Trader FAQ

海外FXのRSIとは?使い方や見方などを徹底解説!

RSIは、FXのテクニカル指標の一つです。上手く使いこなすことができれば、レンジ相場で大きな利益を得られるかもしれません。今回は、RSIについて、使い方や見方から手法や注意点などを解説します。海外FX初心者の方はぜひ参考にしてみてください。

海外FXのRSIについて

まずは、RSIの基礎知識について解説します。

RSIとは

RSIとは、「Relative Strength Index」の略で、日本語では「相対力指数」と呼ばれています。簡単に説明すると、現時点でその通貨は買われ過ぎているのか、売られ過ぎているのか、通貨の売買比率を把握したいときに使うテクニカル指標です。RSIを使うことでエントリーのタイミングや決済のタイミングなどを予測することができます、

RSIの見方

RSIを使うと1本のチャートと0~100%の数値が表示されます。そして、チャートが70%の数値を上回った場合は「買われ過ぎ」、チャートが30%の数値を下回った場合は「売られ過ぎ」という見方をします。

海外FXならIS6FX

RSIと相性が良い相場

RSIと相性が良い相場は、「レンジ相場」です。レンジ相場とは、一定の価格内をチャートが上下する相場のことです。例えば、100円と99円のレンジ相場ができている場合、チャートは100円に近づくと下落し、99円に近づくと上昇していく傾向があります。

このとき、チャートが100円に近づくとRSIの数値も70%に近づき、99円に近づくとRSIの数値も30%に近づく傾向があります。そのため、チャートが70%付近に近づいたら「売りエントリー」、30%に近づいたら「買いエントリー」していくだけで利益が得られることも珍しくありません。

レンジ相場とRSIは、どちらも「一定のラインで反発しやすい」という特徴があります。この特徴が非常に似ているため、レンジ相場とRSIは相性が良いと言われています。

RSIの基礎となる使い方

ここでは、RSIの基礎となる使い方を説明します。

売買比率をチェックしたいときに使う

1つ目の使い方は、「売買比率をチェックしたいときに使う」ことです。復習になりますが、その通貨の売買比率はチャートが30%を下回ったら「売られ過ぎ」、70%を上回ったら「買われ過ぎ」を意味します。そのため、通貨の売買比率を把握したい場合は、RSIの数値を確認しましょう。

ダイバージェンスやリバーサルをチェックしたいときに使う

2つ目の使い方は、「ダイバージェンスやリバーサルをチェックしたいときに使う」ことです。ダイバージェンスやリバーサルとは、通貨ペアのチャートとオシレーター系のチャートが逆の動きをしている現象のことです。

ダイバージェンスやリバーサルは、「トレンドの終了」を意味すると言われています。そのため、決済のタイミングを計りたい場合や逆張りを仕掛けたい場合は、この使い方でタイミングを見極めましょう。

RSIのおすすめの設定期間とは

RSIのおすすめの設定期間は「14日間」です。なぜなら、多くのトレーダーが14日間の期間でRSIを使っているからです。FXで勝っていくためには「誰も見つけられないポイント」よりも「みんなが注目しているポイント」を見つける方が重要になります。

なぜなら、相場は、行動者が多い方に進んでいくからです。例えば、1人が買いエントリーしても、99人が売りエントリーすれば、相場は下落していきます。そのため、FXに慣れるまでは、基本的に「14日間」で設定しておくことをおすすめします。ちなみに、RSIの考案者J.ウェルズ・ワイルダー・ジュニア氏が推奨している期間も「14日間」です。

RSIを活用したFXの取引手法

ここでは、RSIを活用したFXの取引手法を説明します。

移動平均線と水平線を組み合わせた逆張り

1つ目は、「移動平均線と水平線を組み合わせた逆張り」手法です。今回は、1時間足を見て、移動平均線の数値は25・50・200EMA、売りエントリーを狙っていると仮定します。この場合、まずはチャートが移動平均線の25と50を下回るのを待ちましょう。

2つの数値をチャートが下回った場合、次はRSIでダイバージェンスの発生を待ちます。これらの条件をすべて満たしているだけでも根拠が強い売りエントリーができるのですが、根拠をもう少し強くしたいので、サポートラインに引いた水平線を確認しましょう。

チャートが水平線を下抜ければ、これは根拠がかなり強い売りエントリーポイントとなります。買いエントリーを狙う場合は、今回の逆を行ってください。

海外FXならIS6FX

ボリンジャーバンドを組み合わせた逆張り

2つ目は、「ボリンジャーバンドを組み合わせた逆張り」手法です。ボリンジャーバンドとは、現時点の相場が「上昇トレンドなのかレンジ相場なのか」が分かるテクニカル指標です。RSIはレンジ相場と相性が良いテクニカル指標なので、バンドが拡大している最中は取引を見送りましょう。

