海外FXの経済指標発表時は稼ぎ時?リスクや活かし方なども解説!

今回は、「経済指標発表時は稼ぎ時なのか」をテーマに解説します。経済指標が発表される時は相場が大きく動くタイミングなので、FX初心者は「上手く波に乗れれば大きく稼げそう」という印象を持たれているかもしれません。

ではなぜ、経済指標発表時は稼ぎ時なのか、トレードする際のリスクや経済指標の活かし方、そして押さえておくべきことなども合わせて説明するので、ぜひ参考にしてください。

海外FXで発表される経済指標について

この段落では、経済指標の概要について説明しています。「経済指標とは何か」という疑問を解消するため、参考にしてください。また、経済指標の見方についても説明します。さまざまな見方がある中、海外FX初心者におすすめできるものを厳選して1つ紹介します。経済指標が見れるようになれば、取引を有利に進めていくことができるでしょう。

経済指標とは

経済指標とは、各国の豊かさや景気などを計るための数値です。失業率やGDPなど、さまざまな経済指標があります。今後の値動きを予想する際の材料にもなるので、FX取引をするのであれば、必ずチェックしておきたい情報です。

重要度が高い経済指標について詳しくはこちらをご参考ください。
>FXトレーダーなら覚えておきたい重要度が高い経済指標一覧!

経済指標の見方

経済指標では、「予想値と結果のギャップ」を見ることが大切です。予想値よりも結果が良ければ相場は上昇する傾向にありますし、予想値よりも結果が悪ければ相場は下降する傾向にあります。経済指標は連想ゲームのようなものです。予想と結果を確認し、トレーダーはどう動くのか考えてみましょう。

IS6FXが気になったら

2024/6/10(月)06:00~2024/6/15(土)06:00

口座開設はこちら IS6FXとは?

経済指標発表時は稼ぎ時なのか?

経済指標は稼ぎ時と発信する人もいれば、稼ぎ時ではないと発信する人もいます。まずは、その真実について説明します。この段落を読めば、FX初心者は経済指標発生時を狙うべきかが分かるようになるでしょう。なお、経済指標発表時に取引をすると、どのくらいの利益が狙えるのかという情報もこの段落で分かります。

【結論】経済指標発表時は稼ぎ時

結論から申し上げますと、経済指標発表時は稼ぎ時です。なぜなら、チャートが大きく動くからです。上手く波に乗れれば、1分で数万〜数十万円の利益を得ることもできます。実際に、経済指標の値動きを狙った「指標トレード」という取引手法もあります。指標トレードのコツがまとまった本も出版されているくらいなので、経済指標発表時は比較的有名な稼ぎ時です。

FX初心者にはおすすめしない

経済指標発表時は稼ぎ時と説明しましたが、実はFX初心者にはおすすめしません。なぜなら、FXを始めたばかりの初心者には難しいからです。経済指標発表時は稼ぎ時として有名なので、多くのトレーダーが参加します。当然、ひとりひとり考えが違うので経済指標発表時にはさまざまな数の注文が入ります。その結果、通常ではあり得ないような値動きをすることがあります。

例えば、相場が急騰したと思えば、3秒後には急落することもあります。経済指標発表時は高いリスクが伴う相場なので、FX初心者はまず落ち着いている相場でFX取引に慣れましょう。

経済指標発表時にトレードするリスク

経済指標発表時は、大きな利益を狙えるタイミングです。挑戦を考えている人もいるでしょう。挑戦することは非常によいことなので、ぜひ挑戦してみてください。しかし、これから説明する経済指標発表時にトレードをするリスクを把握しておくことをおすすめします。リスクを把握せずに挑戦すると、取り返しのつかない失敗をする可能性があり危険です。

大きな損失を負う恐れがある

経済指標発表時にトレードするリスクは、「大きな損失を負う恐れがある」ことです。経済指標発表時は、相場がかなり大きく動くので数分の取引で大きな利益を得られることもあります。しかし、数分で大きな利益を得られる可能性があるということは、数分で大きな損失を負う恐れもあるということを意味します。

例えば、5分で50万円の利益を得たというトレードの裏には、5分で50万円の損失を負ったトレーダーもいるということです。経済指標発表時は、リスク管理をいつも以上に徹底して取引に臨みましょう。

注文が上手く通らない恐れがある

経済指標発表時にトレードするリスクは、「注文が上手く通らない恐れがある」ことです。経済指標発表時は稼ぎ時なので、多くのトレーダーが参戦します。そして多くのトレーダーが、経済指標が発表された瞬間に注文を入れます。そのため、経済指標が発表された瞬間は、取引会社に大量の注文が一気に舞い込みます。

このようになると、システムが注文を処理しきれずに読み込みが遅くなったり、パンクして注文が弾かれたりするケースも珍しくありません。

システムエラーが起こる恐れがある

経済指標発表時にトレードするリスクは、「システムエラーが起こる恐れがある」ことです。これは、短時間に大量の注文が入ることで起こります。取引会社もシステムエラーを起こさないようサーバーを強化してはいますが、それでも耐えられないほど大量の注文が入るのが経済指標発表時です。

最近は少なくなりましたが、システムエラーが起こるリスクもあるということを頭に入れておきましょう。

経済指標発表時のみの取引は禁止されている?

