初心者でも安心で解りやすい海外FX is6com

WebTrader
FAQ

【PC版】第 11 章 自動売買ソフト(EA)について

目次

[1]自動売買とはパソコン上のプログラムで自動で売買を行うソフト、いわゆるEAをさします。

is6comでは、EAの使用には制限を設けておらずMT4で自動売買を使うことのメリットは、
昼夜問わずトレーダーがパソコンの画面を見れない時でも自動で注文を執行してくれることにあります。
相場が大きく動くことによって収益の機会を失ってしまう機会をMT4での自動売買をトレードの一部に
取り入れることにより、パソコンの前に張り付いていなくても、システムのプログラムに沿って自動売買してくれます。
プログラムによる自動売買をうまく活用することができればリスクを軽減し、収益を安定させることができます。
一方、自動売買にもデメリットが無いわけではありません。
相場は、常に「持合い」と「トレンド」を繰り返しています。
一般的に「持合い」が 70~80%、「トレンド」が 20~30%の割合といわれていますが、
自動売買はこのいずれかの場面を想定してプログラムされています。
よって、持合いに強いプログラムは、トレンド局面では当然損失を出してしまい、
逆にトレンドに強いプログラムは持合い局面では小さなロスを繰り返すかもしれません。

[2]MT4へEAのインストール

(1)EAはプログラムを使い誰でも作成することができますが、有料のEAを購入したり、無料で配布されているEAを最適化して取引を行うことが一般的です。

※EAファイルは拡張子が「.ex4」のファイルのみご利用いただけます。

(2)ファイルメニューをクリックし、「データフォルダを開く」をクリックします。

(3)フォルダが開いたらMQL4フォルダをダブルクリックします。

(4)続けてExpertsフォルダをダブルクリックし、用意したEAファイルをExpertsフォルダへ移動します。

移動後にMT4を再起動し、ナビゲーターウインドウのエキスパートアドバイザーに
インストールしたEAが表示されていれば、インストール完了です。

[3]EAのバックテスト

(1)表示メニューをクリックし、メニューが開かれたらストラテジーテスターを
クリックします。テスターウィンドウが表示されます。

(2)MT4に標準で搭載されているEA「MACD Sample」でバックテスト

バックテストとは、過去のチャートデータでEAを稼動させ自動売買のシミュレーションが
できる機能です。通常EAを実際の口座で運用する前には、必ずバックテストで成績や動作を確認してから運用を開始します。

①エキスパートアドバイザー
MACDサンプルを選びます。

②通貨ペア
USDJPY(ドル円)を選びます。

③モデル
全ティックを選びます。

④日付と時間を使用
前月1か月分のチャートデータでテストしてみましょう。

⑤ビジュアルモード
動作が重くなるのを防ぐために、チェックを外します。

⑥期間
ここでは1時間足(H1)を使用します。

⑦エキスパート設定
取引単位に応じ、「パラメータの入力」タブでLotsの設定を行います。

※「スタート」ボタンをクリックするとバックテストが始まります。プログレスバーの緑色のバーが右端まで到達したら終了です。

(3)バックテストの結果を確認

1)バックテストが終わったら、各グラフやレポートで結果を確認しましょう。
損益や取引回数はもちろん、ロット数の設定に誤りがないかなどを確認します。
2)結果確認(取引明細)

3)グラフ確認(残高推移)

4)レポート結果(損益や勝率)

[4]自動売買ボタンをオンにし、EAを稼働します。EAの稼働を止める場合には再度ボタンをクリックし、オフにすることで停止となります。

(1)自動売買OFF

この場合、EAの設定が完了していても取引は
開始されません。

(2)自動売買ON

OFFの時にクリックをするだけでオンとなり自動売買が
稼働します。OFFにするには再度クリックします。

(3)EAをチャートにドラッグ&ドロップ

EAを稼働させたい通貨ペア・時間足のチャートを表示し、ナビゲーターウインドウの
エキスパートアドバイザーから稼働させたいEAを選んで、チャート上にドラッグ&ドロップします。

[5]EAのパラメーターを設定する

(1)表示される小ウィンドウの「全般」タブをクリックすると、以下の画面が表示されます。

次の4箇所にチェックを入れて「OK」をクリックして下さい。

①アラームを有効化
②自動売買を許可する
③DLLの使用を許可する
④外部エキスパートの使用を許可する

[6]EAの正常稼働の確認について

EAの稼働状況は、EAを入れたチャートの右上で確認できます。
EAを稼働したい場合は、「自動売買」ボタンを有効にして下さい。

(1)EA有効時

(2)EA未稼働時

EAをご利用の場合には、弊社ではその動作状況、売買結果等に関する責任を負いかねます。
必ずお客様ご自身でご確認の上、お客様ご自身の責任において稼働いただきますようお願いいたします。