Trader FAQ

海外FXとビットコインFXとは?違いやおすすめはどちらかをメリット・デメリットとともに比較

FX投資の種類に「海外FX」「ビットコインFX」があります。今回は、それぞれのメリット・デメリットとともに、どちらがおすすめなのかも説明します。結論だけ先にお伝えすると、ビットコインFXよりも比較的リスクが低いと考えられる海外FXがおすすめです。それでは詳しくご紹介します。

海外FXとビットコインFXについて

まずは、海外FXとビットコインFXの概要を説明します。

海外FXならIS6FX

海外FXとは

FXとは、外国為替証拠金取引のことです。Foreign Exchangeを略してFXと言います。FXには取引所が存在します。主に国内と海外の2つです。このうち、海外の取引所を使って取引することを海外FXと言います。

海外FXは、通貨の差額を得る投資です。例えば、価格が100円の通貨Aを購入したとしましょう。数時間後、価格が101円になりました。ここで購入していた通貨Aを売却します。100円で購入して101円で売却したので、差額の1円が利益となります。

ビットコインFXとは

ビットコインとは、仮想通貨の一種です。国に属さず硬貨のような実体のない通貨を仮想通貨と言います。暗号資産と言われることがありますが、呼び方が異なるだけで意味は同じです。法定通貨は国に属している通貨なので、他の地域では使えません。

しかし、仮想通貨は国に属していないため、どこの国からも購入できます。それらを使ってトレードするのがビットコインFXです。ピットコインFXと言われていますが、リップルやイーサリアムなど、他の仮想通貨でも取引できます。

海外FXとビットコインFXの違い

海外FXとビットコインFXの違いは、「取り扱う投資商品」にあります。海外FXは米ドルや円などの「通貨」を使って取引をします。

一方でビットコインFXは、ビットコインをはじめとした多数の「仮想通貨」を使って取引をします。投資商品を売買し、その差額を得るという仕組みはどちらも変わりません。

海外FXの4つのメリット

海外FXのメリットを4つご紹介します。

借金を負うリスクがない

海外FXには、ゼロカットシステムという制度があります。ゼロカットシステムとは、投資資産以上の損失は取引所が負担してくれる制度です。例えば、5万円の資金を投資したものの、8万円の損失を負ったとします。この場合、口座の残高は-3万円なので、不足分を支払わなければいけません。

しかし、ゼロカットシステムがある海外FXであれば、-3万円は取引所が負担してくれるため不足分を支払う必要はありません。つまり、ゼロカットシステムが導入されている海外FXを使えば、借金を負うリスクなく、よりアグレッシブな取引ができます。

少額から始められる

海外FXでは、高いレバレッジを掛けられます。レバレッジとは、証拠金を担保にすると投資資金以上の取引ができるようになる仕組みです。例えば、100円の通貨ペアを10万通貨分購入するとします。

レバレッジが1倍だと、100万円の投資資金を用意しなければいけません。しかし、レバレッジを1,000倍かければ1万円の投資資金で、レバレッジを5,000倍かければ2,000円の投資資金でトレードすることができます。このように高いレバレッジをかけることで少額から始められるのは、海外FXならではの強みです。

24時間取引できる

海外FXは、月曜日の早朝から土曜日の早朝までトレードできます。その間であれば時間の制限はありません。そのため、朝早起きしてトレードする方もいれば、夜遅くにトレードする方もいます。

交通機関での移動時間や休憩時間などの隙間時間も活用できるため、時間を有効に使った副業として海外FXをする方もいます。

収益が安定しやすい

海外FXは、法定通貨を使って取引します。法定通貨は価格が安定しているのが特徴です。そのため、仮想通貨に比べるとどの通貨ペアも比較的値動きが落ち着いています。

海外FXは、ギャンブル性の低い投資にチャレンジしたいと思っている人におすすめです。

海外FXの2つのデメリット

海外FXのデメリットを2つご紹介します。

大きな利益を短期間で得るのは難しい

海外FXは、良くも悪くも価値が安定している通貨ペアを扱います。仮想通貨のように大きく動くことはあまりありません。

一回で大きな利益を狙うトレードではなく、コツコツ積み上げるタイプの取引で利益を得ていく必要があります。そのため、海外FXを行う場合は長期視点でのトレードが求められると言えます。

相場分析やニュースのチェックなどが必要

海外FXの相場は主に2つの要因で動きます。1つ目は「投資家の行動」、2つ目は「各国の情勢や要人の発言など」です。これらを常に把握しておかないと、毎秒動くチャートに対応できません。

相場分析やニュースチェックなどを怠ると、大きなリスクに巻き込まれる確率も高まります。そうなれば、当然負けやすくなります。勝率の高いトレードをしていきたいのであれば定期的に相場分析・ニュースチェックを行いましょう。

