FXのlotとは?計算方法や初心者におすすめのlot数などを解説します

FXのLotとは

FX初心者にとって頭を混乱させる用語、Lotやレバレッジ、pipsはスタートする前に覚えておきたい基本的な知識。特にFXの取引通貨量の単位であるLotは1Lot、0.1Lotなどと使い、取引数量を上げ下げして収益や損失を調整していくために重要です。また、少額の証拠金で大きな取引を可能にする仕組みのレバレッジ、違う単位の通貨を統一させるために用いるpipsなどもまた、Lotがポイントとなります。

ではそれらの知識をふまえ、一体どのくらいのLotでスタートすれば良いのでしょうか。こちらでは、初心者にとってわかりやすくまとめていきます。

IS6FXが気になったら

2024/6/10(月)06:00~2024/6/15(土)06:00

口座開設はこちら IS6FXとは?

「Lot」とは

先ほど冒頭で簡単に触れた通り、LotとはFXにおける通貨量単位のことで、まとまりを意味します。日常的に使われている様な「ダース」などの身近な単位と同じで、一般的に円やドルなどの通貨を10,000枚=1Lotなどと換算することが多いです。実際の取引はLot数で取引されるため、決められた最低取引Lot数以下の取引はできません。

例えば、1米ドルが日本円で100円の為替レートである時の、米ドルと日本円の通貨ペア取引を例にあげてみます。

FXのLotとは

この取引で1Lotが1,000通貨だった場合、1Lot=100×1000=10万円。1Lotを最小限として取引をすることになると、この取引では最低10万円以上で売買が行われることになります。もちろん、Lotを10、100と増やせば増やすほど、それだけ売買される金額が上がっていく仕組み。

簡単にいうと、Lot数を上げていくと利益が多くなるのですが、ハイリスクになります。一方でLotを下げるとローリスクにはなりますが、その分ハイリターンは見込めなくなってしまうのです。

通貨単位として「Lot」が使われる理由

なぜFXの取引でLotを使うのかというと、取引をシンプルにするためです。今でこそインターネットが発達し、家にいながらFX取引をすることができるようになりましたが、昔はそうはいきませんでした。店頭で取引をすることが基本で、発注も電話や紙面などで行われていたのです。

FXは1,000通貨、10,000通貨と、まとまった金額で取引をするため、取引数量が多くなるほど扱う0の桁が多くなり、ミスに繋がることも。そこでLotというひとまとまりの単位を使うことで、発注ミスなどを防ぐことにしたのです。現在も実際の取引では0を入力しますので、ミス防止として役立っています。

【注意】業者によってLotの単位が変わることがある

実は、Lot数はFXの提供会社で変わり、1Lot=1,000通貨、10,000通貨などと違いがあるので注意が必要です。また、海外FXでは口座種類により、Lotの単位が変わることもあります。

IS6FXには「マイクロ口座」「スタンダード口座」「プロ口座」「レバレッジ6000倍口座」「EX口座」の5種類がありますが、マイクロ口座のみ1Lot=1,000通貨とし、それ以外は1Lot=10万通貨となります。

IS6FXの口座タイプ

ただし、実際の取引選択では最小注文Lot数も見る必要があります。IS6FXのマイクロ口座の場合は0.05Lot=50通貨から取引可能。スタンダード口座、プロ口座、EX口座においては0.01Lot=1,000通貨、レバレッジ6000倍口座では1Lot=10万通貨となり、各トレーダーが自分にぴったりの取引選択をしてもらえるように提供されています。

国内FXでは「枚」という単位になる

FX取引ではLotという単位を使うと説明しましたが、国内FXの場合は「枚」という単位を使うことが良くあります。Lotも枚も最低取引単位のことを指しているため、呼び名が違うだけで意味は同じ。例えば1枚=1,000通貨は1Lot=1,000通貨ということです。

国内FXトレーダーと、海外FXトレーダーが会話をする場合は、枚=Lotであるという共通認識を持っていないと混乱する場合があるので注意が必要です。

Lot(ロット)とレバレッジの関係性

FX取引をする際に重要なのが「レバレッジ」。特に海外FXにおいては、ハイレバレッジ取引が可能であることが魅力です。資金の少ない人でも始められ、大きな収益に繋げるレバレッジシステムですが、内容を理解していないと莫大な損失を出すこともあります。ここでは具体的な仕組みや基本知識を、リスクなども含めて解説します。

レバレッジとは

FXを始める上で必須となるのが、レバレッジの知識です。レバレッジとは自己資金の何十倍、何百倍に相当する資金を動かす仕組みのことで、小さい物で大きな物を動かす「てこの原理」と同じ作用です。

簡単にいうと、250万円分の取引をするためには、本来250万円ないとできないところを、それより少ない資金で取引可能にするということ。10万円の取引が、レバレッジ10倍なら100万円まで取引できるようになります。

