FXの一目均衡表とは?使い方や設定方法、分析方法を解説!

一目均衡表とは

FXで勝っていくために欠かせない「インジケーター」。RSIや移動平均線など、さまざまな種類があります。その中のひとつに「一目均衡表」というインジケーターがあるのはご存知でしょうか。

一目均衡表とは、相場の流れを把握できるインジケーターです。順張りする際や長期トレードする際などに役立ちます。しかし、「インジケーターとは何なのだろうか」と疑問を抱いている人もいるでしょう。そこで今回は、一目均衡表の概要から使い方までを具体的に説明します。設定方法や注意点なども説明するので、参考にしてください。

一目均衡表とは

一目均衡表

一目均衡表とは、1936年に都新聞の商況部部長を務めていた細田悟一氏(ペンネーム:一目仙人)が開発したトレンド系のインジケーターです。約2,000人の仲間と相場を研究し、7年かけて生み出したと言われています。一目均衡表の特徴は、時間に重きをおいて相場分析をすることです。「いくらになるのか」を分析するテクニカル指標が多い中、一目均衡表では「いつ」を分析します。

一目均衡表には、「売り手と買い手の均衡が崩れた場合、相場が大きく動く」という概念があります。そのため、均衡が保たれている間は「レンジ相場が発生している」、均衡が崩れて方向が生まれた場合は「トレンド相場が発生している」と判断しましょう。

一目均衡表を構成する5つの線と雲の見方

一目均衡表は、以下5つの線と1つの雲で構成されています。

・基準線
・転換線
・先行スパン1
・先行スパン2
・遅行線(遅行スパン)
・雲(抵抗帯)

指標が多くて複雑に感じるかもしれませんが、使い方は非常にシンプルですので安心してください。ひとつひとつの意味・見方を理解して、トレードに役立てましょう。

1.基準線

基準線

基準線とは、過去26日間の最高値と最安値の平均を一本の線で結んだものです。5つの線の中で基準となる線でもあります。中長期の相場のトレンド(流れ)を把握したい場合に役立ちます。26日間という期間は一目均衡表の基本数値です。そのため、特別な事情・戦略がない限り、原則固定が一般的です。基準線は以下の計算式で求められます。

基準線 = ( 過去26日間の最高値 + 最安値 ) ÷ 2

例えば、過去26日間の最高値が105円、最安値が100円だったとしましょう。この場合、以下の計算式が成り立ちます。

( 105円 + 101円 ) ÷ 2 = 103円

今回の例だと、103円が基準線です。トレンドは、基準線の向きで判断できます。

2.転換線

転換線

転換線とは、過去9日間の最高値と最安値の平均を結んだ線のことです。短期のトレンドを把握したい場合に役立ちます。9日間という期間は、基準線と同じく一目均衡表の基本数値です。こちらも、特別な理由がない限り、変えないようにしましょう。転換線は以下の計算式で求められます。

転換線 = ( 過去9日間の最高値 + 最安値 ) ÷ 2

転換線と基準線がクロスしたタイミングがトレンドの転換サインです。転換線が基準線を上に抜けた場合は「上昇トレンドへ転換する可能性が高い」、下に抜けた場合は「下落トレンドへ転換する可能性が高い」と判断しましょう。ちなみに、トレンドのみならず、具体的なエントリータイミングを予測する際にも役立ちます。

3.先行スパン1

先行スパン1

先行スパン1とは、基準線と転換線の平均値を26日間移動(先行)させた線です。短期トレンドと中期トレンドの両方を把握したい場合に役立ちます。先行スパン1の求め方は以下の通りです。

先行スパン1 = ( 転換線 + 基準線 ) ÷ 2

例えば、過去26日間の最高値を110円、最安値を104円だとしましょう。過去9日間の最高値は109円、最安値は106円だと仮定します。この場合、以下の手順で先行スパンを求めます。

1.( 110円 + 104円 ) ÷ 2 = 107円 ( 基準線 )
2.( 109円 + 106円 ) ÷ 2 = 107.5円 ( 転換線 )
3.( 107.5円 + 107円 ) ÷ 2 = 107.25円

今回の例だと、107.25円が先行スパン1です。

4.先行スパン2

先行スパン2

先行スパン2とは、過去52日間の最高値と最安値の平均値を26日移動(先行)させた線です。先ほど説明した、先行スパン1と組み合わせて使うのが一般的です。先行スパン1は短期・中期トレンドを把握したい場合に役立ちますが、先行スパン2は長期トレンドを把握したい場合に役立ちます。そのため、先行スパン1に比べて緩やかな動きをする傾向があります。求め方は以下の通りです。

