Trader FAQ

【PC版】第 4 章 MetaTrader4 の画面構成を確認しましょう。

MetaTrader4のインターフェイス紹介

MetaTrader4の基本的な画面構成を覚えて取引を円滑に行いましょう。

基本的な使い方

主に「気配値表示」、「ナビゲーター」、「チャート」、「ターミナル」の4種類のウィンドウを駆使して取引を行います。

MetaTrader4の画面説明

① メニューバー
MetaTrader4の全ての操作がこのメニューから呼び出せます。

② ツールバー
メニューの中から主要な機能を抜粋したものをアイコン表示しています。

③ 気配値表示ウィンドウ
取引通貨ペアの情報を表示します。IS6FXは常にスプレッドが変動します。

④ ナビゲーターウィンドウ
罫線分析ツールやExpertAdvisorを使う際に使用します。

⑤ データウィンドウ
選択したチャートの情報を確認できます。
※デフォルトは非表示です。

⑥ チャート画面
各通貨ペアの値動きをチャートで確認できます。
チャートはトレーダーの取引方法に合わせてカスマイズ出来ます。

⑦ ターミナルウィンドウ
「取引」、「口座履歴」、「アラーム設定」、「メールボックス」、
「操作履歴」などの情報を確認できます。

⑧ Strategy Tester
自動売買を行う前にExpertAdvisorの検証をおこなうことができます。
※デフォルトは非表示です。

また、各種ウィンドウは、表示・非表示の設定が自由に行えます。
設定方法はメニューバーの「表示」タブを開き、表示したいウィンドウにはチェックを入れ、非表示にしたいウィンドウはチェックを外します。