一部の海外FX業者は、経済指標発表時の取引を禁止しています。それは、FX業者の損失補填が増える可能性が高いためです。複数の口座を活用した両建てに使われるリスクがあるといった理由もあります。この段落では、その2つの理由の詳細について説明します。理由を把握して正しく取引をすれば口座凍結を防げるため、参考にしてください。

理由①:FX業者の損失補填が増える可能性が高い

海外FX業者は、ゼロカットシステムという制度を導入しています。ゼロカットシステムとは、トレーダーが負った一定以上の損失を海外FX業者が負担してくれる制度です。この制度は基本的にトレーダーにしかメリットがありません。海外FX業者は、損失が増えるだけだからです。

ゼロカットシステムがあるからと安心してトレーダーが経済指標発表時に取引をし、多くのトレーダーが負けてしまうとFX業者が負う損失は計り知れないものになります。このような事態を防ぐために、一部の海外FX業者は経済指標発表時の取引を禁止しています。

理由②:複数口座間の両建て

ゼロカットシステムは、安心して取引ができる非常によい制度です。しかし、これを悪用する人も存在します。代表的なのが、ゼロカットシステムを利用した「複数口座間の両建て」です。これを行うと、実質的な損失額は数千円程度で数万円以上の利益を得ることができます。

数十万円〜数百万円の利益を一度の経済指標で得ることもできるため、一時期は手法として流行りました。しかし、これを実践されると海外FX業者は損失しか発生しません。この手法を禁止するために、一部の海外FX業者は経済指標発表時の取引を禁止しています。

IS6FXが気になったら

2024/6/10(月)06:00~2024/6/15(土)06:00

口座開設はこちら IS6FXとは?

FX初心者は経済指標をどう活かせば良いのか

経済指標を活かして取引をするのは、プロでも難しいと言われています。FX初心者は、経済指標を活かすのではなく、経済指標発表後の相場を活かしましょう。これができるようになれば、勝率アップが期待できます。また、経済指標発表後に逆張りをするのもおすすめします。ここでは、活かし方の詳細について説明するため、参考にしてください。

経済指標発表後の相場の流れを活かす

FX初心者は、「経済指標発表後の相場の流れ」を活かしましょう。経済指標発表後の相場は、指標発表時の値動きに大きく影響される傾向があります。例えば、経済指標が発表されて相場が上昇したとしましょう。この場合、一定期間はそのまま上昇トレンドが発生する傾向にあります。

経済指標が発表されても相場が大きく動かなければ、一定期間はトレンドが発生しない可能性が高いでしょう。そのため、経済指標発表時の値動きを確認してからエントリーすれば、発表時よりも高い確率で勝つことができます。

経済指標発表後に逆張りをする

FX初心者は、「経済指標発表後に逆張り」しましょう。なぜなら経済指標発表時は、上昇と下降がそれぞれ1回ずつ発生する傾向にあるからです。その仕組みを簡単に説明します。

まず、経済指標発表時は大量の注文が入ります。今回は買い注文の方が多かったとしましょう。その場合、相場はグンと上昇します。買いでエントリーした投資家たちは利益を確定するために、決済注文(売り注文)を出します。そのようになれば、売り勢力の方が強くなるので、上昇した相場は一気に下降するでしょう。

売りエントリーしていた人たちは、この2波目で利益を得られます。1波目を読むのは難しいですが、2波目を読むのは比較的簡単かと思います。FX初心者は、2波目を狙って逆張りしてみましょう。

経済指標発表時にトレードするなら押さえておくべきこと

経済指標発表時にトレードをする場合は、取引ロット数をいつもの半分以下にしましょう。損切りするタイミングを予め決めておく、大きな利益は狙わないなども意識することをおすすめします。これらができるようになれば、経済指標発表時の相場でも比較的安全にトレードができるようになるでしょう。それでは、押さえておくべきことの詳細を説明します。

取引ロット数はいつもの半分以下にする

経済指標発表時にトレードする場合は、「取引ロットをいつもの半分以下」にしましょう。なぜなら、大きな損失を防ぐためです。経済指標発表時のトレードはハイリスク・ハイリターンです。

大きな利益を得られるチャンスではありますが、大きな損失を負う恐れもあります。これを通常ロットの半分以下で取引すれば、たとえ損失を負っても損失は通常の半分以下に抑えられます。また、注文が通りやすくなるのも取引ロット数を小さくするメリットです。

損切りするタイミングを予め決めておく

経済指標発表時にトレードする場合は、「損切りするタイミング」を予め決めておきましょう。なぜなら、損切りするタイミングを予め決めることで、損失を最小限に抑えられるからです。このとき、損切りは予約注文で入れておきましょう。

