Trader FAQ

海外FXのゼロカットシステムとは?導入理由やロスカットとの違いについて

FX取引を行う際、市場の急激な変化によって大きな損失が出る場合があります。しかし、海外FXで採用されている「ゼロカットシステム」があれば、自己資金以上の損失が出ても、FX会社がマイナス分を負担するためトレーダーは借金を負いません。海外FXで取引を行う場合は、ゼロカットシステムを導入しているFX業者をおすすめします。

ではなぜ、FX会社が損失を負担するような仕組みをわざわざ導入しているのでしょうか。ゼロカットシステムの基礎知識からメリット・デメリット、ロスカットや追加証拠金制度との違い、そしてゼロカットシステムを導入している理由などをまとめて解説します。

ゼロカットシステムの基礎知識

ゼロカットシステムの基礎知識

ここでは、ゼロカットシステムの概要を具体的に説明していきます。

ゼロカットシステムとは

ゼロカットシステムとは、強制ロスカットが間に合わず、口座残高がマイナスになってしまった場合に、そのマイナス分をFX会社が負担してくれるシステムです。強制ロスカットとは、証拠金維持率が一定割合を下回ると、強制的にポジションを決済する機能です。

例えば、口座残高に10万円しかなかったのにも関わらず、FX取引で50万円の損失を出してしまったとしましょう。通常であれば、マイナス分の40万円は損失を出したトレーダーが支払わなければいけません。

しかし、ゼロカットシステムが導入されている海外FX業者を利用する場合は、この40万円をトレーダーではなく海外FX会社側が負担してくれます。そのため、トレーダーは借金のリスクを負わずにFX取引を行うことができます。

ゼロカットシステムの仕組み

ゼロカットシステムは、基本的にはトレーダーからの注文をすぐにインターバンク(銀行や証券会社も参加するオンライン市場のこと)へ流すのではなく、一旦自社のディーリングデスクで処理する仕組みとなっています。

これにより、トレーダーが口座資金以上の損失を出してしまったとしても、自社内で迅速に処理することができます。仮に、トレーダーからの注文をすぐにインターバンクへ流してしまうと、FX会社が損失を負わなければいけないため、ゼロカットシステムを執行するというのは難しくなります。

ゼロカットシステムのタイミングと流れとは

ゼロカットシステムが適用されるタイミング

ゼロカットシステムは、基本的に「口座残高以上の損失が出た場合」に適用されます。例えば、口座残高が10万円しかないのにも関わらず、15万円の損失が発生し、5万円分のマイナスが出たという場合に、ゼロカットシステムが適用されます。

ゼロカットシステムが適用される流れ

ゼロカットシステムは、口座残高がマイナスになった場合にすぐ適用される訳ではありません。基本的には、以下の順序で適用されます。

1.口座残高以上の損失を出す
2.損失分をボーナス分と相殺する
3.ボーナス分と相殺し、それでも口座残高がマイナスである場合に限り、ゼロカットシステムが適用される

ボーナスを持っている場合は、先にボーナス分と相殺されることを覚えておきましょう。

ロスカットや追加証拠金制度との違いとは

ゼロカットシステムと似たFX用語に「ロスカット」があります。証拠金の追加を求められる「追加証拠金制度」と合わせて、ゼロカットシステムとの違いを解説します。

ロスカットとの違い

先ほど、強制ロスカットの話で少し説明しましたが、「ロスカット」とは、損失額が一定額(FX会社によって異なる)に達した場合、それ以上損失を広げないために、FX会社が強制的にポジションを決済するシステムのことです。つまり、大きな損失からトレーダーを守ってくれる救済システムのことです。

ロスカットとゼロカットシステムの違いは、システムが執行されるタイミングにあります。ロスカットは、基本的に口座残高がマイナスになる前に執行されますが、ゼロカットシステム口座残高がマイナスになった後に執行されることを覚えておきましょう。

追加証拠金制度との違い

追加証拠金制度とは、その名の通り、不足した証拠金を追加しなければいけない制度のことです。FX会社によって異なりますが、基本的には証拠金維持率が100%を下回ると証拠金の追加を求められます。

追加証拠金制度とゼロカットシステムは、役割が異なります。追加証拠金制度は、追加で証拠金を求められるのに対して、ゼロカットシステムは、その追加証拠金制度を発動させないためのシステムになります。

ゼロカットシステムのメリット

ゼロカットシステムのメリットデメリット

ゼロカットシステムのメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。

多額の借金を負うことがない

1つ目のメリットは、「多額の借金を負う必要がない」ことです。何度も説明しましたが、口座残高以上の損失を負ったとしても、海外FX会社側がマイナス分を負担するので、例え口座残高がマイナス100万円、マイナス1000万円になったとしても、その金額を請求されることはありません。

大きな利益を狙うことができる

2つ目のメリットは、「大きな利益を狙うことができる」ことです。ゼロカットシステムが導入されている場合、口座資金以上の損失を負うことはありません。つまり、損失が限定されているのです。

