初心者でも安心で解りやすい海外FX is6com

WebTrader
FAQ

【PC版】第 9 章 チャートを使ってみましょう。

[1]チャートについて

自分に合ったチャートを作成することによりMT4の基本操作をマスターし、
相場の流れを読めるようにします。

(1)デフォルトのチャート

(2)変更を加えたチャート

(3)上記の画像(1)と(2)で同じ通貨ペアのチャートでも表示時間、チャート足の変更し、インジケーターを加えることによって全く別のものの様に見えます。

このようにMT4は色や、画面のデザインなども自由に変えることが出来ます。
チャート基本操作は下記の流れとなっています。
・ 新規チャートの追加
・ ウィンドウの分割(チャートの整列)
・ チャートの銘柄変更
・ チャートの種類の変更
・ タイムフレーム(時間軸)の変更
・ チャートの拡大・縮小(ズーム機能)
となっています。

[2]新規チャートの追加

(1)メニューからファイル、新規チャートの順にマウスをクリックします。

(2)通貨ペアのポップアップが開きますので、表示させたい通貨ペアを表示します。

※今回はAUDCADを選択します。

(3)AUDUSDの 1時間チャートが追加されます。

[3]ウィンドウの分割(チャートの整列)

(1)メニューバーのウィンドウの上でマウスをクリックし、プルダウンメニューを開きます。

ウインドウの整列をクリックするとチャートが分割で整列されます。

(2)4つのチャートが分割して表示されました。

(3)チャートの種類変更

MT4 では「バーチャート」「ローソク足」「ラインチャート」の3種類のチャートがあります。

※左から「バーチャート」「ロウソク足」「ラインチャート」となっています。

(4)時間軸の変更

ツールバーの「H1」を押すと、1時間チャートに変更されます。
「1分、5分、15分、30分、1時間、4時間(H4)、日足(D1)、週足(W1)、月足(MN)」と
9つの時間軸に変更できます。

(5)チャートの拡大・縮小

虫眼鏡アイコンを使って、チャートの拡大・縮小が行えます。

※ローソク足を選んでいるのに、バーチャートの様に見えることがあります。
その場合は、ズームボタンで拡大することでローソク足の表示になります。