先行スパン2 = ( 過去52日間の最高値 + 最安値 ) ÷ 2

先行スパン1と先行スパン2を組み合わせて使うと、2つの線に囲まれた部分ができます。この部分を、「雲」と言います。後ほど説明しますが、雲は一目均衡表を使いこなす上で欠かせない存在です。

5.遅行線(遅行スパン)

遅行線(遅行スパン)

遅行線とは、現在と過去の相場の動きを比較する際に使う線です。遅行スパンとも言われていますが、言葉の意味は全く同じです。先行スパン1と先行スパン2では線を26日後に進めて表示させていましたが、遅行線では当日の終値を26日前に遅らせて表示させます。間違いやすい箇所なので注意してください。

使い方は、過去のローソク足と遅行線を比較するだけです。遅行線が過去のローソク足よりも上にあれば「トレンドが継続している」、下にあれば「トレンドが転換する可能性が高い」と判断しましょう。遅行線は、終値のみを表示した非常にシンプルな線です。そのため、当時売買していた人の26日後の損益状態も確認できます。

6.雲(抵抗帯)

雲(抵抗帯)

雲とは、先行スパン1と先行スパン2に囲まれた部分のことです。抵抗帯と言われることもありますが、言葉の意味は全く同じです。基本的にどちらで読んでも問題ありませんが、一般的には「雲」と言われています。一目均衡表で生まれる雲は、未来の値動きを予測する際に役立ちます。雲の厚さやローソク足の位置関係からチャートを分析できるからです。

雲の厚さとは、雲の大きさ・広さのことです。雲の面積が多ければ「雲が厚い」と表します。雲は使い方が少し難しいシグナルです。FX初心者がいきなり理解するのは難しいでしょう。そのため、まずは5つの線でチャートを分析することをおすすめします。慣れてきたら雲も組み合わせてみましょう。

一目均衡表の基本的な3つの分析方法

一目均衡表を構成する5つの線とひとつの雲を理解しましたら、次はその使い方を覚えましょう。先ほど説明した通り、シグナルは多いですが使い方は非常にシンプルなので安心してください。しかし、どれから使えばよいのか分からない人もいるでしょう。その場合は、「基準線と転換線の交差」から使ってみましょう。

1.基準線と転換線の交差

基準線と転換線の交差

基準線と転換線を組み合わせると、売買のタイミングを把握できます。判断基準は以下の通りです。

買いシグナル:転換線が基準線を上に抜けたとき
売りシグナル:転換線が基準線を下に抜けたとき

この判断基準は、移動平均線のゴールデンクロス・デッドクロスの考え方を使っています。

ゴールデンクロス:長期移動平均線を短期移動平均線が下から上に突き抜けること
デッドクロス:長期移動平均線を短期移動平均線が上から下に割り込むこと

一目均衡表で使われる基準線は、中期・長期トレンドを示す線です。そのため、基準線は長期移動平均線の役割を果たします。一方で短期トレンドを示す転換線は、短期移動平均線の役割を果たしています。決済は逆のシグナルで行いましょう。例えば、買いでエントリーした場合は、売りシグナルが出たタイミングで決済します。

2.雲とローソク足の位置関係

雲とローソク足の位置関係

雲とローソク足を使う場合は、各シグナルの位置を確認しましょう。現在のローソク足が雲を上に抜けている場合は「上昇トレンドが発生している」、下に抜けている場合は「下落トレンドが発生している」と判断します。一目均衡表を構成している5つの線をすべて見なくても、雲とローソク足を使えば簡単にトレンドを把握できます。「現在発生しているトレンドに乗る」のが、FX戦略のセオリーなのでぜひ注目してみてください。

具体的なエントリータイミングは「突き抜け方」で判断できます。ローソク足が雲を上に抜けたら「買いのサイン」、雲を下に抜けたら「売りサイン」です。また、「雲の厚み」にも注目しましょう。雲が厚いと相場の反転が難しくなります。ローソク足が中々抜け出せないからです。この特性を活かして押し目買い・戻り売りを用いることもできます。