RSIのダイバージェンスやボリンジャーバンドのスクイーズなどが発生した場合は、チャンスです。RSIの数値が30%または70%を突き抜けたらエントリーしていきましょう。決済の第一目標は50%、第二目標は買いエントリーした場合は65%で売りエントリーした場合は35%です。

RSIがダイバージェンスやリバーサルと相性が良い理由

よく、RSIはダイバージェンスやリバーサルと組み合わせて使われます。これは、相場を見る目的が同じだからです。先ほど手法を紹介しましたが、どちらも「逆張り手法」でした。お気づきの方も多いかと思いますが、RSIは「逆張り」を行うときに使います。

逆張りで大切になってくるのは、相場の転換ポイントを見つけることです。そこで役に立つのが、トレンドの転換サインを示すダイバージェンスとリバーサルです。RSIの売買比率とダイバージェンス・リバーサルのトレンド転換サインを組み合わせることで、逆張りの根拠が2つになります。

このようなことから、RSIはダイバージェンスやリバーサルと相性が良いと言われているのです。

RSIを使う場合の注意点

ここでは、RSIを使う場合の注意点を説明します。

ダマシに注意する

RSIを使う場合、「ダマシに注意」しましょう。ダマシとは、その名の通り、チャートがトレーダーを騙す動きをすることです。例えば、一般的に30%を下回ったら、チャートは上昇する可能性が高いと言われています。

しかし、ダマシの場合、一瞬上昇するものの、すぐに下落してしまいます。ダマシを見極めるのは非常に難しいので、取引ロット数を少なくしたり即損切りを心がけたりと、「ダマシに遭った時の対処方法」に力を入れましょう。

大きなトレンドに注意する

RSIを使う場合、「大きなトレンドに注意」しましょう。大きなトレンドとは、1時間足や4時間足などの長時間足で発生しているトレンドのことです。基本的にトレンドの強さは、短時間足よりも長時間足の方が強くなります。

そのため、4時間足で下落トレンドが発生している場合、5分足はレンジ相場でも、急にチャートが下落していくこともあります。そのため、RSIを使う前に必ず長時間足を見て、大きなトレンドを確認しておきましょう。

トレンド発生時に注意する

RSIを使う場合、「トレンド発生時に注意」しましょう。RSIはレンジ相場でよく機能します。しかし、トレンド発生時は全く機能しないといっても過言ではありません。70%を超えてもチャートは上昇していきますし、30%を下回ってもチャートは下落していく場合があります。

トレンドの罠にハマってしまうと、損失が膨らんでいく一方です。そのため、現時点の相場はトレンド相場なのかレンジ相場なのか、しっかり見極めましょう。

海外FXならIS6FX

RSIの過信に注意する

RSIを使い場合、「RSIを過信しないように注意」しましょう。一般的にチャートは、RSIの数値が30%を下回ると上昇する傾向が、70%を上回ると下落する傾向があると言われています。この考えは間違っていません。

しかし、100%その通りにチャートが動くわけではないので注意しましょう。なぜなら、チャートはRSIに連動して動くわけではないからです。チャートは、世の中の景気・経済市場や投資家の心理などで動きます。そのため、RSIの情報は、信じるのではなく、参考にしましょう。

資金管理に注意する

RSIを使って取引する場合、「資金管理に注意」しましょう。先ほどと通じるところがありますが、RSIの情報は絶対ではありません。そのため、RSIを信じ込み、大きな金額でエントリーすると、大きな損失を負う恐れがあります。どんなに強い根拠があっても、100%予想通りに動くことはないので、資金管理は徹底しましょう。

RSI一つで全ての相場を攻略するのは不可能

「RSI一つで全ての相場を攻略するのは不可能」なので注意しましょう。RSIはレンジ相場と相性が良いテクニカル指標です。そのため、レンジ相場以外では信ぴょう性が薄くなります。相場は色々な情報が織り込まれて形成されているので、相場を攻略したい場合は、さまざまなテクニカル指標を組み合わせていきましょう。

RSIで売買比率を把握して逆張りを仕掛けていこう

今回は、FXのテクニカル指標「RSI」について説明してきました。RSIとは、通貨の売買比率を把握できるテクニカル指標です。RSIの数値が30%を下回ったら「売られ過ぎ」、70%を上回ったら「買われ過ぎ」と判断していきます。

この特性を利用して、逆張りを仕掛けていくこともできます。しかし、RSIだけだと根拠が弱いので、移動平均線やボリンジャーバンドなどと組み合わせて、根拠を強めていきましょう。また、RSIの情報は絶対ではありません。RSI一つで全ての相場を攻略していくこともできません。そのため、今回紹介した注意点もしっかり覚えて、RSIを上手く活用していきましょう。