しかし、レバレッジは設定して取引するものではありません。Lotで取引数量を調整して決まります。具体的な計算式は、現在の為替レート×取引数量を証拠金で割るというもの。

例えば取引する際の基準レートが1ドル100円、取引数量が1,000通貨で証拠金は1万円だったとします。この時のレバレッジは100×1,000÷100=10、つまりレバレッジは10倍となります。

レバレッジについて詳しくはこちらをご参考ください
>少ない資金で利益拡大!?FXのレバレッジとは?計算方法や制限もご紹介

FXの取引に必要な「証拠金」とは

証拠金とはFXで取引をする際において、担保にするために必要な自己資金のことです。FX取引をするためには、担保である証拠金を預けないとスタートすることができません。実は取引をする際には、取引金額を全部自己資金で用意する必要がなく、レバレッジを利用すれば大きな利益を狙えるようになっています。

取引にいくらの証拠金が必要になるかは、レバレッジによります。レバレッジが高ければ高いほど、証拠金として用意する資金は少なくて済むという仕組みです。

例えば2人のトレーダーが同じ取引で同じ利益金額を出したとしても、当然ながら証拠金が少ない方が利益率が上がります。これが、レバレッジと証拠金の関係性です。

証拠金について詳しくはこちらをご参考ください
>証拠金とは?必要証拠金・有効証拠金・余剰証拠金の意味と計算方法を徹底解説!

1Lotあたりの必要証拠金の計算方法

では実際に取引を行う時、必要証拠金はどのように計算すれば出せるのでしょうか。実は必要証拠金の金額は、取引したい金額(取引量)÷レバレッジ倍率で算出することができます。

ただし、取引金額はその時の為替レートで変動しますので、正確には「現在の為替レート × 取引数量 ÷ レバレッジ = 必要証拠金」となります。

必要証拠金の計算方法

この計算方法は、国内・海外問わずFX取引で用いることが可能です。例えば、1ドル100円のレートで10,000通貨=1Lotの取引の際、レバレッジが40倍だったと仮定します。この取引で自己資金100万円は必要なく、100×10,000÷40で25,000円の証拠金が必要になるという仕組みです。当然レバレッジが100倍の場合は、必要証拠金は1万円となるわけです。

海外FXの場合はレバレッジが100倍、1000倍と高いことが魅力なので、必要証拠金が低くなるケースが多いです。

取引可能ロット数の計算方法

取引を開始する際、「現在どのくらいの取引が可能なのか」と、ロット数を調べることも重要です。取引可能ロット数の計算では、先ほど算出した必要証拠金を用います。

具体的な計算式は、「証拠金÷1ロットあたりの必要証拠金計算」で出すことができます。

証拠金100万円と仮定し、1ドル100円のレートで10,000通貨=1Lot、さらにレバレッジが40倍の取引に必要になる証拠金は25,000円でした。つまり取引可能ロット数は100万円÷2.5万円=40Lot。このケースの取引では、40Lotの取引が可能であるということがわかります。

取引可能ロット数の計算方法

海外FXを開始する際には、まず自己資金をどのくらい用意できるかを決め、何倍のレバレッジで取引するのかを決めましょう。そうすると、大体の取引可能Lot数が把握できるはずです。

海外FX業者によって取引できるLot(ロット)数が異なる

海外FXをスタートするにあたり、知っておきたいのが取引可能Lot数です。実は業者により設定Lot数が違うため、たくさんの利益を出すためには、最大取引可能Lot数が大きい方が良いでしょう。また、同じ業者であっても口座によって取引可能Lot数が違うこともあるので注意が必要です。

例えばIS6FXでは「【注意】業者によってLotの単位が変わることがある」の箇所でお伝えした通り、マイクロ口座のみ1Lot=1,000通貨とし、それ以外は1Lot=10万通貨。スタンダード口座の1取引における最大注文数量は30ロット、マイクロ口座の最大注文数は100ロットとなっています。それに対し、A社のスタンダード口座では1Lot=10万通貨で最大Lot数は100Lot、B社では1Lot=10万通貨で最大が1,000Lotと違いがあるのがわかります。

Lot(ロット)とpipsの関係性

FXの基礎知識として知っておくべき用語の一つに「pips」があります。pipsは円やドルなど様々な通貨を取引するFXでは、とても大事な知識です。また、値幅や損益などの確認に必要とされています。こちらではpipsとはどんな仕組みで、どのような重要性があるのかを説明します。

pipsとは

percentage in pointの頭文字を取ったpipsは、FX取引場の共通単位として使用されています。FXの取引ではあらゆる通貨単位が使われており、そのままの通貨単位だと変動状況を確認する際にややこしくなってしまいます。

例えば、米ドルが〇ドル変動、日本円が〇円変動、豪ドルが〇豪ドル変動などとしても、取引画面をパッと見てわからない人も多いことでしょう。

そこで登場したのがpips。ドルも円も全てpipsとすることで、異なる通貨ペアでも変動幅を認知しやすくなります。また、【買値と売値の差をpipsの単位で表す】こともでき、1Lotごとに出した買値と売値の差から、取引Lot数のトータル損益を算出できます。

pipsについて詳しくはこちらをご参考ください
>FXで使う共通単位「pips」とは?計算方法や数え方について解説!