3.遅行スパンとローソク足の位置関係

遅行スパンとローソク足の位置関係

遅行スパンを用いた分析方法も先行スパンと同じく、「ローソク足との位置関係」が重要です。遅行スパンがローソク足よりも上にあれば「上昇トレンド」、下にあれば「下落トレンド」と判断しましょう。売買シグナルは、ゴールデンクロス・デッドクロスの考え方を使います。遅行スパンがローソク足を上に抜けた場合は「買いサイン」、下に抜けた場合は「売りサイン」と判断しましょう。

決済の判断は逆のサインで行いましょう。ゴールデンクロスでエントリーした場合、決済はデッドクロスが発生したタイミングで行います。ただ、遅行スパンは基本的に「過去と現在の相場の動きを比較するために使う線」です。遅行スパンだけで取引するのは不安が残ります。この分析方法を活用する場合は、必ず他のインジケーターと組み合わせて使いましょう。

一目均衡表の分析方法【応用編】

先ほどは、一目均衡表を使った基本的な分析方法を紹介しました。それとは別に、少し難易度は上がりますが応用した使い方もあります。応用編の方が精度は高い傾向にあるので、可能ならばこちらを使いましょう。それでは、一目均衡表の応用編として三役好転と三役逆転を使った相場の分析方法を紹介します。

1.三役好転を使った分析方法

三役好転を使った分析方法

三役好転とは、3つの買いシグナルが揃っている相場のことです。具体的な条件は以下にまとめました。

・ゴールデンクロス(基準線を転換線が上に抜いている状態)が発生している
・雲をローソク足が上に抜いている
・ローソク足を遅行スパンが上に抜いている

これらの条件は単体でも成立する買いシグナルです。それが3つ揃っている状態なので、非常に強力な買いシグナルと判断できます。また、今後は強気なトレンドが続くとも予想されます。そのため、三役好転が現れたら買いエントリーを検討しましょう。しかし、三役好転を狙った騙しが発生する場合があります。強い根拠だからと過信せず、リスク管理や資金管理は今まで通り徹底しましょう。

2.三役逆転を使った分析方法

三役逆転を使った分析方法

三役逆転とは、3つの売りシグナルが揃った状態のことです。必要な条件は以下の通りです。

・デッドクロス(基準線を転換線が下に割り込んでいる状態)が発生している
・雲をローソク足が下に抜いている
・ローソク足を遅行スパンが下に抜いている

これらは、三役好転と全く逆の条件です。そのため、どちらか一方の条件を覚えていれば片方も覚えやすいでしょう。三役好転と同様に、上記の条件はひとつでも成立する売りシグナルです。そのシグナルが3つ同時に発生しているため、より強力な売りシグナルが発生していると判断できます。また、今後はさらに強気な下落トレンドが始まるとも予想できます。決済のタイミングは、どれかのシグナルが成立しなくなったときです。

一目均衡表を構成する3つの理論で分析する

一目均衡表は、主に5つの線とひとつの雲で構成されています。しかし、他にも重要なポイントがあります。それが、以下3つの理論です。

・時間論
・波動論
・水準論

これらの理論も活用すれば、さらに精度の高い相場分析ができるようになるでしょう。それでは、それぞれの意味と活用方法について説明します。

1.時間論

時間論とは、時間について説明した理論です。“時間によって相場の転換点が異なる”というのが主な内容です。「9・17・26」が一目均衡表の基本数値で、その期間で相場が転換しやすいとされています。これらの数値は、基準線や転換線の基本数値でもあります。そのため、かなり重要視されている数値と判断できるでしょう。

また、「33・42・65・76」という数値もあります。これらは基本数値を加減して組み合わせた複合数値です。時間論では、特定のポイントからこれらの日数が経過したタイミングで、相場に何らかの変化が起こるだろうという考え方をします。

2.波動論

波動論

波動論とは、波動の形状で相場の方向性を分析していく理論です。波動の形は3つあります。

・I波動:上昇のみ、または下落のみの波形
・V波動:上昇→下落、または下落→上昇の波形
・N波動:上昇→下落→上昇、または下落→上昇→下落の波形

FXの相場では、I波動とV波動が繰り返し発生し、最終的にN波動が発生します。最も基本的な波動の形はN波動です。そのため、相場を分析する際は、N波動に注目しましょう。ちなみに、N波動が形成されるまでに現れる波動を「中間波動」と言います。中間波動は、S波動・P波動・Y波動の3つです。

3.水準論

水準論

水準論とは、直近のチャートから次に形成される上値や下値を予測する理論です。価格がどのくらい上昇するのか、どのくらい下落するのかなどを予測できます。水準論の代表的な種類は4つあります。

