Trader FAQ

海外FXのポジションとは?売り買いのタイミングや保有期間について

海外FXの基本として必ず押さえておきたい知識に「ポジション」があります。ポジションには、「売りポジション(ショートポジション)」や「買いポジション(ロングポジション)」と言った注文方法の種類があり、FX取引では最適なポジションの取り方が大切です。

FXを始める前に、ポジションの保有期間についてや売買のタイミングの取り方を学ぶ必要があります。まずは、ポジションについての知識をしっかりと身に着けておきましょう。

FXのポジションの基本となるロングとショートとは

FXの取引においてのポジションとは、「通貨を買ってからまたは売ってから決済するまで保有している状態」のことを言います。「持ち高(建玉)」とも言い、FXの買い残高と売り残高のどちらが多いのか、傾きを表すFXの専門用語です。

通貨を買っている状態または売っている状態を「ポジションを保有している」「ポジションを持っている」と表現します。FXの基本は“安く買って高く売る”または“高く売って安く買い戻す”になりますので、まずは通貨の売り買いをする必要が出てきます。

買いポジション(ロングポジション)とは

通貨を買った状態のこと「買いポジション(ロング)」と言います。買いポジションを保有している場合は、そのときから価格が上昇したときに利益になり、価格が下落すると損失が発生します。

売りポジション(ショートポジション)とは

反対に、通貨を売った状態のこと「売りポジション(ショート)」と言い、外貨が手元になくても売ることから始める「空売り」という取引手法もあります。買いポジションとは逆に、価格が下落したときに利益が出て、価格が上昇したときに損失が発生する仕組みです。また、売りポジションを買い戻すこと「ショートカバー」と言います。

海外FXでは、主にロングポジションとショートポジションを使い分けながら利益を狙います。ロングとショートを両方同時に注文もできるので、そのときの相場に合わせて臨機応変に売買することで、最適なトレードができます。

FXのポジションの種類を把握しよう

FXのポジションは、そのときの取引状態によって呼び方が変わります。

例えば「ポジションを減らした」は、取引している通貨量が減ったことを意味します。また、「ポジションを膨らませた」というのは通貨が増えた(増やした)ことになります。

他にも、新しくポジションを保有すること「ポジションメイク」もしくは、「ポジションを建てる」と言い、全くポジションを持っていないこと「スクエア」と言います。大きな相場の動きやリスクの高い相場の動きになりそうなとき、決済してスクエアにしておくこともあります。

FXのポジションについて覚えておきたいこと

「両建て」は、同じ通貨ペアにおいて、売り(ショート)と買い(ロング)の両方のポジションを同時に保有することを言います。また、「ネットポジション」は、ロングとショートの両方を保有していたときに、多い方から少ない方を差し引いて残ったポジションのことを言います。FXでは、買った通貨の価格が下落したときのリスクを軽減するために、保険として別のポジションを保有しておくことがあります。

両建てを行うことは、片方だけのポジションを保有することによるリスクを抑えられる可能性があります。ただし、海外FXで両建てを行う場合は注意しなくてはいけません。海外FX業者のなかには両建てを禁止しているところもあり、ルール違反になると強制決済や利益の取り消しなどのペナルティが執行されてしまうことがあります。

※IS6FXでは、複数の業者(もしくは複数のトレーダー)の口座で両建て等のヘッジ取引を行うこと、または当社で複数の口座を持ち、両建て等のヘッジ取引を行うことを禁止行為としています。予めご注意ください。
>>詳しくはこちらのガイドラインをお読みください

ポジションといってもさまざまな言い方があるので、まずはどの状態のときにどんな呼び方があるのか、ポジションの種類を把握しましょう。

FXのポジションについて覚えておきたいこと

FXのポジションを保有する上で、その特徴や注意すべき点についても覚えておきましょう。ポジションは、株など別の金融商品でも使いますが、海外FXならではの言い方や使い方もあります。それでは、FXのポジションについてご紹介します。

ポジションの保有期間について

今まで別の金融商品で取引したことがある場合は、海外FXでのポジションの保有期間について気になるかもしれません。例えば、株の取引では最大6ヶ月まで、先物取引では1年と保有期間が決められています。それ以上の期間でポジションを保有しようとすると、一度決済して再注文を行う必要があり、手間がかかります。

海外FXでは、保有期間の定めは一切ありません。自動的にロールオーバーされる仕組みになっているため、そのまま長期間保有できるという特徴があります。ロールオーバーとは、未決済ポジションの決済日を延長することです。ロールオーバーになったからといって、コストがかかるわけではありませんし、売買したいタイミングでポジションを決済できます。

