Trader FAQ

海外FXのニューヨーク時間とは?特徴や攻略法を徹底解説!

ニューヨーク時間は、世界中の投資家が参入し、値動きが活発になることから、FX取引を行う上で一番の稼ぎ場とも言われています。しかし、値動きが活発になるということは、大きな損失を負う恐れがあるということででもあります。

ニューヨーク時間についての知識を持っておくことで、損失から回避できる可能性があがります。海外FX初心者は特に覚えておきたい知識になりますので、ぜひ参考にしてみてください。

ニューヨーク時間とは

ニューヨーク時間とは、その名の通り、ニューヨーク市場が開いている時間帯です。為替市場で世界第2位の取引高を誇っています。しかし、ニューヨーク時間のオープン・クローズは、夏時間と冬時間で多少異なるので注意が必要です。

海外FXならIS6FX

・夏時間午後10時30分~翌午前5時
・冬時間午後11時30分~翌午前6時
※全て日本時間

ニューヨーク時間は相場が最も激しく動く

ニューヨーク時間の為替相場は、非常に激しく動きます。その理由は、ロンドン時間の影響があるからです。ロンドン時間は、為替市場で世界第1位の取引高を誇っています。そして、ロンドン時間は夏時間で午後5時~翌午前2時、冬時間で午後6時~翌午前3時なので、ニューヨーク時間と一部重なっています。

つまり、取引高世界第1位と第2位の市場が一部同じ時間帯に開くため、FX市場での取引が活発になるアクティブタイムの中でも、特にニューヨークタイムとロンドンタイムの両方が動いている時間の値動きが特に激しくなります。

IS6FXの取引時間帯についてはこちらをご参考ください
>>IS6FXの取引時間帯、ニューヨークタイムについてはこちら

最も激しく動く時間帯は「ニューヨークの午前中」

たしかにニューヨーク時間の値動きは激しいですが、一番アクティブになる時間帯は「ニューヨークの午前中」です。日本時間で言うと、夏時間で午後9時~翌午前0時、冬時間で午後10時~翌午前1時までです。

この時間帯は、ロンドン時間とニューヨーク時間が重なる時間帯なので、相場が活発に動きます。そのため、この時間帯は強いトレンドが発生しやすい傾向にあります。しかし、ロンドン時間が終了するとそのトレンドは弱くなるので注意しましょう。

ニューヨーク時間は経済指標の影響を強く受ける

ニューヨーク時間は重要な経済指標が非常に多いため、経済指標の影響を強く受けます。特に、毎月第1週の金曜日に発表される米・雇用統計は、為替相場に大きな影響を与えます。一瞬でレートが1~2円動くことも珍しくないので、このタイミングで取引する場合は注意が必要です。

ニューヨーク時間とオプションカットについて

オプションカットとは、通貨オプションの権利行使最終締め切り時間のことです。重要になってくるのは、オプションカットの意味よりもその価格です。オプションカットの時間が迫ると、多くのオプションが入っている価格帯にチャートが近づく傾向があります。

例えば、現在の米ドル/円の価格が100円で、101円に大量のオプションカットが入っていたとします。オプションカットの時間が本日の22時だった場合、本日の22時を目安に米ドル/円のチャートが101円の方向に進んでいきます。

100%こうなるとは言い切れませんが、ニューヨーク時間はこのような現象が起きやすいので、海外FX初心者の方は取引する場合には「どの時間帯に大量のオプションカットが入っているのか」も確認しておきましょう。

ニューヨーク時間の特徴

ニューヨーク時間の特徴について解説していきます。

値動きが激しくなる

ニューヨーク時間は一部ロンドン時間と重なるため、投機筋と実需筋が入り乱れて、値動きが激しくなります。大きな利益が得られる相場でもありますが、大きな損失を負う可能性がある相場でもあるので、リスク管理は徹底しましょう。

トレンドが加速しやすい

トレンドは、ニューヨーク時間よりも先に開いているロンドン時間で発生しやすい傾向にあります。そして、アメリカの投資家はロンドン時間に作られたトレンドの波に乗ってくる傾向があるので、ニューヨーク時間ではそのトレンドがさらに加速します。

ニューヨーク時間にFX取引をする場合は、逆張りせず、そのトレンドの波に素直に乗っていきましょう。逆張りをするのであれば、ロンドン時間が閉まり、トレンドの勢いが弱くなる午前0時以降(冬は翌午前1時以降)がおすすめです。

機関投資家のみならずAIも参加してくる

東京時間やロンドン時間に参加している投資家は人間が多いのですが、ニューヨーク時間は市場規模が大きくなるため、AIファンドや各国のアルゴリズムも市場に参加してきます。

経済指標や要人発言のインパクトが大きい

経済指標発表後や要人発言後は相場が非常に激しく動きます。発表内容によっては、今までのトレンドを覆す場合もあります。

しかし、経済指標の発表時間はあらかじめ決まっています。「FX 今日の経済指標」と検索すれば、どのような経済指標が何時に発表されるのか分かるので、必ずチェックしておきましょう。重要度が高い経済指標ほど、為替相場に大きな影響を及ぼします。

ニューヨーク時間と短期取引は相性が良い

ニューヨーク時間は、短期取引と相性が良い時間帯です。なぜなら、取引量が増えて値動きが活発になるため、短期でも大きな利益を得られやすいからです。例えば、ニューヨーク時間はトレンドが加速しやすいという特徴があるので、ロンドン時間に上昇トレンドが形成されていれば、ニューヨーク時間開始と共に買いエントリーしていくという戦略が立てられます。

海外FXならIS6FXとは

そして、決済はロンドン市場が閉まる午前0時頃(冬は翌午前1時頃)です。単純な戦略ですが、このような戦略でも利益を得られる場合があるので、参考にしてみてください。

東京時間とニューヨーク時間、FX取引するならどちらが良い?

