Trader FAQ

海外FXのフィボナッチとは?使い方や種類、上手く使うコツを紹介します

フィボナッチ数列はご存じでしょうか。これは最も美しいと言われる黄金比と深く関係する数字です。黄金比は様々なシーンで使われているのですが、実はFXでも活用していくことができます。

そこで今回は、FXでフィボナッチを活用していく方法を具体的に説明していきます。基礎編から実践編まで幅広く網羅しましたので、FXで利益を得ていきたい方はこの記事を参考にしてフィボナッチを取得していきましょう。

押さえておきたいフィボナッチの基礎知識

ここでは、押さえておきたいフィボナッチの基礎知識を具体的に説明していきます。

フィボナッチとは

フィボナッチとは、イタリアの数学者の名前から由来しており、フィボナッチ数とは、以下のような数列のことです。
1、1、2、3、5、8、13、21、34、55
フィボナッチによると、これらの数字の比率は黄金比と言われる「11.618」に近づいていくそうです。

海外FXならIS6FX

フィボナッチとFXの関係性

実は、フィボナッチの黄金比はFX相場にも出てきます。FXでは、以下の数字が使われます。

・23.6%
・38.2%
・61.8%
・76.4%
・161.8%
・261.8%

具体的な説明は後述するので、ここでは上記の数字を覚えてください。フィボナッチをマスターするとトレンドの転換ポイントやチャートの動きが止まるポイントなどを予測できるようになります。

FX初心者におすすめのフィボナッチと使い方

ここでは、海外FX初心者におすすめしたいフィボナッチとその使い方を解説します。

「フィボナッチ・リトレースメント」を使ってエントリーしていく

FX初心者は、フィボナッチ・リトレースメントを使ってエントリーしていきましょう。フィボナッチ・リトレースメントは、直近の高値と安値を1本の線で結び、その間にライン(先ほど紹介した6つの数字)を示してくれるテクニカル指標です。フィボナッチ・リトレースメントを使ってエントリーポイントを探る手順は以下の通りです。

1.トレンドの強さを把握する
2.チャートの押し目・戻り目を探す。
(押し目・戻り目は23.6%、38.2%、61.8%、76.4%、161.8%、261.8%のどこかで作られる)
3.過去の相場をチェック
4.過去のチャートからどのラインで反発しているのか分析する
5.最も多く反発しているラインを見つける
6.そのラインにチャートが近づいたらエントリー

エントリー候補は6つと少し多いので、過去のチャートからどのラインが最も機能しているのか分析しましょう。

「フィボナッチ・エクスパンション」を使って決済していく

フィボナッチ・リトレースメントを使ってエントリーした場合、次はフィボナッチ・エクスパンションを使って決済ポイントを探していきましょう。フィボナッチ・エクスパンションとは、トレンド発生後、どのあたりで調整が入るのかを示してくれるテクニカル指標です。

フィボナッチ・エクスパンションでは、61.8%、100.0%、161.8%この3つの数字を使っていきます。相場の強さや状況などによっても異なりますが、基本的にはこの3つのラインから決済ポイントを探していくことになります。

他にもあるフィボナッチ系テクニカルの種類

ここでは、フィボナッチ系テクニカルの種類を具体的に説明していきます。

フィボナッチ・タイムゾーン

1つ目は、「フィボナッチ・タイムゾーン」です。フィボナッチ・タイムゾーンは、フィボナッチ数を使って時間を分析していくテクニカル指標です。相場の上昇・下降の周期が、フィボナッチ数列に関係するという考えのもと、相場の転換ポイントを探していきます。時間軸で相場の転換点を探したい場合は、このフィボナッチを使っていきましょう。

フィボナッチ・ファン

2つ目は、「フィボナッチ・ファン」です。フィボナッチ・ファンは、フィボナッチ比率を使って相場の勢いを分析していくテクニカル指標です。38.2%、50.0%、61.8%この3つの数字を使ってトレンドの強さを判断していきます。

フィボナッチ・ファンが示すラインはレジスタンスライン・サポートラインとしても機能するので、押し目や戻り目のタイミングを把握したい場合にも使えます。

フィボナッチ・アーク

3つ目は、「フィボナッチ・アーク」です。フィボナッチ・アークは、フィボナッチ数を使って値幅と時間を分析していくテクニカル指標です。サポートラインやレジスタンスラインの目安も教えてくれるテクニカル指標なので、フィボナッチ・アークひとつで様々な情報を得られます。しかし、少し複雑なテクニカル指標なのでFXに慣れてきたら使ってみましょう。