>>IS6FXのロールオーバーについてはこちら

ポジションの決済をしないと利益や損益は出ない

海外FXではポジションを保有しているだけでは、利益や損失が確定することはありません。もちろん、含み損や含み益は出ていますが、ポジションクローズ(決済)を行うまで実際の損益は確定しません。

決済のタイミングはとても重要で、逃してしまうと含み損が拡大する原因になります。例えば、1ドル100円のときに、1万ドルの外貨を買ったとします。1ドル110円になったときに決済をすると、その差額が利益として受け取れます。反対に、1ドルが100円未満に下降し始めると、早く決済をしないと利益は下がる一方です。再び価値が上がることを期待しても、いつそのタイミングが来るか分かりませんので、決済が難しくなります。

また、ポジションを保有し続ける場合に覚えておかなくてはいけない仕組みが、「強制決済(ロスカット)」です。これは、急激な市場の変化によって大きな損失が発生した際に、自動で強制的に決済を行うことで、損失の拡大を最小限に抑える仕組みです。

>>IS6FXのロスカットなどの執行方法についてはこちら

ポジションクローズで税金対策もできる

海外FXでは1月1日~12月31日までの損益に対して、翌年の税金が決まります。含み損のままでポジションを保有している分は損益には含まれません。そのため利益が出すぎてしまった年は、決済をせずにそのまま年を越します。

自分でポジションクローズのタイミングを調整できるので、税金の負担をコントロールできます。ただし、税金の支払いが免れるわけではなく、あくまでも先延ばしにしているに過ぎません。そのため、いつ決済するのかをしっかりと考えた上での決済が必要です。

ポジションの損切りラインを決めておく

為替レートが損失側に動き、含み損が大きくなっているにも関わらず、ポジションを決済せずに持ち続けること「塩漬け」と言います。海外FXのトレーダーのなかには「再び為替レートが上向きに動くかもしれない」と待ち続けてしまう人もいます。待ち続けている間は、資金を動かすことができません。待ち続けるのに明確な理由があるならまだしも、確証がなく只々待ち続けるのは良い方法とは言えません。

取引を始める前には、どのぐらいのラインになったら損切りをするのか、予め決めておきましょう。損切りができないと決済のタイミングを逃し、大損するリスクも考えられます。損切りラインを割ったら速やかに決済を行い、次のトレードが始められるようにしましょう。

FXでポジションについて

週末の保有は要注意

海外FXのトレードで、週末にポジションを持ち越すことがあります。FXの取引ができるのは、平日のみで土日は一切できません。

しかし、為替相場は常に動き続けているため、持ち越したことによって不利な状況になってしまう可能性も考えられます。持ち越さない場合は、例えば月曜日にポジションメイクをしたあと、金曜日には決済するなど、自分なりのルールを決めておくのも良いかもしれません。

ポジションの比率を知る

FXで利益を出すためには、為替相場の傾向を知るためにも「ポジションの比率」に注目してみましょう。為替市場で売買のどちらに傾いているのか、その程度はどのくらいなのかを確かめておくことで、為替相場の上がり下がりのトレンドを把握しやすくなります。

また、為替市場の売買の割合が半々のときがあり、プロのトレーダーでも予測するのが難しいと言われています。予測する自信がないのに取引をはじめてしまうと、大きな損失を出す可能性もありますので、初心者のうちは自信を持って取引ができるときを狙うことが、負けの数を減らす近道になります。

相場の動きに合わせること

海外FXでポジションを持つときは、できるだけ相場の動きに合わせるのがポイントになります。どんなに冷静に判断できる人だとしても取引をしているとトレーダーの主観や希望が入ってしまいます。

そのため、相場の動きに合わせるのは想像以上に難しくなります。海外FXでポジションを保有するときは、できるだけ主観をなくし、相場の動きに念頭を合わせて実戦していきましょう。

まとめ

海外FXでポジションを保有するときは、売りポジション(ショート)と買いポジション(ロング)の決済のタイミングをしっかりと見極めるようにしましょう。取引を始める上で、トレーダーの主観が入ってしまうと、相場の動きが読めなくなってしまうことがあるからです。

今が本当にポジションを持つべきタイミングなのか、知っているのと知らないのでは大きな差になります。ポジションについて知ることで、最適なポジションの取り方を身に着けましょう。