東京時間とニューヨーク時間、FX取引するならどちらが良いのかという疑問に思う方も多いのではないでしょうか。結論としては、レンジ相場で取引したい方は東京時間、トレンド相場で取引したい方はニューヨーク時間がおすすめです。

ニューヨーク時間の注意点

ニューヨーク時間の注意点についても解説します。

スプレッドが一時的に開く場合がある

ニューヨーク時間は、スプレッドが一時的に開く場合があるので注意しましょう。特に重要度が高い経済指標が発表される前後は、スプレッドが大きく開く傾向にあります。そのため、重要な経済指標付近ではエントリー・決済しないことをおすすめします。

相場を読む難易度が少し高い時間帯

ニューヨーク時間は、経済指標が多く発表されたり投機筋や実需筋が入り乱れたりと非常に複雑な時間帯です。そのため、FX攻略本にかかれている戦略が機能しないことも多々あります。ニューヨーク時間は相場を読む難易度が他の時間帯に比べて少し高いので、FX完全初心者にはおすすめしない時間帯です。

ニューヨーク時間の攻略方法

ここでは、ニューヨーク時間の攻略方法を具体的に説明していきます。

トレンドフォローがセオリー

まず、ニューヨーク時間は「トレンドフォローがセオリー」です。ニューヨーク時間の逆張り手法もあるのですが、FX取引に慣れるまではトレンドフォローのみで戦うことをおすすめします。なぜなら、逆張りで失敗してしまうと大きな損失を負う可能性があるからです。

しかし、トレンドフォローであれば失敗しても比較的浅いキズで済みます。FX初心者は勝つよりも負けないことの方が重要なので、チャートはどの方向に進んでいるのか見極めて、その流れに乗るようにしましょう。

通貨ペアはドルストレートがおすすめ

次に通貨ペアは、ドルストレート、特に米ドル/円がおすすめです。なぜなら、米ドル/円は、日本とアメリカの経済状況・政治に影響されやすく、比較的相場の流れが読みやすいからです。日本の経済状況や政治などは日本に住んでいれば、ある程度分かるかと思います。

そのため、後はアメリカの経済状況や政治などを把握すれば良いだけです。それも、経済指標やFX取引所のニュースサイトを見れば、ある程度把握することができます。

取引時間別に見たニューヨーク時間のトレード戦略

ここでは、取引時間別に見たニューヨーク時間のトレード戦略を説明していきます。

【前提】ノーポジションで迎える

前提として、まずニューヨーク時間はノーポジションで迎えることをおすすめします。ニューヨーク時間には、多くの投資家が参入してくるため、今までトレンドがガラッと変わってしまう場合があります。どのような値動きになるのか予測できない場合が多いので、何か戦略がない限りは、ポジションを全て手放しておきましょう。

スキャルピングはニューヨークボックス手法を使う

スキャルピングは、ニューヨークボックス手法を使いましょう。使い方は、以下の通りです。

1.ニューヨーク時間が始まる直前7時間の高値と安値に水平線を引く
2.高値と安値のどちらかを終値が突き抜けたのを確認したら、順張りでエントリーする
3.20pips取れたら利益確定、30pips離れたら損切り

ニューヨークボックス手法は、ユーロ/ドルの15分足が最も機能すると言われています。

デイトレードはオープン後のトレンドを追う

デイトレードの場合は、オープン後のトレンドを追いましょう。ニューヨーク時間が始まると、チャートが急騰・急落する場合があり、セオリー通りにいくとニューヨーク時間がクローズするまではその方向にチャートが進んでいきます。そのため、チャートが進んだ方向に素直にエントリーしましょう。

スイングトレードは経済指標の結果でエントリーする

スイングトレードをする場合は、経済指標の結果を見てエントリーしましょう。経済指標の結果が悪ければ下落していく可能性が高いですし、結果が良ければ上昇していく可能性が高いです。

FX相場を分析してニューヨーク時間に挑もう

今回は、FXのニューヨーク時間について解説してきました。ニューヨーク時間は投機筋や実需筋だけではなく、AIも参入してくる時間帯です。様々なトレーダーが参入してくるため、値動きが活発になります。

大きな利益を狙うことができる時間帯でもありますが、大きな損失を負う恐れがある時間帯でもあります。そのため、経済指標を確認したり相場の流れを読んだりとしっかり分析してから、ニューヨーク時間に挑みましょう。