Trader FAQ

FXで利益を上げるやり方9選!損失を出した場合の対処方法も紹介

FXは少額から取引できるため、比較的気軽に始められる投資です。せっかく投資を始めるのであれば、利益を上げていきたいと考える方が多いかと思いますが、利益を上げていく上で、逆に損失を出してしまう場合もあります。その場合は、どのように対処していけばいいのでしょうか。

今回は、FXで利益を上げるためのやり方、損失を出さないために行うことなどを解説していきます。何から始めれば良いのか迷われている初心者の方やFX投資をこれから始めようと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

FXで利益を上げるために押さえておくべき基礎知識

ここでは、FXで利益を上げるために抑えておくべき基礎知識について解説します。

海外FXならIS6FX

利益を得る難易度は資金量で変わる

基本的に、利益を得る難易度は資金量で変わります。例えば、10万円の利益を得ようとした場合、投資資金1万円の人と投資資金100万円の人とでは、後者の方が比較的簡単です。

なぜなら、投資資金1万円の人は利回り1,000%を出さなければいけませんが、投資資金100万円の人は利回り10%を出せばよいからです。そのため、利益を得る難易度を下げたいのであれば、投資資金を増やしましょう。

FXと株で稼ぎやすさは変わらない

稼ぎやすさについて、「FX」と「株」は比較されることがありますが、結論はどちらも変わりません。しかし、人によってやりやすさは異なります。それによって稼ぎやすさも人によって変わると考えられるので、FXと株どちらがやりやすいか確かめてみましょう。

ちなみに、投資に必要な資金は株の方が多いので、少ない資金で投資を行いたいと考えている人には、FXをおすすめします。

FXで安定して利益を上げるやり方9選

FXで安定して利益を上げるために行う9つのやるべきことや意識するべきことについて解説します。

証拠金を多く用意する

1つ目は、「証拠金を多く用意する」ことです。証拠金とは、FX取引をするために必要な資金のことです。証拠金によって取引可能なロット数やロスカット額などが決まります。当然、証拠金が多い方が投資では有利です。

例えば、証拠金10万円と証拠金100万円のトレーダーがロスカット率50%の取引所でトレードしていたと仮定します。この場合、証拠金10万円のトレーダーは5万円の損失が出た瞬間にロスカットされます。しかし、証拠金100万円のトレーダーは50万円の損失が出るまでロスカットされません。

つまり、証拠金が多いと、耐えられる損失額が大きくなるので、負けにくくなります。負けなければ、その分、勝てる可能性も高くなるので、証拠金が多い人はFXで勝ちやすくなります。

利益確定と損切りのポイントを明確にする

2つ目は、「利益確定と損切りのポイントを明確にする」ことです。特に損切りのポイントは必ず決めましょう。なぜなら、損切りのポイントを決めないと、再起不可能なほどの損失を負う恐れがあるからです。

FXでは、「勝つよりも負けない方が大事」と言われています。実際、プロトレーダーは、損切りが上手です。損切りのポイントは、pipsや損失額、チャートの状態や時間など、何でも構わないので自分なりの損切りポイントを定めてみましょう。

FXについて深く勉強する

3つ目は、「FXについて深く勉強する」ことです。FXは買ったり売ったりするだけの投資と非常にシンプルですが、極めようとするとかなり難しい投資です。しかし、極めるとプロトレーダーのように、大きな利益を得られる場合もあります。

そのためには、やはり勉強が必要です。近年では、書籍を買わなくてもネット検索やSNSなどから良質な情報を無料で得られる時代になりました。お金をかけずに勉強できる部分がたくさんありますので、まずはネットでの知識から少しずつ勉強していきましょう。ただし、全ての情報を鵜呑みにしてしまうと失敗してしまうこともありますので、色んな情報を得る中で取捨選択していくことが大切です。

長期で勝つことを考える

4つ目は、「長期で勝つことを考える」ことです。投資全般に言えることですが、短期で勝ち続けるのはほぼ不可能です。なぜなら、投資は「資金が多い人」か「長い時間かけて投資した人」が勝ちやすいと言われているからです。

大量の資金を用意するのはできないことの方が多いですが、長い時間かけるのは誰でもできます。そのため、短期で勝つのを目指すのではなく、長期で勝つのを目指すようにしましょう。

海外FXならIS6FX

根拠が強い箇所でしかエントリーしない

5つ目は、「根拠が強い箇所でしかエントリーしない」ことです。根拠が弱い、もしくは根拠のないところでのエントリーは、投資ではなくギャンブルです。ギャンブルで勝ち続けている人はかなり少数なので、ギャンブルとしてFXをしてしまうと安定して利益を出し続けるのは難しくなります。

今は利益が安定していなくても、将来安定した利益を上げられるように、しっかり根拠のあるエントリーを心がけてトレードしていきましょう。

損小利大のトレードを目指す

6つ目は、「損小利大のトレードを目指す」ことです。損小利大とは、「損失は小さく、利益は大きく」を目指すトレードスタイルです。

例えば、1万円の損失になったら損切り、2万円の利益になったら利益確定というルールを定めた場合、勝率40%以上で取引していけば、負けることはありません。そのため、損切りに力を入れて、なるべく損失は最小限に留められるよう努力していきましょう。