1Lot(ロット)の取引で発生する損益の計算方法

pipsを用いることで、FX取引の損益を簡単に計算することができるようになります。また、【レートが変動した場合は、購入するLot数によって損益が変わります】。例えばドル円(USDJPY)を1lot=10,000通貨取引する時、1pips変動すると1lot=100円、10lot=1,000円、100lot=10,000円という風にlot数により損益が違うことがわかります。

同じように10pips、100pips、1,000pipsと変動幅が大きくなるにつれ、Lotごとに損益もかなり大きくなります。1,000pipsの変動で100Lotの取引の時には、最大で1000万円もの損益が出ることになります。

【初心者向け】どれくらいのLot(ロット)数で取引するべきか?

FX初心者は何Lotで取引するべきなのでしょうか。実は「何Lotで取引すれば大丈夫」という明確な答えはありません。なぜなら、FX初心者といっても取引に使える資金や取引の目的、そして考え方などによって適切なLot数は異なるからです。

それでも基準値を示してほしいという方は、まず、資金の2%から3%ほどのLotを意識して取引を始めてみましょう。例えば、1lot=10万通貨という設定のFX会社でドル円(USDJPY)を取引する場合、資金が100万円あるのであれば0.2lot~0.3lot、資金が10万円であれば0.02lot~0.03lotで始めてみることをおすすめします。

どれくらいのLot数で取引するべきか?

これだと大体2~30,000通貨での取引となります。万が一0.3Lotで取引をした場合、100pisのマイナスでも30,000円だけの損失。つまり、残り約32回は同じ取引をすることができ、証拠金を一部残すことも可能だからです。

Lot(ロット)を小さくして取引するメリット

先ほど、「FX初心者は資金の2~3%を意識して始めてみよう」と低Lotでの取引をおすすめしましたが、ここではLotを小さくするメリットについて具体的に説明していきます。

損失額を比較的小さく抑えることができる

Lotを小さくするメリット1つ目は、「損失額を小さく抑えることができる」ことです。基本的に購入するLot数を上げれば上げるほど、大きな利益を狙うことができます。しかし、大きな利益を狙えるということは、同時に大きな損失を負う可能性もあるということになります。

FX初心者がFXを辞めてしまう理由の一つに、「いきなり大きな利益を狙いすぎて、大きな損失を負った」というパターンがあります。FX初心者は、利益を出すことよりもまずはFXに慣れることが先決です。そのため、慣れるまではLot数を小さくして、損失リスクを極限まで下げることをおすすめします。

少額の資金で取引することができる

Lotを小さくするメリット2つ目は、「少額の資金で取引することができる」ことです。当然のことながら、FXで取引を行う際は、Lotを購入する資金が必要です。そのLotも大きくなればなるほど、多額の購入資金が必要になります。

少額の資金で取引することができる

しかし、小さいLotに関しては、数千円~数万円で購入することができます。そのため、多額の取引資金を用意することができなかったとしても、問題ありません。

冷静に取引することができる

Lotを小さくするメリット3つ目は、「冷静に取引することができる」ことです。Lotを大きくすると変動する金額が大きいため、ギャンブル的感覚になってしまい、冷静な判断ができなくなってしまうことがあります。

例えば、そろそろレートが下落するというポイントにきているにも関わらず、「まだ上がるはずだ。上がれば利益は〇十万円だ」というように、根拠のない思い込みでトレードを進めてしまうことがあります。

このようなトレードをしてしまうと、投資ではなくギャンブル要素が強くなってしまい、FX投資家として上達できない要因となります。その反面、Lotを小さくすると良くも悪くも損益が小さいため、「そろそろ決済するべきポイントだろうか」と冷静な分析でトレードすることができます。

Lotを小さくして取引するメリット

後者の方がFX投資家として上達する可能性が高いので、FX初心者はLotを小さくして取引することをおすすめします。

IS6FXが気になったら

2024/6/10(月)06:00~2024/6/15(土)06:00

口座開設はこちら IS6FXとは?

Lot(ロット)の管理=リスク管理に繋がることを意識して取引しよう

取引において、取引スタイルと同じ様にLot管理も重要です。Lotを管理するということは、つまり、用意しておいた自己資金の管理にも繋がり、最終的にリスク管理にも繋がるからです。初心者にとってLotの管理と聞くと一見難しそうですが、できるだけ最初にルールを決めることがおすすめ。

ルールとは、使う資金、取引する最大のLot数、また具体的な利益率やここまでは大丈夫だという損失などです。これらのルールを決めLotなどを管理することで、リスク回避や大きな利益に繋がることもあります。まずは大きな利益を狙わずに、損失を最小限に抑えるという方法で楽しんでみてはいかがでしょうか。