・V計算値:直近の高値から直近の安値へ下落した分の倍、安値から上昇する
・N計算値:スタート地点から直近の高値まで上昇した分、直近の安値から上昇する
・E計算値:スタート地点から直近の高値(A)まで上昇した分をAに乗せた価格まで、直近の安値から上昇する
・NT計算値:スタート地点と直近の安値の差分だけ、安値から上昇する

一目均衡表を使う時の注意点

雲のねじれをチェックする、日足を使うのが基本、などが注意点です。“他のテクニカル分析と組み合わせて使う“という注意点も頭に入れておきましょう。なぜなら、複数のエントリー・決済根拠があった方が勝率は高くなる傾向があるからです。それでは、一目均衡表を使う際の注意点の詳細を説明します。

1.雲のねじれ

一目均衡表を使う場合は、「雲のねじれ」に注意しましょう。例えば、現在上昇トレンドの雲が発生しているとします。相場の勢いが弱くなると、雲の厚さは薄くなってきます。そうすると、雲が一時的になくなるポイントが生まれます。この部分を雲のねじれと言います。

雲のねじれができている際は、「現在レンジ相場が発生している」と判断しましょう。レンジ相場とは、相場がほぼ真横に動いている相場のことです。動きがないので、大きな利益が狙えません。レンジ相場では一目均衡表が機能しないので注意してください。

2.基本的には日足を使う

5分足や週足など、FXにはさまざまな時間足があります。相場の流れを把握するときは「長時間足」を、具体的なエントリーポイントを探すときは「短時間足」を使う人が多いでしょう。一目均衡表を活用するのであれば、なるべく「日足」を使いましょう。日足とは、1日の始値・終値・高値・安値を1本の棒で表したチャートです。

日足を使うべき理由は、一目均衡表の基本数値がすべて日足を基準に算出されているからです。そのため、日足を使えばより正確に相場を分析できます。勝率アップも期待できるので一石二鳥です。

3.他のテクニカル分析を組み合わせて使う

一目均衡表は、非常に優秀なインジケーターです。一目均衡表だけでも、取引の判断を下すのには十分な根拠になります。しかし、完璧なインジケーターではありません。一目均衡表だけではカバーできない盲点もいくつか存在します。それを補うためには、他のテクニカル分析を使う必要があります。

複数のテクニカル分析手法を組み合わせて使えば、より正確かつ確実性の高い取引判断ができるようになるでしょう。取引根拠も1つより2つあった方が信頼性は高まります。根拠が多くなれば、失敗するリスクも減るのでよいこと尽くしです。

一目均衡表と相性のよいテクニカル分析

「一目均衡表と何を組み合わせればよいのか」は、トレーダーによって異なります。戦略や考え方がひとりひとり異なるからです。しかし、一般的に「ボリンジャーバンド・MACD・RSI」が使われる傾向にあります。そのため、迷っている場合は、今回紹介する3つの中のどれかを選んでみましょう。

1.ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドとは、アメリカの財務アナリストである「ジョン・ボリンジャー氏」が考案したテクニカル分析です。ボリンジャーバンドは、トレンドの強弱を分析する際に使用します。例えば、ボリンジャーバンドの標準偏差が大きくなっていれば、その方向への値動きが強いと判断できます。視覚的にトレンドの強弱を判断できるのがボリンジャーバンドの特徴です。

ボリンジャーバンドと一目均衡表を組み合わせれば、「相場の流れ」を判断できます。例えば、一目均衡表とボリンジャーバンドを同時に表示すると線がたくさんあり、見づらくなる場合があります。見づらい場合は大抵「レンジ相場」が発生しています。一方でトレンドが発生していると、線が広がるので見えやすくなります。線が見えやすい場合は「トレンド相場」、見えづらい場合は「レンジ相場」と判断しましょう。

ボリンジャーバンドについて詳しくはこちらをご参考ください。
>海外FXのボリンジャーバンドとは?おすすめ分析手法や設定値などについて解説します

2.MACD

MACD

MACDとは、短期移動平均線と中長期移動平均線を使って、買いと売りの判断をするインジケーターです。MACDで使う移動平均線は通常の移動平均線と異なります。新しいレートの方が影響力は高いという考え方で使われるので、新規レートの方に比重を置いて計算されています。一目均衡表とMACDでは、「相場の流れ」と「エントリーポイント」の2つが分かります。