経済指標発表時の相場は1秒で大きく動くので、手動だと間に合わない可能性があります。5,000円の損失に抑えたかったが手動だったがために、損失額は1万円になったというケースも珍しくありません。損切りは、経済指標が発表される前に予約注文で入れておきましょう。

大きな利益は狙わない

経済指標発表時にトレードする場合は、「大きな利益を狙わない」ようにしましょう。基本的に目標としているラインの50%を超えたらすぐ利益確定することをおすすめします。なぜなら、経済指標発表時の相場は読むのが難しいからです。

100%の利益を狙うために粘っていたら相場が急落して、-100%の損失を負うケースもあります。経済指標発表時は変に欲張らないようにしましょう。

海外FXをするなら押さえておきたい経済指標

海外FXで取引をするなら、「米国」の経済指標をよく確認しましょう。例えば、「米国雇用統計」や「FOMC政策金利発表」などです。為替市場において米ドルは基軸通貨です。米ドルが動くと他の通貨も動く傾向があります。数ある米国の経済指標の中から特に注目しておきたい経済指標を5つまとめたので、参考にしてください。

米国雇用統計

米国雇用統計とは、毎月第1週の金曜日に発表される米国の雇用条件に関する統計結果です。夏時間であれば午後9時30分に、冬時間であれば午後10時30分に発表されます。米国雇用統計の結果は「FRB(連邦準備制度理事会)の政策結果」にも大きく反映されます。そのため、全世界の投資家が注目しているかなり重要な経済指標です。

米国雇用統計を見るときは、予想と結果を確認しましょう。予想よりも結果がよければ景気がよいと判断され、ドルが買われる傾向にあります。反対に、予想よりも結果が悪ければ景気が悪いと判断され、ドルが売られる傾向にあります。

FOMC政策金利発表

FOMC政策金利発表とは、米国の中央銀行の政策決定会合にあたる会議のことです。約6週間に1回開催され、1年間で計8回開催されます。2日間の日程で開催され、日本時間の午前3時(冬時間は午後4時)にその内容が発表されます。

FOMC政策金利発表を見るときは、金利の結果に注目しましょう。FOMCで金利が上がると、他の通貨を売って米ドルを購入する動きが活発になります。例えば、ドル円は円安ドル高の結果になる傾向があります。反対に金利が下がると、米ドルを売って金利が高い他の通貨を購入する動きが活発になります。

米国四半期GDP

米国四半期GDPとは、国内で生産されたサービスの付加価値を指数で表したものです。米国のGDPは、7割以上が個人消費によって構成されていると言われています。米国四半期GDPは、米国の景気を把握できる指標として、FXではかなり重要視されている指標です。

四半期ごとに速報値と確報値が発表されます。どちらも相場に大きな影響を与える数値なので、必ずチェックしておきましょう。基本的にGDPの結果が予想を下回ると、ドルが売られ他の通貨が買われる傾向にあります。反対に、GDPの結果が予想を上回ると他の通貨が売られ、ドルが買われる傾向にあります。

CPI-米国消費者物価指数

CPI-米国消費者物価指数とは、物価のインフレ動向を示す数値です。消費に関する指数なので、米国の四半期GDPと同様に重要視されています。CPI-米国消費者物価指数を見るときは、インフレ率を確認しましょう。

インフレ率が上昇すると、指定金利の引き上げができるため、インフレの傾向を抑えることができます。つまり、金利が高いほどその国の通貨は価値が上昇しやすいということです。逆に金利が低いと、対象国の通貨の価値は下降していきやすいので注意しましょう。なお、インフレの圧力をより正確に把握したい人は、「生産者物価指数」もあわせて確認してください。

ISM製造業景況指数

ISM製造業景況指数とは、各業界がこの先の景気をどのように考えているかを表す数値です。先行数値とも呼ばれているので、今後の値動きを予想する場合に役立ちます。近年、ISM製造業景況指数の数値が著しく低下し、株も為替も売り込まれることが多くなっています。そのため、投資家の中では注目度が高まっている経済指標です。

ISM製造業景況指数を見るときは、予想と結果の指数を確認しましょう。指数が予想を上回れば楽観的な見方が広がり、ドルが買われる傾向にあります。一方で指数が予想を下回れば悲観的な見方が広がり、ドルが売られる傾向にあります。

まとめ

海外FXの経済指標発表時は稼ぎ時です。相場が大きく動くため、その時間帯だけで数万円〜数十万円の利益を狙えます。取引ロット数やレバレッジを高くすれば、数百万円の利益も夢ではありません。

しかし、経済指標発表時の取引は非常にリスクが高く、FX初心者にはおすすめできません。FX初心者には、経済指標発表後の相場の流れを活かして取引することを推奨します。なお、経済指標発表後も通常の相場に比べればリスクが高い状態です。取引ロット数をいつもの半分にしたり大きな利益は狙わないよう意識したりと、必ずリスク管理は行ってください。