海外FXならIS6FX

ビットコインFXの3つのメリット

ビットコインFXのメリットを3つご紹介します。

短期間で大きな利益を狙える

ビットコインは通貨に比べて値動きが激しい傾向にあります。例えば、2020年の8月頃、ビットコインの価格は120万円ほどでした。しかし、2022年の3月には約660万円まで価格が上昇しています。

たった7ヶ月で価格が5倍以上になりました。FXでこのような現象はほぼ起こりません。そのため、ある程度リスクを許容して短期間で資産を築きたいのであれば、ビットコインFXで投資するのも良いかもしれません。

365日24時間取引できる

海外FXも24時間取引できますが、365日はトレードできません。なぜなら、土日は取引所が閉まっていて取引できないからです。

しかし、ビットコインFXは土日も関係なく取引できます。そのため、海外FXよりも自由度は高いでしょう。

長期投資とも相性がいい

ビットコインは、短期間で見ると上下していますが、長い目で見ると右肩上がりで上昇しています。例えば、2017年の12月に初めてビットコインの価格が200万円を突破しました。

その後、相場が下降し、一時期35万円程度まで下落します。しかし、2020年の12月ごろに再度相場が上昇し、前回の高値だった200万円を超えました。2022年の5月は少し下落していますが、それでも価格は約280万円です。

将来的にビットコインは1億円を突破すると発言する人もいます。そのため、ビットコインFXは長期で投資をしたいと考えている人には良いかもしれません。

ビットコインFXの3つのデメリット

ビットコインFXのデメリットを3つご紹介します。

大きな損失を負う恐れがある

ビットコインFXは海外FXに比べて値動きが総じて激しい傾向にあります。数週間で価値が10%以上下がるケースも珍しくありません。価値が半分以下になることも多々あります。

ハイリスク・ハイリターンな投資なので、このリスクを許容できない人は海外FXを選んだ方がいいでしょう。

手法や戦略が確立していない

FXは2000年~2005年ころに少しブームが起こりました。今では多くの人が利用しているほど、有名な投資となっています。かなり昔から利用されているので、取引手法や戦略がある程度確立しています。

しかし、ビットコインFXが有名になったのは2020年ころです。FXに比べて歴史はかなり浅いです。ビットコインFX自体を知らない人も多いでしょう。

海外FXに比べるとまだあまり認知されていないこともあり、有効な手法や戦略がまだ世に出回っていません。そのため、ある程度手法や戦略が確立している海外FXの方が勝ちやすいと言えるでしょう。

相場の分析がしにくい

海外FXに比べてビットコインFXは、まだまだ流通量が少ない傾向にあります。あまり活発に取引されていないと、よく分からない理由で相場が変動する場合があります。

海外FXであれば、ある程度相場が変動する理由が分かるので対策しやすいですが、ビットコインFXは理由が分からないので対策が非常にしづらいです。対策できなければ、同じような失敗を繰り返す可能性があります。

つまり、海外FXよりも負ける確率が高まります。しっかり対策を立てて着実に資産を形成していきたいのであれば、海外FXを選んだ方がいいでしょう。

海外FXならIS6FX

海外FXとビットコインFXはどちらがおすすめなのか?

まず、ビットコインFXは以下のような人におすすめです。

・ハイリスク・ハイリターンな取引をしたい
・自分で考えて手法や戦略を開拓していける自信がある
・比較的お金に余裕があり、ビットコインの「不安定」という抽象的なリスクを許容できる

ビットコインFXは、まだまだ研究・検証段階です。主体的に計画を立てて行動し、分析・改善ができる人はビットコインFXを利用しても問題ないでしょう。

一方で、以下のような人は海外FXがおすすめです。

・借金を負いたくない
・比較的リスクが低い投資にチャレンジしたい、少額から気軽に始めてみたい
・コツコツと資産を形成していきたい

海外FXは、それなりに歴史があるのである程度研究・分析がされています。どのような手法・戦略で取引すれば勝率が高くなるのかは、本やインターネットに載っています。

どちらで投資をするか迷っているのであれば、比較的リスクが低いと考えられる海外FXから始めてみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は、「ビットコインFXと海外FX、どちらがおすすめなのか」というテーマで、それぞれのメリット・デメリットをご紹介しました。

結論、迷っているのであれば「海外FX」から始めることをおすすめします。なぜなら、以下のようなメリットがあるからです。

・ゼロカットシステムが導入されていれば、借金を負わない
・少額(数百円~数千円)から投資を経験できる
・手法や戦略が確立しているので、ビットコインFXよりも勝率が高くなることが期待される

海外FXを使うのに利用料はかかりませんし、FXや投資初心者でに、試しにデモトレードで取引してみることも可能です。
もし投資に興味があり、上記のような部分が自分に当てはまるのであれば、気軽に始めてみてはいかがでしょうか。

▼IS6FXの口座開設はこちらから
>IS6FXで口座開設する