まず、相場の流れの把握方法から説明します。一目均衡表の買いシグナルが出ていて、MACDの移動平均線がMACD線よりも上にあれば、「上昇トレンド」と判断して問題ないでしょう。具体的なエントリーポイントは、MACDのゴールデンクロス・デッドクロスを活用してください。例えば、MACD線が移動平均線を上に抜けたとしましょう。この場合は、「買いでエントリーした方がよい」と判断できます。

MACDについて詳しくはこちらをご参考ください。
>MACDの使い方!相性が良いテクニカル指標を海外FX初心者向けに紹介

3.RSI

RSI

RSIとは、相対力指数と呼ばれるオシレーター系の指標です。値幅に占める値上がり、または値下がりの幅の割合を示してくれます。RSIの数値が上昇した場合は「通貨が買われ過ぎている」、下落した場合は「通貨が売られ過ぎている」と判断しましょう。買われ過ぎ・売られ過ぎの具体的な基準は以下の通りです。

買われ過ぎ:RSIの数値が70〜80%まで上昇した場合
売られ過ぎ:RSIの数値が20〜30%まで下落した場合

RSIを組み合わせると、一目均衡表が苦手としている「レンジ相場」でも取引ができます。トレンド相場とレンジ相場の両方で利益が狙えるので、上手く立ち回れば普段より多くの利益を得られるでしょう。しかし、一目均衡表はトレンド相場で力を発揮するインジケーターです。FX初心者は無理せず、三役好転・三役逆転での順張りをおすすめします。

RSIについて詳しくはこちらをご参考ください。
>海外FXのRSIとは?使い方や見方などを徹底解説!

一目均衡表の設定方法

これから、FX取引で実際に一目均衡表を使ってみようとしている人もいるでしょう。しかし、設定を間違えると正常に機能しない場合があるので注意してください。数値を変更してはいけない箇所もあるので気をつけましょう。ここでは、これから一目均衡表を使う人に向けて、おすすめの設定方法を紹介します。

基本の設定方法

最も利用者が多いプラットフォーム「MT4」での基本設定を紹介します。

1.MT4を起動させて、チャート画面を表示する

MT4のチャート画面

2.メニュータブにカーソルを合わせ、「挿入」をクリックする

MT4の挿入メニュー

3.複数出てきたメニューの中から、「インディケータ」をクリックする

MT4のインディケータ

4.「トレンド」を選択し、「Ichimoku Kinko Hyo」をクリックする

MT4のIchimoku Kinko Hyoを表示

5.パラメーターを設定し、問題なければ「OK」をクリックする

MT4のパラメーターを設定

6.MT4のチャート画面に一目均衡表が表示されれば、設定完了

5番まで進むと、「転換線・基準線・先行スパン」の数値を設定する画面が表示されます。これは、「何日分のデータを元に特定の線を形成するか」の数値です。

配色のカスタマイズ方法

一目均衡表の線や雲の配色・太さは以下のステップで変更できます。

1.MT4のチャート画面上で右クリックをする

MT4のチャート画面

2.表示されたメニューの中から「表示中のインディケータ」をクリックする

MT4の表示中のインディケータ

3.「Ichimoku Kinko Hyo」をクリックする

MT4のIchimoku Kinko Hyo

4.画面の右側にある「編集」をクリックする

MT4のインディケータの編集

5.表示されたメニューの中から「色の設定」をクリックする

MT4のインディケータの色設定

6.線や雲の色・太さを希望の条件に設定し、問題なければ「OK」をクリックする

デフォルトの数値を変更する必要はない

一目均衡表の基本設定をする場合、「転換線・基準線・先行スパン」の数値を設定する画面が表示されます。

変更の必要がない箇所

この数値は、特別な理由がない限り変えないようにしましょう。デフォルトが最も機能しやすい数値だからです。数値が記載されていない場合は、以下のように基本の数値を入力してください。

・転換線:9日間
・基準線:26日間
・先行スパン:52日間

合わない場合は、少しずつ数値を変えていくことをおすすめします。

まとめ

今回は、FXで使う「一目均衡表」について説明しました。一目均衡表の特徴は、時間に重きを置くことです。そのため、相場の流れ(トレンド)を把握したい場合に役立ちます。現在はトレンド相場なのかレンジ相場なのか、視覚的に判断できるのでFX初心者でも使いやすいでしょう。

しかし、完璧なインジケーターではなく、いくつか欠点があるのも事実です。補うために、他のインジケーターと組み合わせて使いましょう。おすすめはボリンジャーバンド・MACD・RSIです。これから使ってみる方はぜひ参考にしてみてください。