FX取引でフィボナッチを上手く使うコツ

ここでは、FX取引でフィボナッチを上手く使うコツを具体的に説明していきます。

長い時間足を使う

1つ目のコツは、「長い時間足を使う」ことです。チャートは長い時間足の方が素直に動きます。なぜなら、ダマシやノイズが少ないからです。チャートが素直に動きやすいということは、フィボナッチも機能しやすいということです。そのため、長めのデイトレードやスイングトレードを行う方はフィボナッチを積極的に使っていきましょう。

複数のテクニカル指標と組み合わせる

2つ目のコツは、「複数のテクニカル指標と組み合わせて使う」ことです。フィボナッチは万能なテクニカル指標ではありません。そして、相場はフィボナッチ通りに動くことはありません。そのため、勝率を高めたいのであれば複数のテクニカル指標を使って根拠を強くしていく必要があります。

海外FXならIS6FX

23.6%と38.2%に注目する

3つ目のコツは、「23.6%と38.2%に注目する」ことです。強いトレンドが発生している場合は、フィボナッチライン23.6%と38.2%が押し目になる傾向があります。これらの数値付近で押し目を作ってからさらに伸びていく場合が多いので、23.6%と38.2%を狙って順張りしてみましょう。

逆張りは50%を参考にする

4つ目のコツは、「逆張りをする場合、50%を参考にする」ことです。チャートは下降トレンドから50%の半値まで反転するとその反発は終了する傾向があります。これは以下のようなトレーダー心理が働いているからです。

・半値まで動いたため、もう一度下落していくのではないか

下降トレンドが続いている途中なので「トレンドが転換した」と考えるよりも「一旦、調整に入ってさらに下降していくのではないだろうか」と考えるのが自然です。そのため、逆張りをしていく場合は23.6%以下でエントリーし、50%付近で決済していくと良いでしょう。

指標発表時は1分足を参考にする

5つ目のコツは、「指標発表時は1分足を参考にする」ことです。フィボナッチは長時間足と相性が良いと説明しましたが、指標発表時は例外です。指標発表時は短期間でチャートが激しく動くので、1分足や5分足などの短時間足に注目が集まります。そのため、指標発表時は短時間足のフィボナッチが通常よりも機能しやすくなります。

サポートラインとレジスタンスラインとしても活用する

6つ目のコツは、「サポートラインとレジスタンスラインとして活用する」ことです。軽く触れましたが、フィボナッチはサポートラインやレジスタンスラインにもなります。これらのラインになっているポイントを見つけられれば、後はそこで売買していくだけです。

ラインとの交差部分に注目する

7つ目のコツは、「ラインとの交差部分に注目する」ことです。フィボナッチとラインが交差する部分は強い抵抗線・支持線として多くのトレーダーに注目されています。例えば、50%のフィボナッチとラインが交差していると仮定しましょう。

その場合、そのポイントをチャートがブレイクすると相場が大きく動く傾向があります。大きな利益を得られるチャンスでもあるので、交差する部分は注目しておきましょう。

フィボナッチの利益確定・損切りは「1:1」で考えよう

基本的にフィボナッチの利益確定・損切りは「1:1」で考えるようにしましょう。例えば、30pipsで利益確定するのであれば、損切りも30pipsで設定します。フィボナッチに慣れてきたら、ラインを参考にして利益確定・損切りポイントを決めても構いません。

相場の状況を見てフィボナッチも柔軟に対応させていく

FXでは、相場の状況を見てフィボナッチも柔軟に対応させていくことが重要です。ここでは、どのように対応させていけば良いのか具体的に説明していきます。

トレンド相場の場合は「前回の高値と安値」をチェック

トレンド相場の場合は、「前回の高値と安値」をチェックしましょう。上昇トレンドの場合は高値を起点に安値へ、下降トレンドの場合は安値を規定に高値へフィボナッチラインを引きましょう。このようにして、押し目や戻り目を探っていきます。

レンジ相場の場合は「使わない」という選択をする

レンジ相場の場合は、「使わない」という選択肢も有効です。フィボナッチはトレンド相場と相性が良いテクニカル指標なので、レンジ相場で無理に使おうとすると勝率が悪くなります。

それであれば、いっそのこと「フィボナッチを使わない」という選択を取った方が良いでしょう。レンジ相場は見送って、トレンド相場が来たら勝負を仕掛けていくことをおすすめします。

フィボナッチを使ってFX取引の勝率を上げていこう

今回は、フィボナッチについて具体的に説明してきました。FXでフィボナッチを活用する場合は

・23.6%
・38.2%
・61.8%
・76.4%
・161.8%
・261.8%

これらの数字を使っていきます。フィボナッチを使えば具体的なエントリーポイントや決済ポイントが分かるようになるので、ぜひ活用してみてください。しかし、どの場面でもフィボナッチが使えるとは限りません。常に相場を読みながら、フィボナッチが機能するか分析していきましょう。