初心者でも安心で解りやすい海外FX is6com

WebTrader
FAQ

【PC版】第 10 章 インディケータとテンプレートを使ってみましょう。

[1]ここまでは基本的なチャート操作について説明してきました。

ここからはMT4に標準で搭載されている「罫線分析ツール」(以下インディケーター)という
テクニカルツールを説明していきます。
MT4は30の標準インディケーターと20のカスタムインディケータが使えます。
このインディケーターのカスタマイズで自分だけのオリジナルチャートを作れます。
今回は、ストキャスティクス(Stochastic Oscillator)と移動平均線(Moving Average)を
使って、インディケータの追加と削除を書いていきます。

(1)インディケーターの追加

ナビゲーターウインドウのインディケータの左側にある「+」ボタンを
クリックし展開します。

(2)展開された項目の中からオシレーターの左側にある「+」ボタンをクリックし更に展開し、その中から「「Stochastic Oscillator」を選び、マウスで選択し表示させるチャート上にドラッグします。

※アルファベット順に並んでいます

(3)オシレーター

(4)Stochastic Oscillator

(5)ドラッグした際、チャート上に、ポップアップウィンドウが開きます。
各パラメーターは初期設定値でOKを押しますが、このときパラメーターを
変えることによりオリジナルのセッティングが可能になります。

※今回は%K 期間:15 スローイング:5 %D 期間:5 で設定。

(6)ストキャスティクスがチャートの下段に表示されました。

※インディケータの中にはメインウィンドウとサブウィンドウで異なる表示されるものが
ありますが、基本的な操作方法やパラメーターの変更方法は同じになります。

(7)インディケータの削除

画面のチャート上でマウスの「右クリック」をすると、ポップアップが開きますので、
「表示中のインディケータ」を選択しクリックします。

※サブウインドウの項目をクリックしても同様の処理となります。

(8)ポップアップウィンドウが開削除するインディケータを選択し「削除」ボタンをクリックします。

※ポップアップ「サブウインドウを削除」をクリックしても同様の処理となります。
インディケータの基本操作は全て同じですので、いろいろとお試し下さい。

[2]テンプレート活用方法

オリジナルチャートを作ったあと、他の通貨ペアでも同様の形式を呼び起こしたい時は
このテンプレートを活用することで簡単に再現することができます。

(1)テンプレートの保存方法

まずツールバーメニューから「チャート」を選択します。プルダウンメニューが開きますので、
定型チャートをクリックします。メニューが開きますので定型として保存を選択しクリックします。

(2)名前をつけて保存のポップアップが開きますのでファイル名に任意の名前を入力し保存ボタンをクリックします。

(3)テンプレートを他のチャートに反映する

新規でチャートを開きまずツールバーメニューから「チャート」を選択します。
プルダウンメニューが開きますので、 定型チャートをクリックします。メニューが開きますので
定型として保存したファイルを選択しクリックします。

(4)テンプレートの適応

同様の順序で他のチャートにもテンプレートを適応させて行くことで
独自のチャートをトレードに使うことができます。