自信が持てる手法を身につける

7つ目は、「自信が持てる手法を身につける」ことです。FXには、数十種類の取引手法があります。プロトレーダーは、数十種類の手法を柔軟に使いこなしているから勝てていると考える人が多いですが、実はそうではありません。

プロトレーダーほど、使う取引手法を絞っています。実際、1~3種類の取引手法で億を稼いでいるトレーダーも存在します。そのため、多くの取引手法をマスターするのではなく、少なくても自信が持てる取引手法を身につけましょう。

スイングトレードを身につける

8つ目は、「スイングトレードを身につける」ことです。FXには、大きく「スキャルピング」・「デイトレード」・「スイングトレード」の3つのトレードスタイルがあります。3つの中で、最も安定した利益を狙えるのは、スイングトレードです。

スキャルピングやデイトレードで利益を得ているトレーダーもいますが、短期トレードになるほど運要素が強くなるので、安定した利益を狙うのであれば、短期トレードはおすすめしません。

トレンドに上手く乗る

9つ目は、「トレンドに上手く乗る」ことです。FXの基本はトレンドに乗ることです。そのため、基本を守っていれば、比較的簡単に安定した利益を得られます。そこまで難しい戦略を練る必要はないので、FX初心者はトレンドの波に乗れるよう戦略を練ってみると良いでしょう。

FXで損失を出してしまった場合の対処方法

ここでは、FXで損失を出してしまった場合の対処方法について解説します。

負けた原因を分析する

1つ目は、「負けた原因を分析する」ことです。何にでも当てはまることではありますが、負けた分析をしなければ、今後も同じような失敗を繰り返してしまいます。FXでも同じような失敗を繰り返していれば損失は減らないので、当然安定した利益は得られません。そのため、負けた場合には何故負けたのかを分析し、どのようにしたら負けないのか考えて次に生かしていくことが大切です

勝てた人の分析をする

2つ目は、「勝てた人の分析をする」ことです。先ほど負けた原因を分析することが大切と説明しましたが、初めは負けた原因が分からないことも多いかと思います。その場合は、勝てた人を分析することで、勝てた人と負けた自分の違いは何か考えましょう。

海外FXならIS6FX

取引ロット数やレバレッジを見直す

3つ目は、「取引ロット数やレバレッジを見直す」ことです。基本的に負けたらロット数やかけるレバレッジを低くしましょう。こうすることで、ロスカットの幅を一定に保ちながら取引していけます。負けたのにロット数やレバレッジを高くすると、ロスカット幅が狭まり、さらに負けやすくなるので注意してください。

戦略を見直す

4つ目は、「戦略を見直す」ことです。特に負けが続いた場合は、戦略が間違っている可能性が高いので、一度見直しましょう。場合によっては、一から練り直すことをおすすめします。相場は常に変わっていくので、戦略も常に変えていかなければいけません。戦略を変えていくのは悪いことではないので、柔軟に対応させていきましょう。

FXから少し離れる

5つ目は、「FXから少し離れる」ことです。負けが続くと、どうしてもイライラしてしまいます。イライラすること自体は悪くありません。しかし、イライラしたまま取引を続けると、冷戦な判断ができず、負けに負けを重ねる恐れがあるので注意しましょう。

FXでは、冷静な判断が求められます。そのため、負けが続いて冷静な判断ができないと感じた場合は、一度FXから離れて気持ちを落ち着かせることをおすすめします。

FXで安定した利益を上げていく際の注意点

FXで安定した利益を上げていく際の注意点について解説します。

情報を信じ込み過ぎない

ひとつの情報を信じ込み過ぎないように注意しましょう。ひとつの情報を信じ込み過ぎると、適切な判断ができなくなる場合があります。チャートはさまざまな情報が織り込まれて動いているので、多くの情報をフラットに取り入れましょう。

利益だけに捉われない

利益だけに捉われないように注意しましょう。例えば、現在の含み益が9万7,000円だった場合、キリよく10万円まで待とうと考える人が多いかと思います。しかし、10万円まで上がる根拠がなければ、それはギャンブルになってしまいます。

そうすると、いずれ思わぬ損失を負う可能性があります。安定して利益を上げていきたいのであれば、利益ではなくチャートの状況を重視して適切な判断をしましょう。

FXで利益を上げるためには日々の努力が重要

今回は、FXで利益を上げるためには何をすれば良いのかについて解説してきました。FXで利益を上げるためには、資金量を増やしたり勉強したりとさまざまな方法があります。一気に全て行う必要はないので、できることから少しずつ始めて行きましょう。

しかし、損失を出してしまう場合もあります。その場合は、失敗を分析したりFXから離れたりして対処することが大切です。失敗から学び、それを次に生かせれば、いずれ精度が高い取引ができるようになるでしょう。プロトレーダーも初めは初心者だったので、すぐに結果が出なくても諦めず、少しずつ努力していくことが大切です。