Trader FAQ

海外FXのインジケーターとは?初心者におすすめのインジケーター9選!

海外FX取引をしていく上で「インジケーター」という言葉を耳にした方も多いかと思います。インジケーターは、FX取引のチャートに売買の指標を表示して分析することができる非常に重要なサポートツールです。

今回は、インジケーターの種類やその特徴などについて具体的に解説してきます。海外FX初心者が取り入れるべきインジケーターを紹介していきますので、これから導入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

FXのインジケーターは2種類

FXのインジケーターは、大きく2種類に分けられます。

オシレーター系

1つ目は、「オシレーター系」です。オシレーター系のインジケーターは、通貨ペアの売買比率の把握に役立ちます。簡単に説明すると、その通貨ペアは現時点で「買われ過ぎているのか、売られ過ぎているのか」が分かります。オシレーター系は「レンジ相場と相性が良い」インジケーターです。

トレンド系

2つ目は、「トレンド系」です。トレンド系のインジケーターは、相場の方向性の把握に役立ちます。簡単に説明すると、現在の相場は「上昇トレンドなのか、下降トレンドなのか」が分かります。トレンド系は「トレンド相場と相性が良い」インジケーターです。

FXのインジケーターは組み合わせて使うのが基本

FXのインジケーターには「オシレーター系」と「トレンド系」があると紹介しましたが、基本的には別々に使うのではなく、組み合わせて使うのが基本です。なぜなら、各インジケーターの弱点をお互いに補完し合えるからです。海外FXで取引の勝率を上げたいと考えているのであれば、組み合わせて使うことをおすすめします。

海外FXならIS6FX

海外FX初心者におすすめのインジケーター9選

インジケーターには、様々な種類があります。そのため、ここでは海外FX初心者におすすめのインジケーターを紹介していきます。

移動平均線

1つ目は、「移動平均線」です。移動平均線は、トレンド系インジケーターの代表と言われるほどメジャーなインジケーターです。しかし、移動平均線と言っても様々な種類があります。

海外FX初心者なら、長期移動平均線と短期移動平均線を組み合わせたものが良いかもしれません。このインジケーターは、移動平均線が上向きなら上昇トレンド、横ばいならレンジ相場、下向きなら下降トレンドという見方ができます。

一目均衡表

2つ目は、「一目均衡表」です。一目均衡表は、順張りでも逆張りでも使えるインジケーターなので、非常に多くの投資家が活用しており、「日本が生んだ世界的なインジケーター」とっも言われているようです。一目均衡表は、以下の3つの線と1つの雲で構成されています。

・転換線
・基準線
・遅行線
・雲

ローソク足が基準線を上抜けて基準線も上向きになれば「上昇トレンド」、反対にローソク足が基準線を下抜けて基準線も下向きになれば「下降トレンド」という見方をします。ローソク足が雲の中にある場合は「弱いトレンド」もしくは「レンジ相場」と見るのが一般的です。

ボリンジャーバンド

3つ目は、「ボリンジャーバンド」です。ボリンジャーバンドは、移動平均線と6つの線で構成されているインジケーターです。移動平均線に近い線から1σ、2σ、3σと言い、3σに近づけば近づくほど、通貨の「買われ過ぎ、売られ過ぎ」を意味します。

99.7%の確率でチャートは3σの範囲に収まるとも言われていおり、3σのラインをチャートが飛び抜けた場合は高確率で反転してきます。そのため、「+3σを超えたら売り、-3σを超えたら買い」といった売買シグナルとして使うことも可能です。

RSI

4つ目は、「RSI」です。RSIは、通貨の売買比率を把握したいときに活用する指標です。RSIの数値50を基準として、チャートが70付近を推移したら買われ過ぎ、30付近を推移したら売られ過ぎを意味します。

チャートが70を上回ると相場は下降する傾向があり、30を下回ると上昇する傾向があるため、「逆張りをメインに取引するトレーダー」に好まれるインジケーターです。

DMI

5つ目は、「DMI」です。DMIは、オシレーター系のインジケーターですが、トレンドの強弱を把握することができます。トレンドの強弱は「ADX」という線の方を参考にし、ADXが上昇していれば「トレンドの発生」を、下降していれば調整中・レンジ相場を意味します。

MACD

6つ目は、「MACD」です。MACDは世界中の投資家に利用されているオシレーター系インジケーターです。ゼロラインを中心にMACDが上にあれば上昇トレンド、下にあれば下降トレンドと判断します。単体で使うとダマシに引っかかりやすくなるため、ボリンジャーバンドと併用して使うことをおすすめします。

海外FXならIS6FX

ストキャスティクス

7つ目は、「ストキャスティクス」です。ストキャスティクスは、「%K・%D・Slow%D」という3つの線で構成されており、売買比率を把握するために使うインジケーターです。

RSIと似たようなインジケーターですが、こちらはトレンドが発生するタイミングを見極めたいときに使います。そのため、すでにトレンドが発生している相場では機能しないことが多いので注意しましょう。