例えば、口座に1万円しか入っていない場合は、いくらマイナスになったとしても1万円の損失しか負いません。このように、損失が限定されているため、損失を恐れない強気のトレードができるようになります。実際、ゼロカットシステムを活用し、数万円の資金で数十万円~数百万円の利益を得たトレーダーも存在します。

ゼロカットシステムのデメリット

メリットがあればデメリットもあるはずなのですが、ゼロカットシステムのデメリットはありません。ゼロカットシステムは、トレーダーに安心して取引してもらうための仕組みなので、トレーダーが不利益を被るようなことはありません。

ゼロカットシステムの注意点

ゼロカットシステムの注意点は、以下の3つです。

・悪用すると口座が凍結する場合がある
・資金を引き出せないリスクがある
・有効証拠金がプラスである場合、口座残高はマイナスのまま

ゼロカットシステムを導入している海外FX業者は、基本的にリスク管理を徹底しています。しかし、過去にはリーマンショックでFX会社の負担額が内部留保を上回り、数多くのFX会社が破綻したという例もあります。

そのようになってしまうと、資金を引き出せなくなってしまう場合もあります。そのため、「破綻リスクがある」ということは、覚えておきましょう。

ゼロカットシステムは海外FX業者のみ導入している

海外FX業者の特徴ゼロカットシステム

ゼロカットシステムは、FX取引での借金リスクがないため、トレーダーにとって非常に心強いシステムです。しかし、このゼロカットシステムは、海外FX業者のみに導入されている仕組みです。そのため、国内FXで口座残高以上の損失を出してしまうと、追加証拠金制度により、マイナス分の金額を請求されてしまうので注意が必要です。

海外FX業者は、なぜゼロカットシステムを導入しているのか

海外FX会社にとっては、デメリットの方が大きいように思えるゼロカットシステムですが、なぜ導入されているのでしょうか。ここでは、その理由を解説します。

スプレッドで収益を得ているため

ゼロカットシステム導入している1つ目の理由は、「スプレッドで収益を得ているため」です。スプレッドとは、買値と売値の差のこと。トレーダーが購入する通貨数が多ければ多いほど、スプレッドでの収益が高額になっていきます。

つまり、海外FX業者が多くの収益を得るためには、通貨を大量に購入してもらう必要があります。しかし、借金リスクがあるとなると、トレーダーは心配になり、通貨を大量には購入してくれなくなるでしょう。なぜなら、通貨を大量に購入すると、大きな損失を負う可能性があるからです。海外FX業者は、トレーダーが借金を恐れることなく、よりアグレッシブな取引をしてもらうために、ゼロカットシステムを導入しています。

ビジネス的メリットが大きいため

ゼロカットシステム導入している2つ目の理由は、「ビジネス的メリットが大きいため」です。例えば、「借金をする可能性はありますが、FXやってみませんか」という業者と「借金するリスクはありません、FXやってみませんか」という業者がいた場合、後者の方がトレーダーは集まりやすいと考えられます。

つまり、トレーダーを増やすことで、取引回数が増え、FX会社は大きなスプレッド収益を得ることができるのです。

リスク管理を徹底しているため

ゼロカットシステム導入している3つ目の理由は、「リスク管理を徹底しているため」です。海外FX業者も資金を無限に保有しているわけではないため、ゼロカットシステムばかり執行していると、いずれ破綻してしまいます。

そのような事態に陥らないように、海外FX業者はリスク管理をかなり徹底しています。例えば、ロスカット水準を少し高くしたり、スプレッドの幅を少し広くしたりしています。このように、海外FX業者はリスク管理を徹底し、トレーダーが安心して取引できる環境を整えています。

なぜ国内FX業者はゼロカットシステムを導入しないのか

海外FXでのみ導入されているゼロカットシステムですが、なぜ国内FX業者では導入しないのでしょうか。その理由は、金融庁の規制で導入を禁止されているからです。具体的には、「顧客の損失の全部または一部を補填する行為」が金融商品取引法によって禁止事項とされているようです。つまり、国内FX業者は、ゼロカットシステムを導入したくてもできないということになります。

しかし、FXではレバレッジをかけてトレードするのが基本的なスタイルです。レバレッジをかけるということは、残高がマイナスになる可能性があるということ。その損失を最小限に抑えるために、国内FXではレバレッジの規制やルールなど、海外FX業者とは別の仕組みが用いられています。

ゼロカットシステム導入の海外FXがおすすめ

ゼロカットシステムが採用されている海外FX業者なら、自分のスタイルに合ったレバレッジでの取引ができ、万が一マイナスになったとしても追加で入金する必要がありません。借金のリスクが不安な方でも、安心して海外FXでのトレードを楽しんでいただけるかと思います。

IS6FXではゼロカットシステムを採用しているため、追証の心配なくFX取引を行っていただけます。
>>ゼロカットシステムについてはこちら