できたのかもしれないからです。

つまり、再現性が低い可能性もあるということです。そのため、3冊は本を読みましょう。そうすると、違う本でも何かしら共通点があると思います。その共通点が本質である可能性が高いので、それを真似しましょう。

海外FXを始める際の注意点とは

これから海外FXを始めるFX初心者に伝えておきたい注意点を紹介します。

少額から始める

1つ目は、「少額から始める」ことです。これは大きな失敗を避けるために必要です。基本的に知識や経験が浅いうちは失敗することの方が多いでしょう。しかしそれは当たり前のことなので心配しないでください。大事なのは失敗から学ぶことです。

ただ、失敗のダメージが大きければ立ち直ることはできません。そのため、少額から始め、失敗したときのダメージを極限まで小さくすることが大切なのです。

大きく負けないことを意識してトレードする

2つ目は、「大きく負けないことを意識してトレードする」ことです。多くの人は「利益を出そう」と思ってトレードをしますが、それをすると高い確率で負けます。なぜなら、失敗したときのことを考えられていないケースがほとんどだからです。

そうなれば、失敗したときのダメージが大きく、一発退場もあり得ます。最初の1年は利益を出すことよりも「大きな損失を出さない」ことを意識してみるのはいかがでしょうか。

海外FXの本を読んで知識を蓄えよう

今回は、海外FXの本の選び方や読んでおきたいジャンル、そして本を読む際の注意点などについて説明しました。

海外FXの本は、ある程度有名なものを読んでおけば十分です。数十冊~数百冊読む必要はなく、5冊も読んでおけば問題ないでしょう。後は、たくさん経験を積むことが大切です。そのため、本を読んで知識を蓄えるだけでなく、実際に取引を行って実践していくようにしましょう。