RCI

8つ目は、「RCI」です。RCIとは、「時間と価格」それぞれに順位を付けて、それらの相関関係を指標化したインジケーターです。-100~+100を範囲として、+100に近づけば高値圏、-100に近づけば安値圏という見方をします。

相関関係を短期で見たい場合は9日や26日、長期で見たい場合は13週や26週の期間を設定します。設定期間を長くすればするほど滑らかになりますが、その分、RCIの動きが価格から遅れてしまうので注意しましょう。

Pivot

9つ目は、「Pivot」です。Pivotとは、前日の値動きから翌日の値動きを予測するインジケーターです。これまで紹介してきたインジケーターとは異なり、計算式と数値が固定されていません。そのため、恣意性がなく必然性が高くなるという特徴があります。

海外FX初心者におすすめしたいインジケーターの組み合わせ

海外FX初心者におすすめのインジケーターの組み合わせを一つあげます。それは、「移動平均線×RSI」の組み合わせです。この組み合わせの使い方は、まず移動平均線でゴールデンクロスとデッドクロスを探します。ゴールデンクロスとは短期移動平均線が長期移動平均線を下から上に突き抜けることで、デッドクロスとはその逆の意味合いあります。

この場合、ゴールデンクロスは買いサイン、デッドクロスは売りサインになります。例えば、「買いでエントリーした」と仮定した場合なら、次はRSIの数値を確認しましょう。数値が70に近づいたら利益確定、30に近づいたら損切りです。売りエントリーした場合はこの逆を行うといった流れになります。

インジケーターの注意点

インジケーターの注意点について解説します。

インジケーターの情報が全て正しいわけではない

インジケーターの情報は、全て正しいわけではありません。投資すべてに共通することですが、100%というのは存在しません。例えば、RSIの数値が70付近を推移すると高確率でチャートが反転するのですが、100%反転するわけではありません。

そのまま、反転せずに上昇し続ける場合もあります。そのため、インジケーターの情報に沿って資金をフルベットするようなやり方はリスクが高いため、海外FX初心者ならおすすめしません。

海外FX初心者はインジケーターの数を少なくする

海外FX初心者のうちは、使用するインジケーターを多くし過ぎないように注意しましょう。稀に「かっこいいから」という理由で多くのインジケーターを表示させる海外FX初心者トレーダーがいるようですが、そうなると高い確率で損失につながってしまいます。

なぜなら、情報が多すぎて何を参考にすれば良いか分からなくなってしまうからです。海外FX上級者であれば、用途に合わせて様々なインジケーターを表示させても使いこなしますが、海外FX初心者のうちは少なくすることをおすすめします。具体的には、トレンド系1つ、オシレーター系1つの合計2つから始めてみてはいかがでしょうか。

インジケーターを活用するならMT4を使おう!3つのメリットとは

海外FX取引でインジケーターを活用するのであれば、MT4がおすすめです。ここでは、MT4を使う3つのメリットを具体的に説明していきます。

どのパソコンでも使える

1つ目は、「どのパソコンでも使える」ことです。MacOSやWindowsOSはもちろん、高スペックのパソコンでも低スペックのパソコンでもMT4は使えます。なぜなら、MT4は様々なパソコンで使えるように設計されているからです。iOSやAndoroidのスマホやタブレットでも使えるので、パソコンを持っていなくても問題ありません。

海外FXならIS6FX

インジケーターが豊富

2つ目は、「インジケーターが豊富」なことです。MT4は標準装備として複数のインジケーターが導入されています。今回紹介したインジケーターもMT4であれば全て搭載されているので、設定画面から表示させたいものを表示させるだけで使用できます。

他のツールを使うとインジケーターをダウンロードしなければいけない場合があるため、特にこだわりがなければMT4をおすすめします。

カスタマイズ機能が豊富

3つ目は、「カスタマイズ機能が豊富」なことです。搭載されているインジケーターをそのまま使っても問題ないのですが、MT4であれば自分のトレードスタイルに合わせてインジケーターをカスタマイズすることができます。

また、MT4は日々新しいインジケーターを開発しているため、今後も使えるものが増えていきます。そのため、テクニカル分析をメインに海外FX取引をしていくのであれば、MT4は必須ツールと言えるでしょう。

簡単操作だから海外FX初心者でも今すぐ始められる!お客様のご利用環境に合わせて選べるIS6FXのMetaTrader4!
>IS6FX MT4のダウンロードはこちら

海外FX初心者はまずインジケーターに慣れよう!

今回は、インジケーターの種類やその特徴などを解説しました。インジケーターはトレンド系とオシレーター系の2種類に分けられます。これらは単体で使うのではなく、トレンド系×オシレーター系と組み合わせて使うのが一般的です。

どのインジケーターから使えばいいか迷われた場合は、移動平均線とRSIを使ってみてください。ゴールデンクロスで買いエントリー、デッドクロスで売りエントリーし、RSIの数値30・70付近で決済するだけなので、非常に簡単です。様々なインジケーターを一気に使うと何を参考にすれば良いのか分からなくなるかと思いますので、海外FX初心者はまず表示させるインジケーターを少なくして慣れていくことをおすすめします。